本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

2008年7月アーカイブ

病院脱出!

| | コメント(2) | トラックバック(0)
s-img315.jpg

まつかつ@退院直後です。

先ほど家族に迎えに来てもらい、
シャバに出てきました。

全てが新鮮。
そして もう 夏 なんですねぇ。

暑いや。

今は31(サーティーワン)アイスクリーム
今日31日は31%引き(対象商品のみ)になるって知ってた??



行儀が悪い写真ですが。

-----------------
sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

『翼』

| | コメント(4) | トラックバック(0)



今、村山由佳の『翼』読み終えました。
550ページの長編小説、
入院の最後の夜に、
なぜか不思議、吸い込まれるように読み切りました。。。


まだ眠くありません。退院までの時間を慈しむような???


様々な感情が渦巻く中、この睡眠によって、
一ヶ月の入院生活の振り返りを頭に整理してもらいましょう。




おやすみなさい。。。眠くないけど(笑)




翼―cry for the moon (集英社文庫) 翼―cry for the moon (集英社文庫) 村山 由佳
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
s-img313.jpg

まつかつ@退院前日、です。


写真は退院説明時の速記マインドマップとiMindMapによる質問事項リスト。

さっき院長と一家5人でお話をしてきました。



いやーぁ、散々でした(苦笑)。


何がって???


その前に、まずは経過報告等から。

基本的にはすべて順調で、早ければ2週間程度でPTBが取れるかもしれない。
「うまく行き過ぎているくらい順調」とのこと。

「だからこそ、気をつけてね」とのこと。



で、次は散々だったことを。


僕のことについて、「これでもかぁぁぁーーーー」というくらいに
ケチョンケチョンに言ってくださる。

基本的にはとてもいい先生。
腕はものすごく良いとの高評価を得ているようだし、実際とても安心できる。
コミュニケーション、比喩もわかりやすい。


その先生が言うんだから確かなのかもしれないけれども、
これでもかーーーー、というくらいにケチョンケチョンに言われると、、、
ちょっと考えてしまう。

僕がこれだけの低評価をいただくのは、妻とこの先生くらいなもの。
いやホントに。

まあ、先生の言い分に「我が意を得たり!」と嬉々としていた妻が、
一番僕のことを知っていることを考えると、
この先生、どれだけ鋭いか、はわかるものだけれど(苦笑)、
でも、ここまで面と向かってガツンガツン言われると考えちゃうよね。
決してへこみはしないけど)

早速、さっきのマインドマップに先生からの評価とその理由を記述した。

ちょっと分析。

答えはすぐ見えないけど、3つの要素が考えられた。

 1)過去の人間DB(データベース)から同様パターンの人間と私を同じに判断
   悪印象だった彼の人物評価にを私にもそのまま適用。
   なぜそう思うかというと、ところどころ「アレッ?」と思うズレがあるから。
 2)入院時(出会い時)に、先生の心象をひどく悪くするような行いをした。
   うーん、最初の診察の、わずかな空き時間に
   マインドマップの雑誌を取り出して、医療系の部分を説明したのがまずかったか?
ペンとノートで発想を広げる
   いや、それは半分冗談だけど、どこかにあったのかもしれないなあ。。。
 3)マインドマップに対する疑念が私の評価と重なっている
  (先生はマインドマップに対して(いやオレに対して)かなり懐疑的)
  紙を超えたらどうなるのか? 5年後の場合どう書いたらいいのか?等等。
  こっちも一個説明をとちっちゃったんだけどね。


多分、仕事関係においては、こういう関係になるようなお付き合いは
ないようにしている(早めに察知して判断する)から、
直面することは非常に限られているけど、僕のことを同様に捉えるヒトはいるだろうと思う。


反省すべきところは反省する。 大いに反省する。

でも、それでもあえて僕は思う。

「出る杭」でいよう、と。
(適切な言葉ではないのはわかっているけど、でも、あえてこの言葉を選んだ。)


自分の強みと弱みは背中合わせである。
弱みを改善することで強みが薄れてしまうなら、
そんなもったいないことは、僕は選ばない。

そもそも、オレの人生だからね。
オレが選ぶ。


、、、あああ、そうやって迷惑をかけてきた方がいっぱいいるんだよなあ。。。。
ごめんなさい。。。


弱気をちょっと脇において、

万人に好かれようなんて、思いません。

極論すれば、1000人に反対されても、たった一人に対して、とてつもなく役立てば、
僕はそれでいいと、思う。極論すれば、だけど。

まあ、ただ、そのバランスって難しいわな。
自分のことを一番わからないのが自分なんだから。


翻って(ひるがえって)、今回の院長の指摘には強く感謝しています。
そして、決して自分の周りをイエスマン、あるいは仲の良い者同士で固めないこと。
ビシッと批判してくれる知り合いを持っておくこと。

極論すれば、困ったとき、誰かに意見を求めたいならば、
こういう方にこそ、相談すべきなのだとも思う。

そして、周囲にはそういう人物は今までいなかったので、
(もっとも身近な あの偉大なるお方 を除いては(笑))

そういうご縁があったことを強く感謝しているのです。


あっ、こんな冷静な(?)判断が出来るのは、マインドマップを書いたからよ。
頭にあった沸騰寸前の思いを紙に移すことで、
 クールダウン、客観視、解釈、が出来た、という次第。

