本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

2008年7月~[足首骨折]の最近のブログ記事

松岡 克政(まつかつ)です。

 

うーーーーん、おわったぁぁぁーーーー。

 

ということがだいぶ昔だったみたいにあっという間に時間が経った不思議な一日でした。

 

我が息子君と昼食は回転寿司。
その後は彼のリクエストで イトーヨーカドーへ(笑)。
本を買って、カードゲームをやって。。。

 

夜もみんなで一緒にお風呂に入りました。

結構、戻れそうで戻れません、仕事モードには。

 

彼にはアクセルとブレーキの話をしました。

僕にとってもキーワードのこの言葉、
彼の今にも共通します。

今アクセルを思いっきり離すと、どこにいくかわからなくなるから、
少しずつ離す、か、ハンドルをしっかり握る、か、、、
「いきなり」をしないんだよ、と。

 

それはそれで、仕事はたまっています。すみません。。。

 

今日ももう寝ます。
作業が面倒くさいので、以前の写真を。

帰宅した息子君へのTODOリストのメッセージ マインドマップです。
こんな風に描くと感情が伝わるし細かい指示と大きな狙いの両方がわかるし、文通にもなるし、チェックリストにもなるし、いいことずくめですね。

僕も書くのがすごく楽です。
なぜって、書きながら考えられるから

だいたい、5分くらいかかっちゃったかな、このマインドマップは。

 

 

、、、ああ、試験の結果?

かれ的には ばっちり。

確かに今までで一番出来ていました。
年末年始からの短期間での取り組みが功を奏したのは間違いありません。
そして、十二分に力がつきました。それもにわか暗記的なものではなくて、
考える力 と勉強の仕方

なんにせよ、あと数日はハッピーな気分でいてもらいましょう(笑)。
そして、残り数日(発表は一週間後)で、万が一落ちていた場合のことを考えたいと思います。

 

さて、明日から仕事モード、です。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)です。

 

まず、フォトリーディングのアンケート追記です。
FAXを送っていただきました。

この方は、なんと、受講後にフォトリーディングを使って、仕事をする中で、書類上での普段気づきにくいミスに気づくことが増え、周囲に驚かれている、とのことです。

→ フォトリーディング受講生からの感想「丁寧に質問に答えてくださる姿にプロを感じました。」 2009年1月17-18日講座)

 

フォトリーディングをすると、目的に沿った情報を察知しやすくなりますので、こういうことも起きますが、でもそれだけ聞くと不思議ですよね(笑)。

不思議なようだけど不思議ではない。
そんなことも講座でご理解いただけるかと思います。
本当は講座などせずにお伝えできれば、とも思うのですが、
それは無理ですね。 スポーツみたいなもので、自分で体験していってナンボのところがありますから。

近々のフォトリーディング講座は、明々後日に平日開催します。

その他のフォトリーディング講座開催日程は、下記でご確認ください。
本ページのみの先行予約が4月11,12日、明日公開だと思います。

→ 松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング お申し込みページ

僕自身、インストラクターになってみて、マインドマップ同様、フォトリーディングの深さには驚愕しています。
フォトリーディングはあなたの 新しい生活 そのもの、なんでしょうね。

 

 

そして、息子の試験勉強。

写真は今日のTODOリスト(上は息子、下は私。ちなみに下のマインドマップのハートは「2」を二つ重ねています。そう2月2日、ですからね)

 

もう十分にやったでしょう。やりきりました。

今日の彼もまたすばらしかった!

で、今日の一言。

「自主的に勉強する楽しさがわかった(意訳)」

これこそが、今回の勉強を通しての一番の果実、かもしれない。

うれしいし、さみしい、あと一日。

 

たださあ、結構大変でした。自分のことは一切しませんでした。
張り付きの専属コーチ。
きっと石川遼のお父さんとかチチローとかもこんな感じ(だったの)では?

 

 

 

 

さて、明日は早朝に出発します。
本番です。

フォトリーディングも、相当量やったし、
マインドマップも、それはそれは見事なものを書くようになっています。

そして、娘たちも、「マインドマップかきたーい」って言うようになっています。
今日も3人の子供と一緒にゲームをし、風呂にはいり、なかなかマイホームパパ(?)してますよ。

 

そう、どんなマインドマップ書いているか、是非お見せしたい。

でも、まだ、そこまでスムーズに出来ないんですよね。
いつか是非に、と思っています。

 

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)です。


うーん、書きたいことが山ほど山ほどあるのに、時間はない。。。

 

明日は息子と受験前日のシミュレーションをします。

早くに家をでるので、もう寝ます。

僕も真剣です。

 

息子の言葉。

「うちはいいよねえ、試験直前になっても、やれやれ言わないんだから」とニコニコしながら。

 

おいおい、お前。 実はすんげえ負荷かけてやってんだぜ!

