本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

入院中の読書と、いつものごとく、フォトリーディング、マインドマップなど

| | トラックバック(0)
まつかつ@病院です。

さっきの投稿「2週間強の期間、入院しての現状報告」の続きです。


■今考えることといただいた本

そして、今まで考えることから逃げてきた「死」とかについても、
今は考えるいい機会だとも思っている。

お見舞いに来てくれた方たちからいただいた素敵な本にも、
実はそういう部分に関係するところがある。本当に偶然なんだけど。


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを (PHP文庫) 目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを (PHP文庫) 渡辺 和子
Jさん、ありがとうございました。
じんわり深く、今の僕にぐっと来ました。
そして、偶然この本にも記述があった下記本。


 
夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 V.E.フランクル,霜山 徳爾

僕のデザイン事業パートナー、木全さんからの贈り物、彼の座右の書です。
僕も『7つの習慣』を読んだころから、いつか絶対読みたいと思っていた本です。
さすがに手術前は読むのはきついと思っていたんだけど、もう第三ステップ:フォトリードは済ませてあるので、あとはじっくり読むタイミングを待つのみ、です。


こういった本を通して、あるいは病室のおじいさんたち、あるいは患者さんの話を通して、この機会にじっくりと考えてみたいと思っています。


■その他の読書と、例のごとく、フォトリーディング、マインドマップ、ジーニアスコードについて
その他今(たった今、この2,3日という感じね)読んでいる本は、情報デザインに関する本。

s-SANY0696.jpg


それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン リチャード・S. ワーマン

この本は6年前に買っているんだけど、初めてしっかり読んでいる。
著者、リチャード・S. ワーマンは僕が将来そうなりたいと思える人の一人。
とっても素敵な生き方とアウトプットの方。


合わせて一緒にしシントピックリーディングしようと思っていたのが、この巨匠の本。

知の編集工学 (朝日文庫) 知の編集工学 (朝日文庫) 松岡 正剛

松岡正剛氏は、僕の叔父さんにあたる人、       というのはウソ(笑)。
もしかしたら家系図をたどって行くと、遠い親戚だと判明するかもしれない。
期待を込めて。

実は、僕の前職場、「日立製作所 デザイン研究所(現 デザイン本部)」では、松岡正剛氏とんほ共同研究をしていて、僕はその取り組みを、ひっじょおおおおおに興味深く遠巻きに見ていました。
(当時入社したばかりだったからね)。
そのときからの憧れの人です。

で、僕が買った1996年にはハードカバーだったんだけど、今は文庫なんだね。

どちらの本も、僕がフォトリーディングを知らなかったら、とっても読みきらずに積読(つんどく)だけになっていた本。
これらの本のフォトリーディングとマインドマップ化については、記録をとっていくので、後でフィードバックできるといいな。

実は僕はフォトリーディングとマインドマップはセットにしないほうがいいと思っているタイプの人間なんだけど、今回「それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン」をマインドマップと平行して読むことで新しい境地を見出した(ちょっとおおげさかな?)。

あるいは、入院中の投稿「初めて書いたマインドマップによる読書感想文(不謹慎でゴメン))」で、
s-SANY0593.jpg
クリックすると画像が大きく表示されます。

読書後に書くマインドマップがどれだけ自分の内面の感想を引き出しているかを目の当たりにしてしまったことを考えると、

はたまた「フォトリーディングの神髄について力説!with点滴(笑)」や、
小説『夜のピクニック』読了と、今の僕の小説の読み方」、
少しだけ論点がずれるけど、
ヒッポとフォトリーディングとマインドマップの共通項−1」なども考えると、

フォトリーディングとマインドマップの関係性について、さらに深い、今までと違った考察が出来ている時間のような気がする。


何回も書いているように、フォトリーディング(≒インプット)、マインドマップ(≒アウトプット)、さらにはジーニアスコード(≒スループット、頭の内部強化)のツールを用いて、「脳力」を強化していくことで、とても面白い、可能性に満ち満ちた人生のプロジェクトにたくさん関われるようになる確信がある。

そういった考察においても、こういう、効率的なアウトプットにとらわれない時間が意味を持つのでしょう。


当初、書こうとしていたことかなあ?
まあ、いいや。もうじき夕飯の時間です。

今日の午後の時間は、とても有意義、退屈せずに脳をフル稼働して過ごせました、とさ。






超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 入院中の読書と、いつものごとく、フォトリーディング、マインドマップなど

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.matsukatsu.com/web/mt-tb.cgi/1307


松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口