書きたいことは山ほどある、退院前日だけど、
このことは記録にとどめておきたくて。。。
書かせていただきました。

さて、タイトルは何にしよう。





超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

午前中2時間かけて書いていた記事が出来上がりました。

about this BLOG (and myself) ということで当BLOGの説明、NEWバージョンです。


書き始めたら、あっという間に時間が経ってしまった。
まあいつものとおり、文章的には△だろうけど、

でも、
 「大切なヒトに僕のBLOGを紹介するとしたらどう伝えるだろう」
という点からすれば、ある程度、表現できたのかな、とも思っている。


面白かったのは、最初は「about this BLOG」のつもりだったんだけど、
最終的には「about this BLOG (and myself)」になってしまったということ。

blogを説明するつもりが、自分について語り始めてしまっていた、というわけ(苦笑)


*****


改めて自分のblogをみると、これはとてつもない宝、だと思う。

4年間の積み重ねでもあり、もし、今からこれだけの記事を再現して書こうとしても

不可能 なわけだし。


そして、改めて、多くのヒトが登場しているのを目の当たりにして、

ああ、有り難や と 思うしかなかった。


ということで(?)、新しい当blogの概要紹介を是非ご覧くださいませ。

about this BLOG (and myself)
注:時間かかるかも、覚悟してね。



さあ、今日はこれから退院のための片付け開始です。



超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

明日退院なり。

| | トラックバック(0)



まつかつ@退院一日前です。

リハビリ、してます。結構、大変かも。

すっごい疲れが出ます。
昨日はあろうことか昼食後2時間も昼寝
(ある意味幸せ〜(笑))

理由を思うままに
 ・筋力が落ちているのと
 ・外界に対する情報処理能力も落ちている
 ・神経使う
 ・足むくんでいる (一部分に負荷増大)

まだ、PTB,松葉杖ともにお友達になれていないようですね。



明日の午前、退院です!

書きたいこと、いっぱいあったような気がしたけど、今は懸命にがんばるのみ。

ラストスパート! 、、、って、違うか?


PS コメントが書けないらしいとuchyから連絡あり。
   直せるかなあ、見てみますね。
   どうりで最近コメント少ないと思った(笑)。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング



まつかつ@病院です。

入院してからの日課だけど今朝はいつもと違う。
そう、いつもの車いすではなくて松葉杖&PTBで病院前へ。

本邦初公開、まつかつPTBです。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

今は消灯後、ベッドの上でBLOGを書いています。
21時消灯なんだけど、だいたい23時まで読書やPC作業をしています。

一方、日中がんばったときなどは
21時半とかに吸い込まれるように寝てしまったり、ということもあります。


病院という非日常ではすべてが興味深く、またニュースになりえるので、
書き出したらどこまでも止まらないくらいに書けてしまう。
(それが読みたいものかは別として)


ある意味では人生はゲームであり、僕ら一人一人はそのゲームの観察者でもあると思う。


今日松葉杖の許可が出て、早速病院内を歩き回った。
だいたい一時間くらい。

何回かに分けて、段々日常に近づけたりしていく。

たとえば、
 最初はゆっくり。
 段々早くしたり、
 エレベーターに松葉杖を挟んだり ←オイオイ。
 自分の姿を写真にとったり ←バカかい?
 今までと違う景色(高さが違うとぜんぜん印象が違う!)の病院を堪能したり、
 リュックの荷物を重くして実践向けにしたり、
 (用意周到なので、もう準備済み。
  だって車椅子と違って、荷物を手に持つことはできないのです。)
 会話をしながら歩いてみたり、
 松葉杖で立ったままケータイを取り出し電話をかけてみたり、
 階段にチャレンジしたり、
 病院の敷地内駐車場で斜めの場所を歩いてみたり、
 歩き方を再度意識して、 自分の癖を直そうとしたり
 (どうも小指側に荷重がかかっているらしい。)。。。。

松葉杖ひとつとってもやることはいーっぱい。
そして、今日初回と、明日やること、感じることは違うわけだから、
そして、そういうことに興味を持っていれば、
飽きることなんかないんだよね。


そんなこんなで(?)、今、当面の目指すことは
「日常生活が出来るように松葉杖(とPTB)とお友達になる」
なワケなんだけど、

その一方、ついでだから「歩く」ということに焦点を向けてみる、というのも
今ならではの面白いゲームだということに気づく。

これは、じつは昨日も書いた かずかずさんからの贈り物の本に
強く影響を受けている。
気分爽快!身体革命―だれもが身体のプロフェッショナルになれる! 気分爽快!身体革命―だれもが身体のプロフェッショナルになれる! 伊藤 昇,飛竜会

とってもシンプルなことを書いているんだけど、ここに書いてある、胴体の基本動作3つを数分やっただけで体が活性化する感じがした。

ネットで調べると、大層大層奥深いことが書かれていて、
 ・シンプル
 ・合理的
 ・美しい
といったことからも、この本にある体操は自分で試していきたいと思っている。
で、この本にいろんなことが書いてある。

ここで「胴体と連動させて足を動かす」とか「足は親指に力をいれる」という極意があったわけ。


やり進めてみまーす。


で、一時間の松葉杖リハビリの結果。

足、超むくんでしまった(笑)。

美しいカモシカのような右足と
張りぼてで抑揚のない左足。。。

【後で写真添付】

笑っちゃうくらいのコントラスト。

でも一方、今まで筋肉がなくなってしまっていた左足に
躍動感の兆しが見えたことも見逃していません。

そう、今日のリハビリから、左足に刺激を与え、筋肉が使われ始めたのです。

小さな一歩、大きな始まり!!


