本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

マインドマップ(R)インストラクター: 2008年5月アーカイブ

matsukatsu(まつかつ)です。

今日(正確には昨日)はマインドマップ基礎講座。
とっても楽しい時間をすごしました。

受講生からの感想は明日あたりアップしますが、
みなとっても満足してくれたよう。

僕の講座の特色をいくつか


①好き勝手(笑)


うそです。。。
受講生の場を見て、最適な内容を常に提供するようにしている。
そのときの雰囲気、メンバーのニーズ、場のエネルギー感。。。

s-IMG_8183.jpg

ブザン・ワールドワイド・ジャパン(BWJ)講座の場合、人数が30名程度いますので
この方法はできないんです。



②質問にすべて答える。


たとえば下記ホワイトボード参照。

とにかく質問に答えるのが好きで、
かつ「問題解決」を専門とするものとして、
また、基礎講座では本当に最小限のことしかお伝えできないことを
実感してきた中で、この方法は受講生の方に、とっても好評だ。

僕自身、とにかくマインドマップを自分の思考ツールとして徹底的に活用しているので
ほとんどのことにお答えできる引き出しを持っていると考えている。

だから、疑問・質問を持っている方は是非いらしてください。
ほとんどの皆さん、満足そうに帰っていかれます(笑)。

s-IMG_8184.jpg

③サンプルが豊富

過去の診断士資格試験取得時代のものからファイルに保存して提示してあります。
また、それら「なんちゃってマインドマップ」のへぼさを見て受講生は皆、安心するみたい(笑)。

そして最近の活用事例やA3の大きなマップ、模造紙のもの、も直筆のが見れる。

今のところ、サンプル点数、200くらいかな。

仕事のものなどは見せられないものも多いから。。。

ああ、本当は「実例集」にたくさん公開しないといけないのだけど。。。


④受講者がいい!
いい方ばかりですよぉ、不思議なくらい。
 
⑤気前がいい(笑)。

ブザンワールドワイドジャパン社主催講座になくて、今回あったものは?


ノート、水とお菓子、飲み物、まつかつ手描きのレジュメマインドマップ(&今回特別にお配りしたスペシャルマインドマップ)、質問コーナー。時間延長。
s-IMG_8172.jpg

うーー、眠い。

受講者の声 は明日にとっておいてもう寝ます。

次回は6月1日です。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今日はもう寝ます。。。

さすがに4日連続セミナー(&レセプション)はきつかった。
ブザン氏は本当にあたたかだった。


Party is Over.

今は何も考えず、ただおやすみしようと思います。。。



超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

こういう日(日々)は何を書いていいのか、本当に困惑してしまう。。。

今日は
知的プロフェッシャルのための、特別2日間セミナー マインドマップ仕事術 & 記憶術』というセミナーの二日目でした。


遊園地にはじめて行った子供にとっては、何から何まで楽しく新鮮で、全部を伝えきるなんてきっとできないよね。

たとえは適切ではないけど、そんな感じ。
どんな感じか、もっと具体的に言えば、、、

この遊園地は 少年少女を忘れない大人達のための場所で、
         遊園地を心から愛する人が 僕らをナビゲートしてくれて、
         主催者&スタッフが 身を粉にして準備した機会
         みんなリスクを楽しめる成熟した大人たち

そこに集う人たちは、そりゃあ、みんなきらきらした目をしていて、
希望について、夢について、自分の足で立ち、自分の言葉で語らう
とっても素敵な人たち。


そんなところにいたら気づきの嵐になるのは無理ないよね。
何から、何について、どのくらい話していいのか??

そりゃあ時間あればいくらでも話すよ。

多分今日だけで、どんなに少なく見積もっても10くらいのBLOG記事が書けるくらい。



でもさ、ナイショだけど、今日も遅刻しちゃった ××××
自分でもなぜそうなるか不思議なんだけど、そしたらアルマックの清水さんが
「星回りが、、、、で、、、、だから、影響を受ける人がいる日だよ」などと
なぐさめてくれました。
 で、それに納得するくらい、不思議なくらい遅刻する流れが出ていました。


、、、それはそうとして、今何時だい?

おお、12時40分。

これじゃあ 明日も同じことになるかも?


