本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

家族: 2009年5月アーカイブ

かなりゆるーい投稿。

| | トラックバック(0)
松岡 克政(まつかつ)です。

いぃやぁぁーーー。
一日オフィスで作業。
かなり充実。とはいえ、あっという間に一日が経ってしまう。


さわやかな風が吹き抜けるオフィスから一分の場所。


今日はオフィスにずっといたかというとさにあらず。


夕方は娘にオフィスに来てもらい、少しお手伝いをしてもらい、
実は夕飯は子供たちと一緒に食べた。

【後で写真挿入】

そよ風に吹かれたり、子供たちとたわいもない話ができたりして、
かなりいい感じ♪


それとね、パソコン  を買っただよ。
中古のデスクトップ


¥ 10,990
【良品中古】 FUJITSU FMV-E635 [FMVE35G131] (Pen4 3.4GHz/ 1024MB/ 80GB/ DVDコンボ/ WinXP Proリストア済み)

超安いよね、この店、GENOってところ。 びっくり。
ガジェット好きなヒトならつい買っちゃうに違いない。

ちょっと見てみるといいよ。
(でも、その後のことはしーらないっ♪)


今、オフィスでは愛用のレッツノートはすみに追いやられています。
21インチのモニターの横でひっそりしています。
おまけにメンテをしっかりしてこなかったもんだから、遅くて遅くて。。。

もうちょっとの間、がんばれ! レッツノート!!!


てな感じで、一日みっちりやっていたけど、そうでないかもしれない、、、

なんて感じです。

でも、一日しっかりいろいろ進みました。

かなりゆるーい投稿ですが(苦笑)。


相変わらずお伝えしたいことが伝えられるまでの体制になっておらず。

でも、少しでも前進している自分をほめることにしましょう。
見えないところでどんどん変化していっているに違いないのだから。


うーん、銀色夏生さんのような詩でも書いてみたいもんだ。昔結構読んだんだよね。

最後までゆる~くて、ごめんね(笑)


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)です。

ショック!!

さっきまで書いていたBLOG記事がクラッシュで消えてしまった。。。


今はオフィス。

明日がフォトリーディング講座なので、その準備をしています。

とてもすごしやすい時期ですね。
気持ちよい風が吹き抜けます。

そう、僕のオフィスは最上階5階の角部屋。
快適なんです。


今日は子供たちもオフィスまで来てくれて、「パパ、満足」(笑)。
ばたばたしながらも移動後1ヶ月が経ったんですね。



さてさて、タイトルの件、

もう面倒になってしまった(すみません。。。)。

BLOGで書くのはやめにして、この記事を見てください。
では、どうぞ!


→ 4つ(+1)のマインドマップ講座、お申し込みを開始しました!
  (松岡 克政(まつかつ)のマインドマップサイト より)


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)です。

今は自宅です。
今日は昨日に引き続き家族と夕飯を食べれました。

家に帰ると、眠くなるぅぅぅ。(笑)。

みんなで一緒に夕飯を食べて、子供たちの勉強を少しずつみました。

息子の場合は、先週から一週間の計画をマインドマップで書いて、
それを見ながら対話をしています。

先週は曜日ごとに書いてみたもの。写真参照。



今週はイベントごとに書いてみています。

それらを見ながら、彼が彼自身の役に立つような問いかけを、マインドマップを使ってやっています。


小5の娘には、算数の角度の問題を、実際に紙で折らせて、
「とにかくわかるところを書くんだぁぁぁ~」と言いながら進めました。


我々大人も、とかく、何をどうすればわからなくて 思考停止状態になることって、少なくないような気がしています。


でも、でも、わからなくても、書いていく  それだけで前進して、いつかわかるようになっていくもんですよね。
デザイナーをやっていて気づいたことの大事な点が、書くことから全てが始まること、ですね。
書けば始まるんです。


僕は子供たちに答えを教えることは (ほとんど)しません。
考える力、勉強の方法を 一緒にやっていきます。

自分で見つけたときの楽しさ、うれしさってもんを知ったら、後は勝手に進んでいきますよね。



家族はもう寝ました。
僕もなにやら疲れが出ているのか、ゆっくりしたい気持ちなので、
夜風も気持ちいいし (ととと、最近過ごしやすくてよい季節ですよね!)
たまには早めに寝ることにしようかな。