 

フォトリーディングとマインドマップを使っているから、
そして、彼(と僕の場)の状況に応じて、緩急組み合わせているから、
脳が喜んでいて、「楽しい」ので、それゆえ、そう思ってしまっているだけ、なんだよ。

 

まあ、なんにせよ、喜ばしいことです。

そして、試験前前日なのに、演劇の稽古まで、実は行ってたりするんですねえぇ。

遊んだ方が勉強ははかどる!

そんな受験勉強なんですよ。
そう出来るならそれにこしたことはない。

 

息子との取組みにも インナーワーク(ゲーム) を取り入れてしまっているんでした。

それから昨日、子供たちとやったゲームは下記写真。ブロックス。
去年のクリスマスプレゼントに 大阪 あくびさん からいただいたものでした。

 

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)です。

あらら、もうこんな時間。

今日も息子と、子供たちととてもよい時間。

 

一方、自分の身の回り、もう一度いじってみようと思っています。
今、仲間から聞いた、Remember The Milkというタスク管理のツールをいじっています。

これがうまく機能するならば、

ここ3週間使ってみて、明確に「使えない」と判断した、マインドマップ手帳の復活もあるかもしれません。

今まで5年以上使ってきたフランクリンプランナーに回帰中の今だけど、
そして、それはアナログとデジタルの、今までの僕にとってちょうどいい あんばい だったんだけど、

そこも少しいじろうかと。ゆさぶってみようかと。

ふと考えると、Webの仕事をしていて、恐らく一日10時間以上はパソコンの前に向かい、IT系の先端にいた時代から、早4年近くが経ったんですね。
このまま、自分のペースでやっていると、情報リテラシーの低下をまねくかもしれん、と思い始めました。

 

一方、手帳ひとつとっても、「まるで秘書のような」存在というのは、やはりアナログ的な部分、あるのかも、いや、どうか?
などと自問しながらです。

こういうのは自己投資、ですね。
自分の時間を使わないとわからないところはあります。

 

僕にとっては、フォルダーとタグという情報整理の観点をどう料理していくか、という(元)情報デザイナーの立場からの見方も含まれます。

そういった情報としては、下記サイトが役立ちそうです。

 

Google世代の整理術「デジタル情報整理ハックス」

 

リンクしておきながら、僕は全部見れていないんだけど、かなりオススメの情報ですよ。

 

ああ、確かに会社員時代は、こういう情報をしっかり見ていたりして、その結果もあり、7時から12時まで会社、という生活だったんだなあ。

何を選ぶか、本当に難しい世の中、ですね。

 

明日も午前、息子と勉強。午後は息子、娘と演劇の練習へ。

いい時間がすごせていると思います。

夜は皆でゲームをしたり、など遊びの時間も作っています。

 

息子の成績の上昇は、本試験の問題を8月以来でやってみて、明確にわかりました。
相当な伸びで、当人もかなり自信を持ったようです。
フォトリーディングとマインドマップを活用した試験勉強方法の探究にもなっています(笑)。
組み合わせは本当に有効。
だって、普通に考えて、5ヶ月で15点が84点にあがるって考えられる???

これに関しても、ただの理屈ではないところから、リアリティあるお話を講座でお伝えできるかと思います。

 

それからそれから、書くのを忘れていたけど、先日入籍記念日用に買った(超ひさしぶりです、ハイ)小さな花がきれいにさいています。 
妻とはさっき、今年前半の家族旅行、レジャーの予定を立てました。

 僕が家にいれば、それだけでもだいぶよいようです。
(もっとやらねば、というところは変わりませんが。)

 

フォトリーディングは3月21,22日の大阪講座に続き、4月11,12日の土日にも東京で開催します。
来週早々に公開予定です。
おかげさまで3月11,12日の講座も満席になってしまいました。
ご検討中の方はお早めにどうぞ (でも、あせらずに。。。 ←矛盾???)

