本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

マインドマップ(R)インストラクター: 2007年12月アーカイブ

matsukatsu(まつかつ)です。

なぜかムクムクと気持ちがわいてきた。


今年25回以上マインドマップ講座の類をやってきた中で、
いくつものターニングポイントがあった。

僕は講師業というのをやったことがなかったので、
なんにも知らない中でやってきた。

もしかしたら、講師=先生 だとすると、自分のイメージを下げてしまうような内容だったり、失敗談だったりは書かないのが普通かもしれない。

でも、僕の場合、常にベストを尽くしているという大前提のもと、皆に伝えられるもの≒自分の成長、学び と考えているので、
失敗談とかも書いてしまいます。


・・・ああ、こういったことや日々書き連ねているBLOGの他記事も読んでいただいて、「こんな奴に教わりたくないなあ」と思われる方は、是非、他にもいるステキなインストラクターに教わってください(笑)。
マインドマップインストラクターは、みなすごいヒトばかりだから、お世辞ではなくて。

それと、僕のマインドマップ基礎講座を受けてもいいなあというヒトは、是非、私主催の講座に来て、懇親会まで参加してください。
ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社主催のものは人数が35名と多いため、多くの仲間と知り合えるすばらしさはありますが、懇親会も含め、講師と直接接する時間が少なくなってしまいますので。。。


6時間の講座内だけでは僕自身、どうしても必要最低限のことをお伝えすることとなってしまう(それでも相当有益な情報がお伝えできていますよ!)。
懇親会まででたくさんお話をすることで、個々に応じたマインドマップの具体的な活用方法(の基本)が伝えきれるし、僕がマインドマップを伝えている背景や思想や(そんな大げさなものは持ってないか(笑))などなどが相互的な関係性の中でお話できると思うから。



さて、僕の2007年のマインドマップ講座、あるいは講師としての振り返りですが、主な思いつくものをまずは記します。

==================================
・最初の講座

★3月のマインドマップ基礎講座
 多数の切れ者コンサルタントを前に、今まで感じたことがない冷や汗と、後半は体験したことがない領域へ!

・最初のオープン講座
 (ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社主催のもの)


・子供たちへのマインドマップ体験講座
 子供にとっては自分が書いたものが一番!

★最初のフォローアップ講座
 自分の弱点が明確に。
 終了後、とことんへこみました。

・桑沢デザイン研究所での学生たちへのマインドマップ講義
 内山シニアインストラクターの指導で目からうろこ

★二回目のオープン講座
 復活!
 完全に受講生と一体化して、心からみんなが楽しめる講座に。

★年末最後のマインドマップ基礎講座
 超少人数での贅沢な講座(結果的に(笑))。
 懇親会までお話しすることで、僕が考える「マインドマップの基礎」が伝えられることの実感、受講生同士の強いつながり、学びの場の醸成。
==================================


書き出したら、毎回おっそろしいほどの体験をしているのだから、全部になってしまうことがわかったので、

上記のピックアップした中で、さらに★がついている4つが、特に大きな学びとなったということで、後で書けたら書いてみたいと思います。

「後で」ってところがポイントで、もしかしたら書かないかもしれません、ごめんなさい。書きなぐりで。


あとはマインドマップインストラクター二期生の方へのメッセージになっているのかもしれない、この投稿。

二期生は僕よりすごいヒトばかりだと思っている。
僕が彼らにお伝えできるのは、自分の経験を通してだけだと思うのですが、マインドマップを伝えることはテクニックではないと思っています。

僕が、通産、50回以上は自分や他人の講座を体験してきたなかで、感じたのは、本当に「あり方」それも「メンタルリテラシーを体現化している人」としての「あり方」が問われているということ。
そうでなくては受講者に、僕らが本来手渡したい内容は伝わらないと思うにいたっている。



たまたまではあるかもしれないけど、僕は必要なときは先頭を突っ走って、その軌跡を残しておきたいと思っているらしい(かもしれない)。

中小企業大学校養成課程も一期生だった。
そのときの記録は本BLOGにもそのまま残してある。


もっといえば、matsukatsu的な生き方も、このBLOGに残しておくことで、後で何かを振り返って気づいて、、、、と出来ればいいな、っと。




早くフォトリーディングインストラクターの準備をしなさいって?
ああ、いつもそう。
それを僕は「押し出し法」と呼んでいる。
一番大事なことが切羽詰っているときに、それ以外のことがはかどるでしょ?

こんなことやってるからいけないんだよねえ(苦笑)。


2008年1月以降のマインドマップ基礎講座の案内もしています。
少人数制なので非常に充実してお得です。
→ 松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ情報
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

ケータイからまつかつです。

先ほどマインドマップ基礎講座後の懇親会を終えました。

今一人で帰宅中。

いっやああああ、面白かった!

講座の内容はどんどんブラッシュアップされてきたので、
受講生のマインドマップも本当にみんなきれい!

それもそうだけど、(←いや、それが大事だって?)
講座後の懇親会が濃いい濃いい。

今回は診断士密度が高くて、MJさん、Oさん、それから
ご夫婦で合格された俊さん夫妻も懇親会途中から参加。

Kさんも以前診断士の勉強をされていた方。

センス良い建築士のTさん、それにユニークな学習塾をやっているS先生。
それに長野から同じくマインドマップインストラクターの城村さんにも来てもらっていたので、かなりの濃いメンバー(笑)。


マインドマップは当然だけど、フォトリーディングもそうだけど、ジーニアスコードでこれだけ盛り上がるメンバーって、どうよ???