明日はインストラクター向けの特別研修があり、夕方はトニーブザン氏も囲んでのレセプションもあります。


で、で、今日も書いたマインドマップを貼るだけでお許しください。

それとさあ、この三日間位のBLOG記事のタイトルが僕らしくなかったので、修正しておきました。

もっと気軽にいつもの感じで書かせていただきまーす。

かっこつけたって何したって、会っちゃったら素の自分が見えちゃうんだからね。



■アウトライン
s-IMG_8090.jpg

■TEFCAS
s-IMG_8091.jpg

■記憶術
s-IMG_8092.jpg

■TMIGITW
s-IMG_8093.jpg

説明はしません。完成形でもありません、あしからず。


ああ、忘れないように。。。
5月18日マインドマップ基礎講座は残り3名です。

→ お申し込みページはこちら


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

さっき帰宅したら偶然テレビがついていて、これも偶然中身を覗いたら(小さなテレビだったので)、偶然勝間和代さんが登場していた。
彼女が話しているのを初めて見ました。きっとフォトリーディングのことも話したのかな?

僕はテレビをほとんどみないし、そもそも流行には本当に疎いので、彼女の本も読んでいないし、最近はやりの勉強法の本などもMASAさんのもの以外は全然読んでいません。

でも仕事柄、読む必要があるんだろうなぁ。

いつまで、流行と関わらない取り組み方を続けるのでしょうね、この男。
(結構、ヘンクツ者で、頑固、意地っ張りなので。。。)


さて、今日は
知的プロフェッシャルのための、特別2日間セミナー マインドマップ仕事術 & 記憶術』というセミナーの初日だった。
トニーブザン氏と神田昌典氏による豪華な豪華なセミナー。

で、内容ですが、、、

今回は僕の記事を楽しみにしている仲間たちがたくさんいるのを知っています。
行きたかったけど行けなかった方々。

でも、今日も夜遅くなっちゃったのでごめんなさい、簡単にします。
白状すると、今朝、僕は寝坊しました(苦笑)。

これだけの高額セミナーにも関わらず、45分遅れで到着したのでした。
昨晩寝たのが2時。 おこちゃまの僕は9時まで寝てしまったのでした。
起こさないところも家族愛を感じるでしょ(笑)。
目覚ましをかけないオレもおばかだし。


で、で、、、

なに書こうかなあ。
セミナーの内容を書くわけには行かないだろうし、僕の文才ではとてもあの場の臨場感は伝えられるものでもない。

そうだなぁ、やっぱりブザン氏はすごかった。
 詩 だよ! やっぱり頭の中で起きてしまうと納得しないわけにはいかない。
今日のテーマは「クリエイティビティ」 と「エネルギー」「VISIONのマインドマップ」他

神田さんの切り口もさすがだと思った。
ブザン氏の講演の価値を著しくあげるものでした。

そして、受講者の方々との交流もとてもよい!
さすがにアンテナ感度が高い方たちの集まりです。


また、1年半前のブザン氏のインストラクター研修を思い出した。
このセミナーはインストラクター養成研修かと、一瞬錯覚しただよ。
基本的な彼の『型』はわかった。

でも、いろいろ仲間と議論したんだけど、『型』をどうのこうの、ではないんですよ、ブザン氏の場合。

完全に「彼が彼自身である」ということがすごいのであって、
そうすると僕らも「僕ら自身であること」があり方として問われるのでしょう。

そう、それは奇しくもフォトリーディングインストラクター研修で、マスタートレーナーのリネットさんが言っていた事とまったく同じなんだよね。



またまた、マインドマップを写真化することで手抜きします。
僕もBLOGだけで生きているわけはないのでお許しを。

と思ったら、デジカメの写真をパソコンが認識してくれません。

明日の公開ということでお許しを。


そして、またこの日曜も家にいない父ちゃんでした。


あっそうそう、5月18日のマインドマップ基礎講座には
特別ゲストとして、すばらしいエンターテイナーが参加されるかもしれません。
そして、僕がお伝えするエネルギーもブザン氏に会った直後なので、かなり力強くなっているのは間違いありません。
→ お申し込みページはこちらです。


***追記***
明日(というよりあさって)です。
お約束のマインドマップを載せますね。

■神田さんお話アウトライン
s-IMG_8064.jpg

■クリエイティビティ
s-IMG_8065.jpg

■エナジー
s-IMG_8066.jpg

■VISIONのマインドマップ用メモ
s-IMG_8067.jpg

■VISION作成のための現状検証マインドマップ
s-IMG_8068.jpg

■事前準備、目標設定のマインドマップ
 実は一番大事で、かつこれがあったから一日の価値が相当高まった、という速射法によるマインドマップです。
s-IMG_8069.jpg

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

さっきの投稿では、実は一駅乗り過ごしてTAXI帰宅となってしまいました。
夢中になって書いていたので、乗り過ごしにまったく気づきませんでした。
(「ヒトに悪さしたバツだよ」 と美由希さんから言われそう。(笑))


さて、さっきの投稿ではいろいろ書きたいと書いたのだけど、
明日もあるので、時間は取れない。

そういう時は、、、、


そう、今回は教育カンファレンスの講義録(?)マインドマップをドアップでそのまま公開してみようと思う。(クリックすると拡大されます。いつもはしてないよ!)