 → 松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング お申し込みページ

 

 

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)です。

外は雨ですね。
関西はどうでしょう?大阪は雨なのかな?

 

というのは、ジャンジャジャーーーン!

松岡 克政(まつかつ)選手、初のフォトリーディング遠征でっす。

3月21,22日に大阪で初のフォトリーディング集中講座を開催しまっす。

 

→ 松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング お申し込みページ

 

今まで、マインドマップ講座は関西方面で5回ほど開催してきました。
今回、ようやくフォトリーディング講座も開催できるということで、とてもうれしく思っています。

そして、講座案内を公開したらすぐに、Fさんというmatsukatsu BLOG読者の方から再受講申し込みがありました!
コメントも、とてもうれしいものでした。

Fさん、ありがとうございます。

 

今回は、いつにもまして、再受講の方のご希望も多数寄せられると思います。
普段は人数を限定させていただいていますが、今回は状況を見て、柔軟な対応をさせていただこうと考えています。

会場はこちら

実は結構広い会場ですし、そう頻繁に行けなかったりするものですから、普段よりは大人数で開催予定です。

 

さらにさらに、この期間は実は3連休、ですよね。

前日3月20日にはマインドマップ講座も開催しようかと考えています。
今までの受講生の方々の意見でも、フォトリーディングの効果を高めるために、マインドマップは有効だと、マインドマップ既受講生が口々に言われていますし、僕もそう思います(笑)。

皆様には、フォトリーディングでも有効活用できる、さらにもっと深いところでフォトリーディングともつながる、本物のマインドマップを知って欲しい、と心から思っていますので、なんとか機会を作れたらと考えています。

(もしかしたらマインドマップ基礎講座、ではなくて、ショートバージョンの「はじめてのマインドマップ講座」になるかもしれません)

今前日までのスケジュールとにらめっこしながら検討中です。

 

なんにせよ、大阪開催もとても楽しみにしています!
大阪は熱い方が多くて、エネルギッシュなので、それも私の楽しみのひとつ、です。

 

そして、東京方面の方、ごめんなさい。
今、満席続きであることと、3月が大阪講座のため、4月の土日(11,12日あたりを想定)講座を来週に募集開始予定です。

今後の講座は、当BLOGで先行予約をし、一定期間を過ぎたら、フォトリーディングの公式サイトにも掲載するようにしていきますので、BLOG読者のみなさんは、是非私のこちらのページをご覧くださいね。

感謝感謝、です。。

 

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)です。

今日、今、書きたいことが5点ある!

今から五月雨(さみだれ)式に書いていきたいところだが、どうなるやら。

 

さてさて、今日も3時過ぎにオフィスを出た。

この2週間。4時~5時に帰宅。

みんなで夕飯も食べれる。
息子と一緒に風呂に入り、早く寝れる(実際には夜更かしになりがちだが)。
朝も子供たちの通学を見送れる!

ある意味、念願だった家族との時間が取れている。

やれば出来るじゃん、自分!!

 

と、堂々と言いたいところだが、実際は、半強制的に自分をそこへ向かわせてきた結果である。

 

息子が都立中高一貫校の中学受験を決めてから半年勉強をしてきたが、

いよいよ来週の火曜日が本番だ。

そして、僕(ら)は、この最後の2週間ほどに焦点をあわせてやってきた。
(僕の中小企業診断士受験とほとんど変わらない(笑))

 

ついに、残り4日、金、土、日、月と最後の楽しい日々だ。

息子の学習の仕方の技術レベルの向上には目を見張るばかり。
本当に。

 

今、なんて書いた???

 

そう、 学習の仕方 と書きました。

 

受験する以上、合格はぜひとも勝ち取りたいものではあり、
息子にも、そこはしっかりと言っているが、
僕自身は、やはり、以前と変わらず、結果よりプロセスの人間であり、人生の実験者であり、人生を楽しむ者でありたいと思っている。

 

この試験勉強期間は、息子とは、そんな時間を共有するきっかけであった、ともいえる。

そして、彼はしっかり自らそこにのっかり、親父と同じ「楽しい人生」を感じられている、と思う、少しは。

 

話を戻すと、

僕が4時、5時に帰宅できたのは、

息子が「お父さん!」と、帰ってきて一緒に勉強するのを、雑談するのを、心から願っているのが感じられたから(あるいは妻の話からそうだと察したから)。

自分のためだけではないとき、人はがんばれる、というところ。
人のためなら、必死に出来る。懸命に守る。 そういうことってある、よね?