どこまでもダラダラ書いてしまうのが今の僕の困ったところ。
「時間の制約」というのは尊いもの、なんですね。


ここらでやめにして、別のことをしようかっな!


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

今から松葉杖+PTB によるリハビリ開始です。

久しぶりの立って見る世界は、今までの車いすの世界とは
だいぶ違った印象です!

土曜日にPTBが出来てから月曜まで、
ほぼ48時間お預けをくらっていました。

うれしいけど、ひさびさの歩行なので、
鬱血しています。
なんでも、足から上へ流れる血流、
しばらくやってなかったのと、
そのメカニズムは足裏の衝撃を利用しているから。

で、
僕がつけているPTBは足裏へ過重をかけないための器具だから。

まあ、最初はゆっくりならしていきますよ。


***


そして退院は急遽木曜日午前となりました。

・・・院長、全く予想を覆す答えを出してくる。
この入院中、いろいろ苦戦したけど、
一ヶ月じゃあ、予測は不可能な方でした(苦笑)。

看護婦さんたちの予想もはずれてたしねー。


***


あ、友人あんでぃこさんからのメールに
「看護婦さんと山手線ゲームやってんだぁ」って
書いてあったけど、、、


違いますっ!!!


「看護婦さんと山手線ゲーム」って言うと、
なんか楽しそう  (←男性陣、そうでしょ?)  だけど、

もし、そうやって読んでしまった人がいたら
(そこのあなた、あなたですよ~)

それは、その方の願望が、情報を自分勝手に作り替えてしまったんですねえ。

そういう方は、たとえば診断士の二次試験などは注意が必要です。
そうでなくても 危険 です。

思いこみは あなたの「無意識の前提」から作られるんですねぇ。。。


、、、なんでこんなこと書いてるんだろう、オレ。


まあ、退院のカウントダウンが始まり、

そして足首骨折の場合は、
退院は、始まりでしかない、ということが
だんだん見えてきている今日この頃です。

これから、当面は1.5ヶ月の松葉杖、
そして、その後1年後のボルトを取るところまで、
いや、その後も、慎重に大事にリハビリをしないと
いけないようです。

「リハビリが全ててである」とは知人からいただいた言葉。
今頃セミナーの最中です。
うまく行ってることを祈っています。


では!


-----------------
sent from W-ZERO3
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。


さきほど、ようやく皆さん全員のコメントに返信しました。


くだらないこと書いてるけど、コメントを書くノリって結構好きなんだよね。



さてさて、

なんか、こいつ(←まつかつのこと)、口やかましいよね、最近。

そう、箱の中にいるから、視野が狭くなっているんです。
エネルギーの発散の仕方が変になっているんです。


今朝の妻との電話で、いろいろと的確なフィードバックをもらいました。
(ありがとね!)


実は昨日の夕方から今日の昼くらいまで、PCを立ち上げませんでした。
仕事をする気も起きませんでした。
多分入院して、元気な状態の時には初めてのこと。

理由は、、、


気が乗らなかったから。



これはすこぶる大事なことだと思う。
気が乗らないときに、無理にやるのはエネルギーの無駄遣い (かなぁ?)。
いや、エネルギーの浪費 (←同じ事じゃねえ?)
うーん、エネルギーの衰退 (んっ???)


、、、まあ、よくわかんないけど、気が乗らなかったので、
PCは開きませんでした。まじめな読書もしませんでした。

でも眠くない。。。

だったので、軽ーい小説を(しかたなーく)読みました。


神様からひと言 神様からひと言 荻原 浩

うん、でも、まあ面白かったよ。

ただ、僕は小説にもディープなもの(笑)を求めているんだろうなぁと感じた。

いっつもディープじゃ息抜きできないじゃん? って思うでしょ。

なもんだから、昨日は手品もやってみただよ。
サイコロを使った手品を。



まあ、どうでもいいやね。
だらだら書きすぎ???


最近のBLOGのマインドマップやフォトリーディングの記述は、受講生の方達に役立っているものもあるようです(フィードバックくれた方々、ありがとうございます!)

もっとフィードバックくれれば、調子に乗っていっぱい書いてしまうかも。書かないかも。


うーん、寂しがりやだなあ、オレは。


で、気が乗らないのは治ったかい って?


治ったんですよ、お昼ころから。。。

何があったって?


・マインドマップ受講者かずかずさんからのプレゼント届く!
 
(ありがとうございます、あとで別トピックにしますね)
・PTB完成&装着!
・松葉杖のリハビリ、ついに開始。
・春夏秋冬キット到着
・退院予定のスケジュール組み、いよいよ秒読み。
・ドイツからJACKさん一時帰国
・好青年K君へのフォトリーディングアドバイス
・病院への、僕の骨折ドキュメント作成? などなど。。。

機が熟すのを待つのはとても大事なことです。
波が静かなときは 待つ。
波が乗っているときは 波に乗る!