IMG_8056.JPG

これ、注釈がいっぱい必要。

まず、僕のメモであること。
インストラクターとして、1年半前に聞いている話なので、全部を書いたわけではない。
僕の興味と新たな発見を中心に書いている。

そして、暗闇で、机さえもない状態で描いていること。

さらに、僕がよく使う色鉛筆を持参できなかったこと

すべてひっくるめて、講座終了時のそのままの状態であること。
 なので、セントラルイメージも全部描けていないし、いろいろ不十分あります。

などです。


そういった注釈は僕の言い訳「もっとちゃんとした環境だったら、もっといいマインドマップを描くよ!」というのはおいて置いて、マインドマップインストラクターがどんな風にマインドマップを描いたかの一例としてみていただければと思います。

後ほど、可能であれば少し手直ししたものを公開しますので、見比べていただくと、いろいろ気づくところがあると思います。


ちなみに、講義終了時に横にいた方たちには、
何をポイントにしてどう描いて、何に気づいて、、、、などと
とうとうとお話したのですが、文章にすると大変な量になりますので、割愛、です。
きっと動画で僕が説明するのがいいんだろうな。


ああ、5月18日のマインドマップ基礎講座は残り4名さまとなりました。
また、6月1日にも講座をやらせていただきます。
いずれもお申し込みはお早めに!

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

さあ、こんな日は何から何まで、そしてどのくらいの時間をかけてかくべきか?

まあ、すんごいディープな時間が流れたわなぁ。


・夢(交通事故と昔の職場の人の話:かなり印象的)
・朝風呂
・朝食
・子供の授業参観
教育カンファレンス
   ・ブザン氏のプレゼ
   ・パネルディスカッションの3名
   ・そのとき僕が書いたマインドマップ
   ・再会した受講者の皆様
   ・「BLOG読んでます」と声をかけてくれた方々
   ・インストラクターとの再会(?)
・ブザン教育協会主催の会合
   ・ブザン氏神田氏現る!
   ・インストラクター、フェローたちとの会話。
仕事に役立つマインドマップ』 翻訳者 近田美季子さんとの会話
・マインドマップインストラクター2006年度生による飲み会、計11名。
   ・ディープな話
   。昔に戻った。
・帰りの電車内、、 、そう、今です。


それぞれについていろんなことを書けるので、本当にと惑う。

今回のトニーブザン氏来日に関する情報はたっくさん書くのも僕の役割だと思うので、
その辺を中心に書くべきだろう。


そう、そもそも今は電車内で座ってパソコンをやっている。
わざわざ始発駅まで戻り、今書いているのは、そうしないと多分夜中まで
書き続けてしまうと思うから。

明日もブザン氏のセミナーがあるので、早く寝なくては。



子供たちの授業参観も書きたいことがいっぱいなんだけど、今はおいておこう。

ブザン氏のすごさは教育カンファレンスでももちろん感じましたが、
実はもっと強く感じたのは、その後の、ブザン教育協会主催の会合時に
飛び入り参加で登場したブザン氏のお話でした。

「メンタルリテラシー」。この言葉の深さが少しずつわかってくる。
そして僕らの目指すところ、役割、覚悟、事の大きさ。

数年後、僕らはどこにいて、何を目指し、どんな地位で、どんなことをやっているだろうか?


ここはうそがない世界だと思った。
そう、それは教育カンファレンス内にやった「マインドマップコンテスト」でも
強く感じた。


また、今回も例のごとく、独り言のオンパレードで、皆さんに具体的なことは何一つ伝えらていないのは知っている。


でも、最初の投稿はこれでおしまい。

あとは帰宅してから、何を書こうかな???