 

で、二人で書き続けたマインドマップは、どうだろう、200枚程度にはなるのかな?

EDU-Kも新開発できたし、
フォトリーディングだって、何回やっただろう?
勉強以外のまつかつ哲学(←そんなもんあるかぁぁぁ (笑))も話したし、
好きな音楽で合格CDも作ったし、
遊戯王のゲームも少しだけ覚えたし、

その他いろいろ。。。。。

 

あと4日でこの期間が終わると思うと、少しさみしい。。。
結構、さみしい (笑)。

 

 

まあ、でも、今までの失われた10年を取り戻しつつある、ともいえる、この期間。

残り4日。

一緒にエンジョイしようぜ! かわいい我が息子!!!

 

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

まつかつです。

 

いつもお世話になっている KIMUCOさんが僕のことをマインドマップで書いてくれました。

KIMUCOさんのBLOGから一部、コピペしちゃいました。

 

引用ここから....................................................................................

まつかつ先生ってどんな存在なんだ・・・?と自分に問いかけたら、こんなマインドマップになりました(笑)

画像


まつかつ先生の講座は、高速道路のサービスエリアみたいなものでは・・・と。

「まつかつS.A.」です。

☆-- KIMUCO blog --☆より 新月に願いを・・・(^人^) (2009/01/25 21:30)

引用ここまで....................................................................................

 

 

是非、続きも含めたこの投稿を読んでみてください。
イメージを活用して、自分の未来を切り開いている取組みが載っています。

→ 続きはこちら

 

さらに、KIMUCOさん(のBLOG)はすんごい勢いで進化していて、
フォトリーディング、マインドマップ、(ジーニアスコード)ともにフル活用しています。

是非、定期的に見られると参考になると思いますよ!

→ ☆-- KIMUCO blog --☆

 

その他、僕の仲間たち、受講生の方たちにはすばらしいBLOGを書かれている方がたくさんいます。
いずれそういう方を紹介したいなあと思っています。

 

 

 

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)です。

あらら、一日あけてしまいました。

 

今は自宅オフィス。
昨日妻がレイアウト変更をしてくれて、とても心地よい空間です。
一人で広い場所を独り占め。

さらに、この数ヶ月懸案だった窓ガラス拭きをやりました。
きれいです(笑)。

 

さてさて、午前中は各種段取り的な作業を。

取組みごとに書いてあるマインドマップを机いっぱいに広げ、
それぞれを行き来しながら作業して、三つの仕事がいい感じで進んでいます。

 

本当は昨日書きたかったんです。

昨日は大きく3つのことをやりました。

 

1)自宅で息子の勉強(残り1週間!)の準備、段取り

2)『企業診断ニュース』のインタビューを受ける

3)マインドマップインストラクターたちの会合

 

うーーーーん、それぞれ書きたい。

でも、前進するタイミング。

 

全部をまとめて言うと、

 

感謝!

 

これに尽きますね。

今、この状況をしっかり味わい、出来ることを精一杯やる。

それはどんなときも変わりません、よね。

 

ああ、下記本を今さっき10分くらい読みました。
(もちろんフォトリーディングした後で)

 

最強の集中術
最強の集中術
ルーシー・ジョー・パラディーノ

 

結構いい。
たった10分でも。

こういう本って、著者の研究のノウハウがたっぷりはいっているので、
本当にお得だと思います。

で、この本で言っている「集中」を考えるとき、
僕の中では 『インナーワーク』(僕の座右の本)を
思い起こしてしまうんだけど、

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥

 
本の中でティモシー ガルウェイについての記述があって、
「やっぱりね!」
 
そして、この本と著者への愛着が深まっていくんですね。
 
 
ああ、それからさっき、録画のテレビを見ていた。
勝間さんが出ているという たけしのテレビタックル って奴。
 
こういう番組をみていていつも思うんだけど、
いろんな論点、全部がある部分当たっているんだから、
全部を同じ土俵に乗せようよ! って。
それで、構造化したり、優先度、重要度などをみていけばいいじゃん。
 
マインドマップでオレがホワイトボードに書いてやろうか?
 
なんて本気で思うけど(笑)、
 
ああいった議論ていうのは「エンターテイメント」ってことでいいんだよね?
 