そう、今の僕が結構激しく動いているように見えるのは、
「波に乗っている」からなのです。
自分でわかるから、多少は。

で、この骨折をきっかけとして、いや、骨折の有無に関わらず、
来年2月からはスピードダウンすることに 決めて います。

そう、自分で意図してやっているところがあるんです。


まあ、いいや、そんなに力説するなって(笑)。



あああ、あと読書としては、購入したけど、今までなかなか読むきっかけがなかったこの名著を再読はじめました。


コーチング・バイブル―人がよりよく生きるための新しいコミュニケーション手法 (Best solution) コーチング・バイブル―人がよりよく生きるための新しいコミュニケーション手法 (Best solution) ローラ ウィットワース,フィル サンダール,ヘンリー キムジーハウス

よい本だとわかっているけど、自分に役立つと理解しているけど、
でも、なかなか読み始められない本ってありませんか??

今回はそんな本を、目次を見て、自分が本当に読みたい部分を探し当て、そこから読みはじめをしたのです。そう、最初の風穴をあけるように。

好奇心がふくらまないうちは(気が乗らないうちは)読まないほうがいい、とさえ僕は思います。

で、読んでみた結果。
次々と自分の中に好奇心、質問が沸いてきて、他の部分も読みたくなる。
そこまで来れば、焦点が明確になっているから、フォトリーディングで Go!!!

そしたら、昔、目次をマインドマップ化したものが、今、役立つことがわかりました。


そして、アマゾンをチェックしてたら、
僕の勉強法の師匠であり、速読家でもあるMASAさん読書レビュー
とても参考になりました。44冊あるけど、彼のお勧めなら、僕は読みたいな、と素直に思える方です。

とりあえず、この辺で!
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

さあさ、さっきの投稿「だんだん楽しくなってきた♪ -1」の続き。
書き終えてみたら、話はあろうことか、予想できないところへと。。。

では、どうぞ!



・看護婦さんたちから相談が。。。
 なんのことはない、「東京23区、残り一区がわかんないんですけどぉ」だって。
 なんとか搾り出しました。地図を描きながら。
 答えは「中野区」でした。
 
 こうなると、きっと明日は「山手線」だろうな(笑)。
 「記憶のやり方」についてちょっと考えていました。

 それと、忙しい方たちではあるが、
 朝の7時~8時までは「お話タイム(?)」だったりするよう。
 明日は朝の自分の時間を早めて参加しようっかな ←バシッ!

 でも、参加してOK、って言われたもんねぇー。



・入院中のKさんにフォトリーディング、マインドマップを話す。
 好青年K君、僕より10日遅れで、同様の症状で入院。
 昨晩、将来の話をした流れで、まずはマインドマップというものを紹介。
 そして、フォトリーディングについては、
 まずはこの本を、書かれているとおり25分で読んでごらんよ! と渡す。


あなたもいままでの10倍速く本が読める あなたもいままでの10倍速く本が読める ポール・R・シーリィ

で、今朝フィードバックをもらったら、30分でかなりよい理解度で内容を捉えている。
「これは素質があるぞ(笑)」と思った僕は、
持参していたマインドマップに関する本4冊を渡し、
「これらの本で、読んだ内容を当てはめてやってみてごらんよ!」と。

多分彼のことだから、今晩には、
何がわかっていて、何がわかっていないか を僕に話してくれるだろう。

そしたら、僕は的確な回答を端的に、そして、「○○の部分を読んでごらんよ」と
話すだろう。

残りわずかな日数となったが、彼の今後にヒントとなるものが 芽生えれば いいな、と。


・退院の準備のための、看護婦Mさんとのやりとりにマインドマップを活用

ここ病院では、ノートPCが最大のお友達(笑)。
紙、ペンも常に用意できるようにしているけど、
いかんせん広げるだけのスペースと機動力が、弱い。

こんなときはiMindMap(Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション)の出番、なんですね。
入院してからiMindMapの使用頻度が高まっています。

例えばこんな使い方。


看護婦Mさんが午前の問診に来たとき、質問を投げかけてみた。
リハビリについての質問。

だけど、そのときは質問内容が明確じゃなかったので、
ちょっとまとめてみまーす、と伝えた。

Mさんはその間、他の方の問診。

そして3分後。
Mさんが来たので、3分で書き上げたマインドマップを見せた。

それがこれ。

s-matsubadueQA080725-1.jpg
で、このマインドマップを見ながら質問をしていった。

いろんな情報を教えてもらえた。


そしたら、
そしたら、今度は何をするか?

書き足すのです、振り返るのです、次のアクションを明確にするのです!

僕の座右の書である『インナーワーク』

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!

には「デブリーフ」ということで、何かをした後、それを振り返る方法が書いてある。

それをやってみました。
その結果のiMindMapが下記内容。

s-matsubadueQA080725-2.jpg

今回はみなさんが違いを識別できるよう、追加したところを赤い枝(ブランチ)と
してみました。

どうです?
基本の枝と追加の枝、そして何がわかって、どんなアクションを取る必要があって、
どんな気づきがあったのか、二つを比べるとよぉくわかるでしょ?

そして、書き直したわけではなくて、同じものに 書き加えた、というのも
マインドマップ的でしょ。
これはマインドマップの「ノート術」としての強みを生かした例。


で、内容に戻るけど、結局大事なのは
「どのような生活をするか?をしっかり把握し、リハビリの先生に的確な質問をすること!」
だと判明。

あとはこれをやれば、順調に次に進んでいくわけです。
そして、その他の気づきなども得られていく。


ちょっとベタなんですが、僕が5年くらい前から習慣化している
マインドマップおよび『インナーワーク』の使い方の一例を、
みなさんにわかりやすい形で提示させていただきました。

かなりベタだよなぁ。
こんなんで役立ちます?

