本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

フォトリーディング(インストラクター): 2008年3月アーカイブ

matsukatsu(まつかつ)です。

今日は日曜日。子供たちとプール、図書館に行き、今は自宅の片づけ中です。

最近、フォトリーディングが大きく変わってきた。
インストラクターになったのだから当たり前とは思うが(笑)。


今日も図書館に行った際に借りてきた本を先ほど3冊まずはフォトリーディング。

図書館に行くとかなり広範囲の本があるので、ついあれもこれもとなってしまうけど、ステップ1:準備,ステップ2:予習をしっかりやれば、より優先度の高い本から読むことができる。

最近の読書(?)のペースは月30冊どころではない状況なのだが、それをどう記録していくか悩んでいるところ。
記録魔(?)としては。


もしBLOGにフォトリーディング(〜第三ステップも含む)した本を書き出したら、投稿数が半端じゃなくなってしまう。。。

もしかしたらこのBLOGとは違うWebサイトに掲載するのがいいのかもね。


一応今日フォトリード(第三ステップを意味するものはこの言葉にしよう。アメリカでの使い方に準じて(?要確認))した本はここまで

非営利組織の成果重視マネジメント—NPO・行政・公益法人のための「自己評価手法」
非営利組織の成果重視マネジメント—NPO・行政・公益法人のための「自己評価手法」
P・F. ドラッカー,G.J. スターン,Peter F. Drucker,Gary J. Stern,田中 弥生

NPOという生き方 (PHP新書)
NPOという生き方 (PHP新書)
島田 恒

社会起業家—「よい社会」をつくる人たち (PHP新書)
社会起業家—「よい社会」をつくる人たち (PHP新書)
町田 洋次


何をたくらんでいるのかって?
いや、クライアントと自分自身含め、この方向のリサーチが必要に感じているためです。

今までもコンサルティング等で、ほとんど常に新しい領域の取り組みをしてきても平気だったのは、まずフォトリーディングをしていたから。

そして、最近、その精度が格段に高まってきたので、その結果も、変化していく自分も楽しみ。



そして、書きたいことのほんの0.1%も書けていない状態。
すごく残念だけど、記録より行動の日々です。


ああ、昨日行ったナンジャタウンも面白かったですよ。
そして、やはり子供たちそれぞれにマインドマップを描いてもらいました(笑)。
今晩はいつもとは少し違うアプローチのマインドマップを家族で描こうと思います。

実験実験!


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

こういうときにも普段通りにやるのがまつかつ流(?)

先ほどラーニングソリューションズ社のメールマガジンにて、10人の新フォトリーディングインストラクターが発表されました。

また、4,5月はキャンペーン価格で8万円です!

→ 案内ページ

私松岡 克政(まつかつ)も載っています。

→ 松岡 克政(まつかつ)インストラクター紹介


どんな文章がいいのかなあ、、、と考えたんだけど、締め切り間際の1時間で勢いで書いた文章にしてしまいました。

他の人と違っちゃってる???

まあ、飾ってもしょうがないです。
BLOG読めばどんな奴かは丸見えでしょう、今の時代、ネットがあるので嘘をついてもばれてしまいますね。

ああ、そうです。
今回、上記インストラクター紹介には制約があって掲載できなかったのですが、マインドマップインストラクターとしての紹介文もリンクしておきましょう。

松岡 克政(まつかつ)のマインドマップインストラクター紹介文1

松岡 克政(まつかつ)のマインドマップインストラクター紹介文2

松岡 克政(まつかつ)のマインドマップサイトにあるプロフィール


こういうのも、しっかり整理していかねばなりませんね。

まあ、私の場合、よくも悪くも情報丸出しなので、こんな奴でもいいよ、といってくださる方、是非お会いしましょう。


うーん、こういうかしこまったBLOGは苦手だなあ。。。


確定申告、宿題が出てしまって、また作業をします。
予想外でしたよ(苦笑)。

俺って経営コンサルタント??? というようなミスというかアホなことをしてしまっていました。


明日は娘のイベント、息子の誕生日、、、、
イベント目白押しです。

今日はくたくたなのでお休みなさい。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

いまだ確定申告の処理中(苦笑)。
とっても体に悪いですね、昨晩も仮眠状態。
でも、財務会計とかを中小企業診断士の勉強で学んだときの
単なる理論とは違うところで、体で「わかってくる」のはとても大事。

まあ、どんなにかっこつけてもサラリーマン(だったころの自分)なんて、「お金」の扱いはぜんぜん知らないもんよ。

勉強勉強。実験実験。
一歩ずつね。


さて、本題。

一昨日は新オフィスの契約を済ませてきました(ワーイ!)。
そこでのフォトリーディングの活用方法。

契約書って読むの大変だし、何か漏らしてないか不安になるじゃあないですか?