本気で議論するなら、あれはない、というのが僕の意見。
貴重な時間と場なんだから、空中戦はやめようよ って。
 
(これはテレビ討論全般についていっていることですよ。)
 
 
 
さてさて、もう14時。
 
あと1時間で子供が帰ってくる。
(昨日は真ん中の娘もマインドマップで自分のやりたいことを書いてきた!
 なぜか我が家、今、マインドマップブームです(笑))
 
 
 
おお、思い出した!
 
今朝は妻の職場まで一緒に歩きました。
帰りは一人でウォーキング。
まじめに歩くと骨折の足がまだ少し痛むけど、
とてもよい時間でした。
 
継続したし。
 
 
なんか書きたいことがふつふつと沸いてくるぅ。。。
 
また後で書くかも。
よろしくでっす。
 
 
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)です。

週末のマインドマップ、3連発、いってみよう!!!

 


 

 

これは息子の試験勉強。小論文形式の問題に対して、設計はマインドマップで。

彼はこの場合白黒で書いているけれど、普段はかなりよいセントラルイメージと、そして色を多用して、上手にマインドマップを描く。

このマインドマップは試験勉強的には、超有効。

 



こちらは演劇プロジェクトでの打合せ時に話を聞きながら書いたもの。
全く初めての、演劇での音響担当、というところでの知識と全体像の獲得はもちろん、そこでのプロジェクトでの進め方、あるいは、自分のテーマ(左上部)設定なども盛り込んだもの。

こういったマインドマップを書いているときには脳が全開なので、あらゆる関連することが脳内を飛び交い、そして、それらをノートにまとめていく。

 

 

 

 

 

そして、子供たちがリハーサルをしている最中に台本をマインドマップ化したものを見ながら全体像を確認し、詳細を理解していく。
 
 
毎日3~4枚は当たり前に書いている毎日。
 
そして、今日本当に書きたかったことは、、、
 
 
実は末娘が、「おとうさん、私もマインドマップ描く!!」といって書いた自己紹介マインドマップの話。
 
セントラルイメージを一緒に手伝ってあげたら、とーーーーってもいいものになって、彼女は飛び上がって喜んでいた。
 
これこれ!!
 
子供たちが変化していくさまを見るのほど、元気を与えてくれるものはない。
 
実は今日はそれが一番うれしかったのです。
 
 
そして、今日も子供たちと一日過ごしてあっという間に夜中になりました、とさ。
 
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

息子とずーっと一緒。

| | トラックバック(0)

松岡 克政(まつかつ)です。

 

くーーー、眠い。。。


昨日に引き続き、机でうたたねしてしまう。

今日は本当に息子と一緒、ずーーーーっと。

昨日仕入れた知恵も盛り込み、試験対策。

今日から、勉強はリビングではなく、別フロアでやることに。

そして、息子のあまりの、基本のできていなさに、夫婦で議論も。

うちの場合、なんだかんだと議論の後、

「勉強しなくてもいいよ、その準備が出来ていないなら。。。」

みたいな感じで、結局、突き放す方向へ向かう。

相当の努力を皆がしているわけだけれども、

最後は、当人のためにならなければ意味がない。

実は結構大変な時間、だったりするわけです。

 

 

 

で、夕方は子供二人が参画している演劇プロジェクトへ。

打合せの結果、僕もやはり音響担当をやることに。

そのときに描いたマインドマップをお見せしたかったのだけど、
まだまだ、そこまで滑らかに進まない。

演劇プロジェクトの方も、とーーーっても興味深い取組み。
今までとは全く違う世界で、僕もまた別のアンテナを広げられて楽しい。

 

まあ、なんとも面白いことだらけの日々だこと。

 

本当は書きたいこと、山ほどあるんだけど、
自分のこと振り返る時間がほとんどありません。

そして明日も同様の時間割です。

早く起きて、息子と今日の復習から始めないと、です。

 

PS フォトリーディング講座、おかげさまで近々の講座、全て満席になってしまいました。

   3月11,12日のみの平日講座のみ空いています。

   3月21,22日、もしかしたら大阪で初のフォトリーディング講座が出来るかもしれません。
   それと2月28日、3月1日講座は、会場を拡大する予定があり、
   2月過ぎに再募集が出来るかと思っています。
   ご希望の方、しばしお待ちください。

   お問い合わせ窓口 ご連絡いただければ、増席次第ご連絡することも可能です。

   では!!

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口