超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今日(昨晩)書きたいことの二件目です。
horiさんとのお話
・ブザン氏の新刊『仕事に役立つマインドマップ』 ←今回はこちらです。




s-IMG_8022.jpg

ブザン氏の新刊をいち早く手に取る機会に恵まれました。
まだ発売されていない現在、翻訳者含めわずか20冊程度しか巷に出回っている本はありません。

そのうちの一冊を今回の翻訳者、近田美紀子美季子さんのご好意でいただくことができました。
→ 関連投稿 「トニーブザン氏の最新刊、もうじき発売(


彼女からのメッセージも入っていて、本当にありがたく頂戴いたしました。

s-IMG_8023.jpg


翻訳って本当に大変なんだと思う。
そして、こうやって届けあっていく仲間というのもすばらしい関係。
僕は彼女からいただいたこの本の内容を、自分で実践すること、他の方に伝えることを通して彼女のご好意に応えていきたい、とも思う。



内容ですが、、、


非常に深いです。

これだけの内容を一冊の本にまとめてしまうのは普通考えられません。
そして、随所にたくさんのマインドマップを活用してうまくいった事例が載っています。その数、ざっと40くらい、かな。


『ザ・マインドマップ』でもそうでしたが、あまりにもあっさり書いてある文章の奥にある秘密を、、、
僕らインストラクターは解析(あるいは解明)し、多くの方に伝えていきたいと思います。

5月11,12日のブザン氏のセミナー(驚きの31万5千円!)も、もちろん参加してきますので、それと合わせて、5月18日実施の基礎講座を皮切りにみなさんにお伝えしていきます。


しかし、この本、
もし僕がインストラクターになっていなければ、絶対に素通り、あるいは軽く読み飛ばして終わりにしてしまう本。

それだけ、ぱっとみでインパクトがあるわけではない本。
でも、この短い記述にどれだけの重みがあるか、彼とお会いしてから約1年半でイヤというほど感じさせられてきた。

本家の、そして、人生をマインドマップ(およびメンタルリテラシー)に注いだ人ならではのメッセージを紐解いていこうと思う。

今回の本では章ごとの説明とあわせたマインドマップのサンプルが掲載されているので、文章とマインドマップを見比べながら読むと、具体的な理解が得られる。

また、翻訳の近田さんが相当ご苦労された結果であろう、とっても自然に読むことができます。
そして、短い文章であればあるほど翻訳は難しいと思うのですが(ごめんなさい、素人の感覚です)、そういう文章だからこそ、ブザン氏の海外でのセミナーにも精力的に参加して、むかーしからブザン氏の著作を読み続けている彼女だからこその深みがある文章になっているんだと思う。

「思う」と書いたのは、短時間ではやはり凄みを全部理解することはできないから。

ああ、それから帯にあるマインドマップも近田さん作。
僕らマインドマップインストラクターは、誰が書いたか結構すぐわかるよね(笑)。
みんなの特徴がだいたいわかっている。

そして、そんなインストラクター仲間で高めあっているので
僕らマインドマップインストラクターは「いつもエネルギッシュで楽しそうだね」と言われることが多い。



そう、それと、監修者である神田昌典さんによる解説もすばらしい。
「10年間に1冊の本しか読んではならないとしたら・・・?」

この本を選ぶという。
それは良質な【思考のフレームワーク】が満載だからだという。


内容にふれてないようって?


タイトルを見たでしょ? まだ -1 なんですって。

これからどんどん触れていくから。

ただ、紹介されている記事の一部は書いておきます。
「記憶力」「交渉術」「ストレス」「チームワーク」「職場でのアドバイス」「事業計画書」「履歴書作成」「時間管理」「求職活動」「マインドマップ面接術」「ブランディング」「いじめの克服」「プレゼンテーション」「ワークライフバランス」、、、

広すぎ(笑)。
でも全部マインドマップの範疇。

すべての考える作業はマインドマップというOSでできることだから。
なので、家庭、仕事、自分の全シーンで活用可能。

ということを率先して実践していくのも僕(ら)の役割だと考えている。








超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

いよいよトニーブザン氏の最新刊がもうじき発売されます。

翻訳したのは近田 美季子さん。
我らがマインドマップインストラクターで恐らく一番トニーブザン氏を知っている方です。
僕らは彼女からブザン氏の本当の考え方を学ぶことが多いです。
そんな彼女の翻訳だということもあり、とても楽しみに待っていた本です。



当然、ワタシも早速予約をしました。

そして、ブザン氏が来日するまでもう少しです。
2006年11月以来、久々にお会いできます。とても楽しみです!!


今日は自宅オフィスの片付けと再構築。
二つのオフィスがともに快適な環境になってきた今、どちらで何をするか、大変悩ましいところです。


松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ情報」ページ、今日も一箇所追加しました。

5月18日のマインドマップ基礎講座もあと6名となりました。




超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口