役立つというのであれば、このようなTIPS(ヒント集)は
数百は出せると思うのですが、意味があるかどうか????




こんなかんなで、
(いや、これ以外にもメールでのやりとりが結構あって、
 そこもエキサイティングだということもあるんですが)
最近楽しくなってきているのは、やっぱり

人様のお役に立てる 実感  というものなんだろうと思う。

看護婦さんとお近づきになれた、とかでは決してないですよ(笑)

今回入院中に読み始めた下記本で問われているのは、

夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 V.E.フランクル,霜山 徳爾

補足:簡単な感想はこの投稿「入院生活、数日分まとめてレポート」に。


問われているのは、「人生の意味」について、でもあると思う。
アウシュビッツの極限状態の中で、人の生死を分けたのは、
まさにその部分だと著者は淡々と語る。。。


その淡々と書かれている文章を読んでの僕のイメージは、

「モノトーンの残酷な情景から、
人間にとっての生きることの本当の意味が、
あたかも、突然鮮やかな虹が広がり、そこに天から指し示すものが現れ、
そして、それと自分が一体化するような、そんなカタチで、表現されている。
そのとき、いままでのモノトーンの景色が、ユートピアのカラフルな景色へと、瞬間に切り替わる」

そんな感じがするんです。

それのミニチュア版が、今の僕に訪れてきているのかな? って
ちょっと感じた次第です。


多分、この最後のことを表現したくて、
今回のこの二つの投稿をしているんだろうな。


表現はパッション(情熱)です。

パッションの固まりを何かに外在化すれば、それがアート(芸術)なんだと思う。

で、あれば、我々人間は全員アーティスト なんだと思います。


、、、よくわかんないやぁ。
マインドマップ書いて整理してから書けって???


おっしゃるとおりだけど、
よく書いているように、
僕にとって、マインドマップ的な表現と、
こうやって時間軸に沿って、思いをそのまま文章化するのは、
違う意味を持っているわけなんですね。


まあ、いいや、この辺で。

では!


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

あまりにも、あまりにも、あまりにも多くのイベントがある。

ような気がする、箱庭の中にいるまつかつ選手です(笑)。


昨日から今朝ひとつとっても

・BLOGの修正

 入院直前までの、今までコメント欄に記入していたケータイからの投稿を、
 それぞれ一般投稿に直しました。

 それにより、2008年7月の投稿数はすでに34件(7/24時点)。
 いかに暇なのかがわかる(笑)。
 いや、いかに非日常の中で、感じること、伝えたいことが多いのかがわかる。
 (ということにしておいてください(笑))


 入院に関しては、いろんな表現方法がある中で、今の自分に出来る表現方法、ともいえるだろうか?
 結構、いろんな入院レポートのWebサイトをありがたく見させていただいています。

 こんなのとか、こんなのとか。
 ・「 ちゃありぃ's 骨折ダイヤリー」 ・・・このリンク先を見ていけば、足首骨折の方にとっての多くの情報が得られると思いますよ。 Fさん、情報提供、本当にありがとうございました!
 ・「松葉杖で歩こう」 ・・・この方、本当にいいセンスなんだから。好きだなあ、オレ。
 
 そして、それと合わせて、みなさんからのコメントへの返信もはじめました。
 20日前のものから。
 それにより、だいぶ何かが自分らしくなってきた感覚あり(言葉にはできないものだけど)


・朝のイベント
 6時台に外に出て、健康によいことをしています。
 朝、リフレッシュして、自分を世界を見つめなおすことは本当に重要。
 (わかっちゃいるけど、普段できないねぇ)

 そして、家族に電話をします。
 子供たちは今日から夏休み。
 最近毎日子供たちの「Good & (or) New (24時間以内にあったよいことなどを話す)」を
 聞いているような気がする(笑)。

この本を読んだ影響もあるんだろうかね(笑)
頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫 し 39-2) 頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫 し 39-2) 清水 克彦

・看護婦さん出張検査

 上記したように、朝は僕は病室にいない。
 ちゃんとそれは伝えているし、行き先表示板(?)にも記載している。

 で、昨日はわざわざ看護婦さん、僕の場所まで来てくれた。
 なに、やってくれるのは体温測定と脈拍測りと簡単な問診。

 で、昨日の方とは、看護婦業とこの病院について語り合う。
 きっかけは、ちょっとした問いかけから。
 いろいろ話して(といってもほんの数分ね)、
 最後に「問題解決が趣味なんです」とお話したら、
 「ああ、いろんな分野でお話できるから面白いよね」との返信。
 とても頭が切れる方だと思った。

 抽象 ←→ 具象 を行ったりきたりする頭の使い方、って奴ね。



とりあえずここまででいったん切ろう。
情報過多になってもしょうがないから。

今からお昼ご飯です。
本当にあっという間に時間が過ぎますね。

だんだん楽しくもなってきました。

なぜか?

理由は次の投稿 「だんだん楽しくなってきた♪ -2  その理由は?」へ(笑)。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

おれ、入院生活、向いているかも~(笑)。

このくらいのペース
(6時起床、21時消灯、その間病棟を行ったりきたり。三度の飯は規則正しく)
でやってても、結構仕事、やること、たっぷりあるよ。
読書もして思索にふけることもできるし、
入院中のおじちゃんたちとの話も貴重で新鮮だし。

今日のおじさまは、選挙のエキスパートだった方。
数十年で培ってきたノウハウと電子投票、政治家たちの話など。。。
お話をしだしたら、武勇伝などで1,5時間くらいあっという間。


あと2週間で退院???