当然それらの書類もフォトリーディング。
質問は「私にとって重要な箇所を教えて」で結構。


今回は事前にいただいていた書類に対しての最終確認があって、そこでオフィス自体が立ち上げ開始間際のこともあり、変更事項があったんだよね。

僕は、それに対しても「自分にとって重要な箇所を教えて」と念じ(?)ました。

やっぱり、しっかり浮かび上がってきましたよ。
面白かったのはオフィス側の人が「変更点はこの3箇所ですかね」といっていたのと違うところにもあった、比較的大事な変更点がすぐに見つけられたこと。

そんなもんです。

フォトリーディングは別にスーパーマンになるための特訓とかでもなくて、あの5つのステップを順に踏んでいけば、誰もが持っている能力を視覚情報に活用できる、ただそんなもの。

そのときのポイントとして最近気づいたのは、

「情報側に答えを探そうとしてはダメ」ということ。
答えは質問をした自分側にあるんだから、
「自分の欲しい情報を自分の心に聞く」(抽象的でごめん)という感じ、なんだよね。


はーい、今はとりあえずここまで。
話したいこと、いっぱいあるなあ。。。
フォトリーディング、今僕の中でブレイク中(笑)。

では、確定申告に戻りまーす。

もうじき僕ら新インストラクターの情報が発表されると思います。


マインドマップもよろしくね!
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今日は気軽に♪

今日は中小企業大学校でアドバイザー業務。

いろいろな学びがありました。

うーん、でも、どうしてこんなに
価値ある出会いがあふれているんだろう???


そして、実はくったくた。

だって、この2週間中9日がフォトリーディングの取り組みだったんだもん。

英語も含め、いつもと違う頭を集中して使ったり、そしてまだ不慣れなインストラクションで受講者の方にエネルギーを注いだり、もちろんそのための準備も。

そして、M上さんにもお伝えしたんだけど、この2週間での自分の変化は、相当なもの。
人生の質が変わる経験をした。おおげさではなく。。。



そして、そう、アクセルを踏んだらブレーキを踏むこと。

2004年11月25日の投稿「アクセルとブレーキ」にも書いていました(今と文体も違ってておもしれー)。


まあ、それはそうと、もっと長いスパンで見ると来年の合格まではアクセルを踏み続けることになる。
恐らく長い人生でも数回しかないだろうアクセルのふみ加減であろう。

それが自分なりに見えている(つもりだ)から、思いっきりアクセルを踏む。

そして、合格後に大きく、ゆっくりブレーキを踏もう。
合格後にやりたいことリストは、すでに大きく膨らんで、それを見ているだけでも幸せな気持ちになる。

今日はもう少しだけゆっくりしよう。


だって(笑)。
そのとおりになってる?

なってないけど、こういう人生になってるって予想できた??

できてないし。

まあ、人生なんてそんなもん。
良しも悪しもなく、人生万事塞翁が馬。


そうそう、それでブレーキを踏むではないけど
今日は本当はやるべきことがたくさんあるけど、中期的な目で見れば、ブレーキを踏んでも、あるいはアクセルを大きく緩めてもいいときだと。


今の自分の中でバランスをとりましょう。


明日はオフィスのキーを受け取る日。

確定申告には秘密兵器を入手させていただきました。
そして、新しい●●●●のOSのヒントも入手 ←わかるのはM上さんだけですね。


はい、次は3月18日火曜日のマインドマップセミナーですね。
フォトリーディングで学んだインストラクション技術も合わさるから、かなりパワーアップしている見通しです。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつです。