書いていけばずーっと書き続けていられそうだけど、
今はもう眠いので、いったん中断します。

すっげー眠い。スタミナ切れ。


あああ、でも、結局6時間では伝えきれない内容を
懇親会で話すことが出来るので、自分主催の講座は好きです。

・・・今はもう放心状態。

PS kurogenokuさん、ご報告です。
   みなさん、気づきを得てくれたと思います。



2008年1月以降のマインドマップ基礎講座の案内もしています。
→ 松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ情報
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

雑誌に初掲載!

| | コメント(9) | トラックバック(0)
matsukatsu(まつかつ)です。

私(の記事)が雑誌に掲載されました。

月間アスキー2008年2月号の特別付録、

「仕事が100倍楽しくなるマインドマップィ超思考術」という32ページの小冊子の中ほどにあります。

月間ASCII 2008年2月号

「達人のマインドマップ拝見」というコーナーで、6人のトニーブザン公認マインドマップインストラクター達のマインドマップが紹介されています。

達人たちのマインドマップ

その中のひとつです。
僕のだけ、自分自身の内容なので、よく考えるとかなりはずかしいです(笑)。

松岡 克政の2007年計画のマインドマップ

そして、2007年1月ということでほぼ1年前のマインドマップなんです。(我々インストラクターの腕は一年前とは全く違うレベルになっているので、ちょっと今見ると恥ずかしい、という意味です)
おまけに100円ショップのペンと色鉛筆だけで書いたし。。。

まあ、でも、きっと参考になるかと思います。

そして、顔写真も掲載されています。
かなり、気恥ずかしいです。。。


この記事と連動しようとしたかはわかりませんが、
12月29日(土)に開催する年内最後のマインドマップ基礎講座では、本マインドマップのプロセス等を「事例紹介」のコーナーでお話させていただこうと思っています。

どのようにマインドマップができていくのか?
そして、来る2008年の年間計画(ビジョン)を立てる時のポイントなども参考になると思います。

合わせて、松岡 克政のマインドマップサイトも一部リニューアルしました。

追記
わが盟友horigenkokuさんが関連記事を書いてくださいました。
→ 「『マインドマップ超思考術』⇒1年の総括???
horigenkokuさんとの中小企業診断士とマインドマップを通じたお付き合いのエッセンスが記されています。





超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

終電帰宅です。


なぜか?

マインドマップサイトのほうに掲載した「講義録・議事録のマインドマップフォローアップ講座、開催しました。」内容をご覧くださいませ。


いやあ、学びが深い日々であるのと同様、周囲にすごい人が多すぎて、僕の頭で処理しきれない内容がたくさんあります。。。

・・・ということは、新しい世界が次に見えてくる、ということですね(笑)。

マインドマップを使うということは「頭の能力を高める」、それも「自分らしい方法で」できるというわけで、
マインドマップと、そしてその開発者である、トニーブザン氏についてはさらに探求を深めていきたいと思っています。

年内最後のマインドマップ基礎講座、12月29日にやります。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今朝は自宅オフィスにいます。

本当に、ほんとーーに ひさしぶりに
自分の時間が持てている午前中です。

「自分の時間」って言っても、
自分の作業をやる時間という意味で、
ゆっくりできる、という意味ではありません。

個人でやっていると、何もかもを一人でやる必要があります。
(まあ、今はそれを選んでいる、というのが正確な言い方、
 かもしれませんが)

その作業量、膨大よ。
圧倒的に楽しいことが多くないと、僕なら
投げ出していますね(笑)。


さて、今日はマインドマップのフォローアップ講座で
同じくトニーブザン公認マインドマップインストラクターの
近田さんとのコンビで僕も講師をやります。

テーマは「講義録・議事録」です。
近田さんは日本人で最もブザンに近いインストラクターと
言ってもいいかもしれません。
その彼女のブザン直伝の「講義録・議事録」、
僕もとても楽しみです。

実を言うと、講師が一番得なんですね。
一番理解できますからね!

この、「講義録・議事録」のフォローアップ講座は
僕が初回を担当させていただいていて、
そのときから書いたマインドマップの数といえば、、、

残存するだけで10枚以上!
たった2時間半の講義で、ですよ。

そう油絵を描くようにエッセンスを抽出して昇華させていくんです。


ああ、ちなみにフォローアップ講座は、
マインドマップ基礎講座受講生のみが参加できる講座となっているため、もしご興味ある方はマインドマップ基礎講座をご受講ください。

さまざまなインストラクターがマインドマップ基礎講座をやっているので、ご自身と相性が合う方を選択されるといいと思います。

ちなみにmatsukatsu(まつかつ)の場合は、次回マインドマップ基礎講座は12/29日です。

ご興味があれば、ぜひご参加ください。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
桑沢デザイン研究所でのマインドマップ講義
matsukatsu(まつかつ)です。

エネルギーを注いで、チャレンジングにやりました!

学生たちも何かが変化してきている、ようです。


よっしゃっ!!!

でも、つかれたーーー(笑)。


PS
本内容の解説等、詳細情報は、まつかつのマインドマップサイトに掲載しました。
→ デザイン専門学校での3回目のマインドマップ講義
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

原宿朝7時20分

| | トラックバック(0)

おはようございます。

朝の原宿です。
これから桑沢デザイン研究所での3回目のマインドマップ講義です。


朝の原宿表参道といえば、
必死に早起きして
無我夢中で診断士の勉強をしていたあの頃(カテゴリー:中小企業診断士受験-一次試験 (207件))が勝手に思い出されます。

そう体感覚が記憶している感じ。。。
独立後の僕の原点がここにあるのだろうな。


さて、
今日の講義で学生たちに伝えたいこと。

 ・デザイナーってすげえぜ!
 ・マインドマップは何にでも使えるツールだぞ。
 ・親父になっても人生楽しめるぜ(木全氏&まつかつより)

以上


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口