あっという間だよぉ。
もうちょっといようかな(笑)

そういう感じになってきたのは、この場所でのペースがつかめてきたからだろうね。
仕事(セミナーの方)もあと1ヵ月半は休むことに決めてから、
腹が据わって、よい意味で力が抜けた。


うーーーん、
なんか気が乗らないなあ。

書きたかったことは山ほどあったはずなのに。。。
とりあえず箇条書きからスタート。
書ききらないと、多分明日気になっちゃうから。

●土曜日(7/19):PTB装具の測定をする
       ~全部写真に撮らせてもらいました。面白いよ。~
       【後で写真追加】  

●日曜日(7/20)

      ・情報デザイン関係の本のシントピックリーディング(もどき)
      ・子供たち来る。娘にペン回しを教える
      ・ついにマインドマップ特別講座のアイデアが湧き出る!

        ~マインドマップで描いた途中過程も記録済み~
        【後で写真追加】

●月曜日(7/21):念願の風呂に入る
      ~きたない?すみません。。。
       シャワーは何回か入れたけど風呂は、、、20日ぶり!
       怪我した足をしっかり洗い、傷口をよく眺めただよ~
       【後で写真追加】

●火曜日(7/22)

 読書 『イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集 5)
イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集 5) イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集 5) P.F.ドラッカー
 20分で前段部分を読むことで準備完了。
 僕には必要な本。
 なぜ、どういう思考で、この本から今回こういう読み方をしたのか?は
 フォトリーディングの実践的な方法として多くの方に参考になると思う。
 著者のメッセージを早期に理解し、そこを中心に読み解いていく方法。
 読書の戦略、とでもいおうか。

 でも、それの詳細を書く時間まではないんだよなあ。 許して。


 読書 『仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン 仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン トニー・ブザン
過去にも二回レビューしてきている
【速報】 『仕事に役立つマインドマップ』-1
『仕事に役立つマインドマップ』-2 POP作成

けど、正直、前回はフォトリーディングの活性化、うまくいかなかった。
大事な本だとおもうばかりに、焦点が絞れなくなってしまっていたのだ。
で、今回は気軽な気持ちで 事例 部分(グレーの背景部分)だけを読んで、
そして、ボールペンでポイントだと思う部分にしるしをつけていった。

そう、大事な本は何回にも分けて、だんだん理解していけばいい。

それから、この本に対するアマゾンのレビューは興味深いよ。
いろんな見解があるもんだ。

              

●水曜日(7/23):

 読書『夜と霧』一回目。
夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 V.E.フランクル,霜山 徳爾
 強烈。。。
 この淡々さが、きっと何度読んでも別の感情を抱かせるんだろうな。
 いつか読もうと思っていた本。
 木全さんが持ってきてくださった。ありがとうございます。

その他は、いろんな業務。

・リハビリのこと、ピラティス、水泳、食事、筋トレ、、、、
 情報提供くださったみなさん、ありがとうございます。
松葉杖の使い方の面白いサイト
 (この方のサイト、僕的には超お奨め!僕もこんな文章書きたいって感じ。例えばこれ
エクセル使いの仲間(koneさん)のサイト
 マクロ、すっげー。

こんな本も妻が買ってきてくれて読んでいます。

頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫 し 39-2) 頭のいい子のパパが「話していること」 (PHP文庫 し 39-2) 清水 克彦
結構ばかには出来ない内容でした。
食わず嫌いはいけないね。

本に関してはいくらでもフォトリーディングの具体的な方法や感想、その他書けることはあるんだけど、書くのは無理っしょ。
呼吸についていちいち記録しないのと同じ ←強引で意味わかんない説明(笑)。


気が済んだわけではないけど、もう寝るとしますか。

作家のような気ままな生活???


こんなんでいいんだろうか。


いや、きっとすぐに飽きてくる、はず(笑)。


うん、今、退屈(笑)。




超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

あちゃー、二日もBLOG更新しなかっただよ。

その間にBLOGネタ(?)が山ほどあって、こういうときはどうしよう?
って感じになります。

注:私はBLOGネタのために生きているのではありません

どうしようかな、つれづれなるままにリスト形式で吐き出してみますか!


ああ、その前に。

中小企業診断士の1次試験まであとわずかですね。
僕のBLOGにも、今でも(笑)わずかながら見に来てくださる方がいらっしゃいます。

僕自身このBLOGを始めたのは中小企業診断士資格試験勉強の記録のためでした。
当時、普通にサラリーマンしていました。

それが今はなんじゃい?
えらそうなことやっているわけです。

何がどうなるかわからないものです。


一生懸命やってみる。
楽しんでやってみる。
ライブな自分の時間を生きてみる。


その結果、みなさんは今の苦しい時期(本当に苦しいよね!)を
何かの「成果」に変えていくことが出来る、 そう思っています。


さて、自分自身の2005年の一次試験前のBLOGを読み返しました。
(リンクはあえて張りませんよ、
 みなさんはそんなことに逃避行せず、なによりも勉強です。)


やはり、お伝えしたいことは山ほど出てくるけど、
他の方たちもたくさん素晴らしいアドバイスしていることでしょうから、
成績がめっぽうわるかった僕ならではのものを。

当日まで実力は絶対に伸び続ける!