今日は(も?)フォトリーディング三昧な一日。

そして明日はリネット先生による愛情あふれるフィードバックがあります。

と昨日書いた部分、午前中の3時間半でやりました at 東京ドームホテルにて。

ふかーくふかーく、フォトリーディング(=学ぶ方を学ぶプロトコル)のことがわかっていきます。
リネット先生のあり方全てが学びになり、
それは「学び方を学ぶ」方法論であるフォトリーディングそのものだと感じます。

ああ、それから我々も「合格!」をいただきました。
今までご協力いただいた皆様、どうもありがとうございます!
そして、リネットにとてもほめていただき、お母さんに褒められて無邪気に喜ぶ子供のような気持ちでした(笑)。


その後3時からはフォトリーディング新インストラクター向け会議。

マインドマップとフォトリーディングを絡めたコンテンツ開発や自分の事業戦略構築のための基本情報が出揃いました。

今年は自然と攻める年になろうかと思います。
そして自分の強み、特徴を嫌というほど、しかと見る年になるでしょう。
チャンスがあれば、出版にもチャレンジします。



そして、夜はリネット先生のお別れパーティー。
今回6週間も滞在してもらった最後の夜を、我々フォトリーディングインストラクターら計21名で、お礼とともに素敵な夕食をしました。


ああ、最後にミニスピーチみたいのがあって、リネットへの感謝の言葉を、僕も話す羽目になったんですね。
感謝の気持ちはいっぱいあるのに、英語、あまり出てこなかったんですよ。(元々話せるなどというレベルではないし。)

そしたら、帰りの電車で急に英語がドバーッとあふれ出てきた!
そう、英語で話そうということではなく、気持ちが「英語」に乗っかって自分の内側から湧き出てきた感じ。

ヒッポファミリークラブでの経験を思い出した。
そう、確かに言葉の波が自分の中にあれば、それを引き出していくだけ、だったんだよね。


あとは、僕の捉え方は こう。
その場で英語が出なかったことはぜんぜん「失敗」とかではなくて、その後ででも表現ができたことに驚きと喜びを持つ。
「次回うまく伝えられればいいや」と思えればOK。

人生に失敗などなく、判断や善悪もなく、ただ学びがあるだけ
by リネット・アイレス


そうなんだよね。


うーん、書いていて書くことがありすぎて、どうにもこうにも。


そう、パーティーの最中、思ったんだよね。

まず、仲間。
13人の同期生は、皆心から素晴らしいと思える人たち。

みんななにより「目」がいい。
「信頼」できる、「尊敬」できる、「自分を預けられる」、
そんな仲間たち。

7日目にして早くも白状(笑)。僕の新しい取り組みは?2007.10.20 Saturday


そう、素敵な仲間たち。
そして、すごい人たち。

こんな人たちと、これから壮大な実験をできるのは、すごい環境に身を置いていると思う。

僕自身の武器は、とにかくまっすぐに進めること。
「出来ない」とか「ものおじ」とかせずに、
自分で決めたこと、楽しいと思ったことには
無理なく積極的に全身で関われること。


2007年10月のフォトリーディング研修時に浮かれていた自分を思い返すと、
相当レベルアップしていることが、自分でも感じ取れる。

そう、夢中でやったこの5ヶ月くらいで、勝手にスキルや意識、その他が向上している。

面白いね。

今までの5ヶ月間のフォトリーディングインストラクターとしての取り組みはカテゴリー「フォトリーディング(インストラクター)」に書いているんだけど、確かにこんな時間をすごしてきたよね、という密度濃いもの。


さて、フォトリーディングに一区切りついたので、確定申告の準備作業に進みますか。

体はくたくた。頭は動く動く。。。

でも、ちょっと遅すぎませんか?
明日が心配ですね。 M上さん。

ああ、ちなみに今朝は末娘と初めて雨の中の歩いてお見送り。
妻から聞いたところによると、娘いわく「つかれたー、手はさむいし、雨には濡れるし、、、おとうたんとは大変だよぉ。」だって。

トホホホホ。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

さあ、書きますか!