こんな風に毎日、夕飯を家族と一緒に食べ、一緒にテレビを見、勉強やたわいもない話をすることが、
どれだけ貴重なことなのか、
まだわかっていないけど ←オイオイ(笑)
でも、とても、心地がよくて心から安らぎます。

社会人になってから特にこの7~8年、テレビもほとんど見ないし、そんな時間ほとんどなかったから、
毎日だったら戸惑うかもしれないけど、
こんな時間、しっかりと味わいつくしたいと思います。


本当は書きたいこと、いっぱいあるんだけど、スイッチを入れないようにしましょうか(笑)。


いやいやいや、
たとえば、
・京都のマインドマップセミナーの受講者から、かなりの数のメールが来る。
 これって商工会主催のセミナーじゃなかったっけ?
 意識が高い方々が京都山城地域には多いのですね。
 
 全般的に関西の方の方がセミナーでの反応はよいんですよね。
 次回関西でのフォトリーディング講座は7月11,12日の予定で進めています。
 
 東京では、6月20,21日にも開催が決定しました。
 詳細は フォトリーディングのページ


・それから下記が先週末の中小企業大学校でのファシリテーション風景。
 (BLOG記事 
 自分で言うのもなんですが、すごいことをやったと思います(笑)。
 普通ありえないね。
 この条件でこの背景で、ここまで持って行くのは。
 あ~あ、楽しかった(笑)。

 フォトリーディングインストラクターになってから、相当スケールアップしています。
 自分の取り組みが。




・さらにさらに、日曜日に行った、京都 祇王寺の猫ちゃんのことも書きたくなってしまったけど、写真をまだアップしていないから断念。


本当に伝えたいことの1%も書けないもんだね。


では、おやすみなさい。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

matsukatsu本棚&etc...

| | トラックバック(0)
松岡 克政(まつかつ)です。

GWもいよいよ終わり、明日から仕事再開、という方も多いのでしょうね。

僕もメーカー出身ですので、GWは比較的長めの休暇をもらっていました。
しかし、いつからか、メリハリのある休息はなくなっています。

好きなときに好きなことをやっている。
その分、休みと仕事の境目はかなりあいまいになってしまっています。


でも、この二日間はかなりゆっくり家族と過ごせたかな。


日中は実家に行き、子供も交え、Wii Fitをやりました。
サッカー(バランス力を鍛えるトレーニング)を本気でがんばっちゃいました。(笑)。


さて、どうでもいいことが多いこのBLOGですが(笑)、

本の話です。
下記2冊を、電車移動の1時間程度で読んでみました。
それぞれ発見があって面白かったです。

多読術 (ちくまプリマー新書)
多読術 (ちくまプリマー新書)
松岡正剛

バカの壁 (新潮新書)
バカの壁 (新潮新書)
養老 孟司


大したことは書いていないけど、上記本についての感想も下記BLOGにあげています。

matsukatsu本棚&etc...


アマゾンで買った本を中心にリストアップしています。
全然追いつかないけど。

また、フォトリーディング講座に出られた方は、BGMのリストも参考にしてみてください。
結構評判がよいセレクトです。



では、新しい一週間、がんばっていきましょう!!!

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング


子供たちの授業参観がありました。
下の子二人です。
上の子の授業は国語で、漢字の話。
よい先生で、子供たちも自主的に関わっていました。
講師業をやるようになってから「先生のやり方」ってとても興味深く見ています。



休み時間になると皆元気良く外で遊んでいます。
あっ、そうそう。
今回新1年生にとって初めての授業参観ということで、親たちの熱気が違いました(笑)。




新しく来た図工の先生と意気投合して語り合ってしまいました。
先生も夢中になって、子供を放っておいて ???
まあ、変わり者、反逆者同士ということで。






場面は一転、31(サーティーワン)アイスクリームです。
今日は募金をするとアイスがひとつタダという日だったんです。
年に一回だけ、それも11時~13時まで、という限定。

でも、多分、うちの子の小学校が授業参観ということで人は少なめ。
我が家は中学生になった息子と妻と3人で行きましたが今年はほとんど待たずにすみました。


その後、家の片付け、草取りなどをやり、
夕方は娘たちと公園へ。

本当に久しぶりにスニーカーをはいて、運動再開しました。

楽しいゆったりとした一日でした。
休みってこういうものなんだと、サラリーマン時代を思い出したりもしました(苦笑)。

テレビも見てしまっています。 ザ・クイズショー。
少しずつ自分のライフスタイルが変わってきそうな予感。

ではまた!