この言葉自体はよく聞く言葉だと思います。
でも僕が自信を持って言う理由は、、、、

僕は一次試験の模試、全部駄目駄目でした。
最後の7月頭の模試でも 4割5分 程度しか取れなかった。

そして、その後もなかなか手ごたえは得られなかった。
時間もどうがんばっても取れなかった。

でも、全くあきらめることなく(今考えると全く摩訶不思議としか言い様がないんだけど)
進めることができました。

そして最後の一週間で一気に伸びるイメージを描いて、
そこに向けてすべてのエネルギーを投下しました。

最後の一週間、モチベーションに気をつけながら、
やりましたよぉ、鬼のように。

もうこの一週間は自分にマインドコントロール、かけました。
意図的に。


みなさんも今までなんだかんだ言いながらたくさんの勉強をしてきているわけです。
後は出来るところだけを繰り返す。
当日の試験時のイメージをしっかり持つ。
 これは深いよ。
 当日朝起きて何をしているか?
 家族になんと言って家を出るか?
 電車内では何をしているか?
 会場では何をしている?
 試験が始まったら、試験の合間は?。。。

そうすると、逆算して、一週間前くらいからのスケジュールとかイメージ化
結構重要になってくるのです。

ここから先は、下記項目に興味がある人だけが読めばいいところです。
直前なのにやることが明確になっていなくて
一週間前くらいからのスケジュールとかイメージ化 をやれていなくて、
・でも、どうにかがんばろうと思っている方
・一時間を「計画」に割く事がまるっきり無駄だと思わない方

興味がある方のみ、下部をクリック!

ちなみに、あおっているのではありません。
みなさんに時間を有効に活用する判断基準を差し上げているのです。
では、どうぞ!




超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

さっきの投稿「2週間強の期間、入院しての現状報告」の続きです。


■今考えることといただいた本

そして、今まで考えることから逃げてきた「死」とかについても、
今は考えるいい機会だとも思っている。

お見舞いに来てくれた方たちからいただいた素敵な本にも、
実はそういう部分に関係するところがある。本当に偶然なんだけど。


目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを (PHP文庫) 目に見えないけれど大切なもの―あなたの心に安らぎと強さを (PHP文庫) 渡辺 和子
Jさん、ありがとうございました。
じんわり深く、今の僕にぐっと来ました。
そして、偶然この本にも記述があった下記本。


 
夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録 V.E.フランクル,霜山 徳爾

僕のデザイン事業パートナー、木全さんからの贈り物、彼の座右の書です。
僕も『7つの習慣』を読んだころから、いつか絶対読みたいと思っていた本です。
さすがに手術前は読むのはきついと思っていたんだけど、もう第三ステップ:フォトリードは済ませてあるので、あとはじっくり読むタイミングを待つのみ、です。


こういった本を通して、あるいは病室のおじいさんたち、あるいは患者さんの話を通して、この機会にじっくりと考えてみたいと思っています。


■その他の読書と、例のごとく、フォトリーディング、マインドマップ、ジーニアスコードについて
その他今(たった今、この2,3日という感じね)読んでいる本は、情報デザインに関する本。

s-SANY0696.jpg


それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン リチャード・S. ワーマン

この本は6年前に買っているんだけど、初めてしっかり読んでいる。
著者、リチャード・S. ワーマンは僕が将来そうなりたいと思える人の一人。
とっても素敵な生き方とアウトプットの方。


合わせて一緒にしシントピックリーディングしようと思っていたのが、この巨匠の本。

知の編集工学 (朝日文庫) 知の編集工学 (朝日文庫) 松岡 正剛

松岡正剛氏は、僕の叔父さんにあたる人、       というのはウソ(笑)。
もしかしたら家系図をたどって行くと、遠い親戚だと判明するかもしれない。
期待を込めて。

実は、僕の前職場、「日立製作所 デザイン研究所(現 デザイン本部)」では、松岡正剛氏とんほ共同研究をしていて、僕はその取り組みを、ひっじょおおおおおに興味深く遠巻きに見ていました。
(当時入社したばかりだったからね)。
そのときからの憧れの人です。

で、僕が買った1996年にはハードカバーだったんだけど、今は文庫なんだね。

どちらの本も、僕がフォトリーディングを知らなかったら、とっても読みきらずに積読(つんどく)だけになっていた本。
これらの本のフォトリーディングとマインドマップ化については、記録をとっていくので、後でフィードバックできるといいな。

実は僕はフォトリーディングとマインドマップはセットにしないほうがいいと思っているタイプの人間なんだけど、今回「それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン」をマインドマップと平行して読むことで新しい境地を見出した(ちょっとおおげさかな?)。

あるいは、入院中の投稿「初めて書いたマインドマップによる読書感想文(不謹慎でゴメン))」で、
s-SANY0593.jpg
クリックすると画像が大きく表示されます。

読書後に書くマインドマップがどれだけ自分の内面の感想を引き出しているかを目の当たりにしてしまったことを考えると、

はたまた「フォトリーディングの神髄について力説!with点滴(笑)」や、
小説『夜のピクニック』読了と、今の僕の小説の読み方」、
少しだけ論点がずれるけど、
ヒッポとフォトリーディングとマインドマップの共通項−1」なども考えると、