今日で3日間に渡ったフォトリーディング認定講座が終了しました。

とても濃い時間が受講生の方と送れたと思います。
それと今回しかありえない、
リネット先生による質疑応答タイム、、、

ものすごーく深い時間が流れました。
彼女の言葉は受講生のお一人ずつの心の奥深くに
浸透していっていました(断定形(笑))


フィードバックシートはいつもドキドキしながら
読むんだけど、とてもうれしいコメントがありました。

やっぱりこっちがしっかりと伝えようとする行為、姿勢は
受講生の方にも伝わっていくんだなあと、
そういったコメントを読んで改めて感じました。

あとね、僕らとしては当然なんだけど、
「マインドマップを熟知しているのがよかった」という
コメントも改めてうれしいですね。

実際そうだし(この部分には相当の自信あり!)。


僕ら講師としても最善を尽くしました。
20名でやるのは準備、段取りとも大変だったりしたけど、
まずはここまで来れた自分をしっかりとほめてあげましょう。


そして、終了後帰宅時の疲労感ったら、ない。

ひさしぶりに体感する、ドッヒャーという体の内側から
おもたーくなるような状態。

仕事疲れとかよりも、もっと内面が疲れたという感じでした。


だから、今日も帰宅してからPCは開きたくなかったんだよなあ。。。


そして明日はリネット先生による愛情あふれるフィードバックがあります。


うーん、書き出したらドヒャドヒャ書けそう。

そう、なんか今日は擬音語が多いし。


奥さんからは案の定、「あんたは仕事ばっかりしていて、、、」と
きつくしかられ&愚痴を言われました。

そんなもんです、そんなもん。


今晩も一冊軽くフォトリーディングしてから寝ることにしましょう、そうしましょう!

おやすみなさい。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今日はフォトリーディング認定講座二日目。

今しがた懇親会を終えて、帰りの電車の中です。

やっべえ、すんごい楽しい。

今回の受講者は20名弱。
バラエティに富んでいて、コラボラティブ学習ができていると思う。

フォトリーディング、正直言って全員が全部満足するわけではない。
そんな講座はかえって危ないとさえ思う(本部分、誤解なきよう)。

だけど、僕はその魅力を個々の人に伝えきる義務があるように感じている。

それはリネット先生から教わったフォトリーディング道(笑)のようなものを、誤解したまま帰路についてもらうわけにはいかない、という思いと、
やはり、フォトリーディングのすごさを感じた時の、受講者の中に生まれるプラスのエネルギーが生まれる場に立ち会いたいから。


とても楽しく、受講生の方ももちろんだけど、自分自身が成長、拡張していくそんな感覚が得られていることに 
心から感謝。


そんで、懇親会もすんごいさまざまな話題で面白かった。

夫婦の意見の相違について、妻の立場から、それぞれ異なる観点の3名から伺った。僕ら男性陣はたじたじ。

つーか、夫婦という関係は かくも面白きものなり。


脱線。でも本筋(笑)。


いや、フォトリーディング、あと一日、
最後まで、可能な範囲まで伝達レベルを高め、それぞれの受講者になんとしても(?)、この講座に来て良かった、何かが変わった、といってもらえるように、
もうひとふんばり、つめようと思う。

完全主義者??

イエス!

そして、何よりもそれが楽しいから、自分がやりたいことだからやるのです。

こんなこと言ってるから、奥さんにケチョンケチョンに言われるのです(苦笑)。



うーん、とりとめもないけど、なので、この辺で。

書きたいこと全部書いていたら電車2往復くらい必要でしょうから(笑)。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

ケータイからまつかつです。

いよいよです。
今からフォトリーディング認定講座に行ってきます。

主要な資料の全体像の写真です。
プロセスおたくとしては書きたいこと、いっぱいなのですが(笑)、
集中して、そして受講者の方に大きな気づきと
パラダイムシフトが起きるような、
たのしーい講座をやってきます!

ひとつだけ。

「全体から部分」「情報の分類、整理」は大きな大きなポイントですね。


ではでは。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

他愛もない日記

| | コメント(4) | トラックバック(0)
matsukatsu(まつかつ)です。

今日は書かずに終えようと思ったけど、書くことから遠ざかりそうな気がしたので、「まずは書く」ことに。


今日もフォトリーディングトライアル講座のための準備だったんだけど、自宅を中心に作業をしたので(その他はデニーズ使用)、
子供たちと思いのほか一緒にいれた。

夕飯も一緒に食べて、お風呂まで一緒に入れた。


なんと不思議なことに、明日都内のオフィスを借りる契約を
してくる予定なんだけど、
その直前に、自宅で仕事をするよさを味わえれた。


オフィスがもっと近くにあれば、
夕飯やお風呂の時など帰宅して、家族と過ごすことも
できるんだろうな。

一方、集中度を高めるためにはオフィスがあったほうがいい。
コンサルティングやセミナーもオフィス付近でやれると効率がよい。

これからどうなっていくやら。


それはそうと今晩はジムで「ヨーガ」をやってきました。
二回目なんだけど、前回と違う先生。

ふむふむ、体と対話をすることなんだな。

ジムもやめようかと思っていたけど、やっぱり良いかな?