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)です。

もうこんな時間。。。


家族との夕飯時の会話。

娘:「お父さん、最近、なんで家にいるの??」

私:「えっへん、オフィスを近くにしたからだよ」

娘:「じゃあ今までどのくらい時間かかってたの?」

息子:「1時間くらいだよ」(彼は一緒に来たことがあるので得意げに言う)

娘:「ふーん、大変だったんだね」

息子&妻:「っていうか、なんで今までそんなに時間かけて通ってんのぉ?」

妻:「ばっかじゃぁないのぉ!」


はぁぁ。。。

父ちゃんもがんばってきてるんだけどね(苦笑)



まあ、でも、そんな感じで、夜はいったん家に戻って夕飯を食べて、
そしてまたオフィスへ。
夜は時間の流れが速すぎますね。
あっという間に夜中に。。。


今日は着々と片付けに向かえる取り組みをし始めました。
大活躍のドキュメントスキャナー!
FUJITSU ScanSnap(スキャンスナップ) S510 楽2ライブラリパーソナルV4.0セットモデル FI-S510-SR
FUJITSU ScanSnap(スキャンスナップ) S510 楽2ライブラリパーソナルV4.0セットモデル FI-S510-SR


うん、全般的に 悪くない!


最近、ふと思うけど、 いつしか「希望」が前面に出る取り組みしかしてこなくなった。

今最悪な状態でも、必ず前を見ているから~~ っていう感じ。

だから、少しでも風が追い風だと、とてもうれしくなる。

6月までに 攻めに向かうための環境を整える という、1月に作成した計画が、実現に向かっているのは、ホント面白い。
自分で望んだんだったんだね。



明日は午前東京駅付近で打ち合わせ、
午後は息子の部活の説明会、
夜は懇親会で白金台 という一日です。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

まつかつです。今日は家族でキッザニアへ行ってきました。

帰宅後、皆でマインドマップ(笑)。今回から、講座でも新しく始めた取り組みである、ミニマインドマップ から フルマインドマップで、書いてもらいました。



送信者 BLOG等一般公開用
子供たちも「だいぶ楽」だって。

本当はキッザニアの体験も、こういうマインドマップもしっかり掲載して色々解説すべきなんでしょうが、僕は無精というか、あまり、そういうアウトプットに重きを置かず、得られた経験を元にして、次へ進む方が個人的には好きなのでして。。。

講座で、生の話で、是非聴いて欲しいとも思っています。その他は、今執筆中の書籍などで、  今は勘弁を。

まだ進み続けたい気持ちが強くあるがゆえ。。。

いくつか写真を掲載しておきましょう。



送信者 BLOG等一般公開用


送信者 BLOG等一般公開用


送信者 BLOG等一般公開用



今日は本当はマインドマップインストラクターの大事な集いがありましたが、僕にとっては、先に予定を決めていたこちらが優先、でした。

色々と楽しいことや気づきがいっぱいありました。

明日は怒濤の仕事日です。。。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

家族との時間。

| | コメント(2) | トラックバック(0)
松岡 克政(まつかつ)です。

今日はひっさびさのOFF。

一日自宅にいました。

多分書き出すと止まらないんだろうなあ。


こんなのを久々に家族で見た。



僕は映像に触れる時間がめっぽう少ない人間であることと、
感情移入しやすいわかりやすい人間なので、

こういうのを見ると、、、、

、、、、、なんだよね。




でも、頭を空っぽにして、家族と過ごす時間って、
ホント、かけがえのない時間だよね。

いつの間にか時間泥棒に自分を奪われてすごしているかもしれない毎日。

本当にゆっくりした一日でした。


ゆっくりしたと言えば、
妻が買ってきたこんな本を読みながら、うたた寝。。。

今日もていねいに。
今日もていねいに。
松浦 弥太郎


なんかいい休日って感じ♪

ONとOFF、当然、どっちも大切ですね。
明日は家族でキッザニアへ。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口