そおんな他愛もないことを書いて、今日も終わります。


おやすみなさい。

コメントを書いてくださった皆様、ありがとうございます。
また後ほど記しまーす。


いや、そうそう、フォトリーディングとマインドマップ、という単語が結構見かけることが多くなった。
勝間和代さんの影響なんだろうか?

僕自身両方使ってきて、そして両方のインストラクターとして、探求を深めていくと、本当にこれらは「反則技」だと思う。
誰でも相当パワフルになるからね。

本当は話したいこといっぱいだけど、これを話せるのは
セミナー後の懇親会くらいなものです、ね。

ではでは
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
マインドマップ

matsukatsu(まつかつ)です。

今日はフォトリーディングインストラクターになるためのプレコーチング3日目だった。

ようやっと真髄が見えた、金脈を掘り当てた!
そんな感じ。

リネットさん、通訳のゆりさん、それからメンバー4名の、計6名のチームワークで作り上げた『場』だったと思う。

フォトリーディングの何がどうすごいのか?
ここまで自分が理解できたら、後はそれをどう伝えられるか、のステップになる。

これからトライアル講座までの準備の3日間でどこまでできるかな?

いずれにせよ、ここまでわかれば、後は本当に楽しみ。

途中ボスが参加して、脳に関する映像を見せてくれた。
これもまた、マインドマップとフォトリーディングの両方に共通する映像で、頭がスパークしそうな感じ。

今日、何枚マインドマップを描いたか?
そういった質問は、
「あなたは、どれだけ紙を広げられる環境にいましたか?」に近いものだと思っている。

そう、枚数はあまり意味をなさない。

で、今日書いた2種類のマインドマップを写真に撮りました。

マインドマップ

ほかにもあるので、今日だけで8枚くらいかな?

別に枚数が重要ではありません。

そこから何をどれだけ、糧にできたか?
どれだけ頭が活発に動いていたか?
どれだけ成長したか?

そんなことが大事でしょう。



次回マインドマップセミナーは3月は18日、平日です。
着実にお席が埋まっています。

4月5日の大阪でのマインドマップセミナーは、すでに13名。

どちらもお申し込みはお早めに。

→ 松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ情報
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
フォトリーディングインストラクター研修中のマインドマップ

matsukatsu(まつかつ)です。

さあて、悩ましい。

今BLOGを書くか?
フォトリーディングを深める作業をするか?


今日二日目だったフォトリーディングインストラクターのための
プレコーチング、、、

やばい、こんなにフォトリーディングが深かったなんて。。。


マインドマップとはまた違った切り口で、
人生を変革させるツールとして、その本当の力に
身震いしました。

書いたマインドマップをお見せするのが一番いいんでしょうが、
その時間分、フォトリーディングの探求に時間を使わせていただきます。

ああ、それと2月末に個人で開催したフォトリーディングトライアル講座の受講生達がとても盛り上がってくれていて、
週末なのに、全員がメーリングリストに投稿してくれました。

うれしいです。

そして、僕もどんどん伝える内容が進化させていける
確信のようなものが芽生える二日目でした。

順調に行けば、春からフォトリーディング講師としてデビューできると思います。

そのときに新しい方々にお会いするのも楽しみにしています。



それからマインドマップにも変化が。
写真は今日の講義中に書いたマインドマップ。

本当に深い時間の場合、記録する内容が変わるんですね。
正確に言うと、記録から記憶へ。。。。



なんだかわかんないですよね。

また今度。


次回マインドマップセミナーは3月は18日、平日です。
順調にお席が埋まっています。

4月5日の大阪でのマインドマップセミナーは、すでに13名。

どちらもお申し込みはお早めに。

→ 松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ情報
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口