フォトリーディングとマインドマップの関係性について、さらに深い、今までと違った考察が出来ている時間のような気がする。


何回も書いているように、フォトリーディング(≒インプット)、マインドマップ(≒アウトプット)、さらにはジーニアスコード(≒スループット、頭の内部強化)のツールを用いて、「脳力」を強化していくことで、とても面白い、可能性に満ち満ちた人生のプロジェクトにたくさん関われるようになる確信がある。

そういった考察においても、こういう、効率的なアウトプットにとらわれない時間が意味を持つのでしょう。


当初、書こうとしていたことかなあ?
まあ、いいや。もうじき夕飯の時間です。

今日の午後の時間は、とても有意義、退屈せずに脳をフル稼働して過ごせました、とさ。






超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。


もう 飽きたよ~
おいらを外に出してよ~。


僕が出られる外といえば、病院の玄関自動ドアのところまで。
車椅子で外の空気を感じることと、通りを走る車、人を見ていること。

s-SANY0638.jpg

まるでアルプスの少女ハイジのクララではないか!
いや、クララはもうちょっと外まで動けたよね。
でも、クララは一生、ずっと車椅子だった(奇跡、起きたけどね!)。

何かと比べるのは無意味。

僕は僕の人生を生きるしかないのだから。


で、こんな贅沢な時間の中で何をしているか?といえば、
仕事、というかいろんなこと、しています。
いつもどおり、つれづれなるままに。


■作業場所

僕は仕事「環境」、とっても重視していて、
今回も条件の中で、一番よい場所を構築しつつあります。

今は僕の作業場所、3箇所あります。


1)ベッドの上
s-SANY0652.jpg
デフォルトの場所です。
メリット:いつでもすぐ作業開始できる。
デメリット:腰いたくなる。体勢悪し。


2)病室廊下の机があるところ
s-SANY0695.jpg
気分転換に。
メリット:ベッドから手軽に移動できる場所だし、窓から外の景色が見える。
デメリット:夕方は逆光でPCの画面がみにくい。テーブルの幅が狭すぎる ←贅沢言うな!


3)一階ロビーの丸テーブル

s-SANY0713.jpg
本格的な作業(病院休業日)に、あるいは打合せ場所に。
メリット:一番作業場所が広い。4人座れるテーブルだからね。
デメリット:診察時間帯は使いにくい。ヒトの行き来が多いため、集中力散漫になりやすい。


そんな感じ。

パソコンがあれば出来る仕事というのは、ある意味性質(たち)悪い。
パソコン持ってきちゃってるし。


■時間の区切り、リズム

一日、無制限に時間があると思うと、かえって無駄に過ごしてしまうもの。
今、僕の中では、時間をいくつかに区切っている。

a)目覚め~朝食前
b)朝食後~午前中
c-1)お昼~3時くらいまで
c-2)残りの午後(18時まで)
d)夕飯後~21時(消灯時間)まで
e)21時~寝るまで


a)は一番重要な時間
6時に顔拭きタオルが配られてから、夢日記を書いて、
そして一階の外、下界に出る。
呼吸法、体操、瞑想、アファメーションを唱える、
家族への電話、一部メール。
一日の予定の確認(あんまりないけど(笑))
この時間のすがすがしさでい一日の流れが決まる、とも思う。

朝の出勤の看護婦さんとも出会う時間
(どうでもいいね(笑))

b)は一番生産性が高い作業時間
一度場所を移動する感じになる。だらけないようにね。
一方、相部屋(全部で8人いる)のおじいちゃんの昔話を聞いて、
こっちまでもらい泣きしそうになったりするのもこの時間。
病院に来てまで、自分の時間を自分でコントロールしようとは思わない。
流れにそって過ごす。

だから、眠くなったら寝るのもよし ←なんと、贅沢なことよ!


ああ、もうめんどくさい(笑)。

c)は自分の中でだらだらしないため、区切っている。
面会が可能なのもこの時間(13時~18時)
d)、
e)はその日一日の文脈の中でやることがおのずから決まってくる。

今はそんな毎日。


■慣れ、上達

あらゆることに慣れてきた。
入院当日は、車椅子でエレベーターに乗ることさえ出来なかった。
(ボタンを押して、入ろうとする間にドアがしまってしまう!)

でも、今ではそんな心配まったくない。
車椅子は自由自在。
 
 スピンターン! ドリフト!  楽しいぞぉ。


車椅子でのスポーツってあるじゃん、バスケットボールとか。
ああいうの参加してみたいと思っちゃう。
僕が借りているのは普通の車椅子だと思うんだけど、
結構追従性が高いんだよえね。自分の意のままに動いてくれるんだよ。

他にも院長、看護婦さん、スタッフとの間の取り方もわかってきたよ。
彼らの考えていることがわかってくれば、こちらはどんな応対をとると
気持ちよくコミュニケーションできるか、見えてくる。
また、気心しれてくれば、いろんんなことがスムーズにいくしね。


やはり時間が経たないと見えないこともある、よね。


■整形外科と若さ、健康など

それから僕の病室の多くの人が「整形外科」の患者さん。
事故とかで怪我したヒトね。

だから、体の一部は痛々しいけど、心と、怪我以外の箇所は元気な人が多いわけ。
おそらく、一番健康的(こういう言い方が適切かはわからないけど)な病室。

そこで、だんだんといろんなヒトとお話していく。

それから 若さ 健康とは何か? ということにも直面する。

僕は比較的若い方。
そうすると、術後の経過も早いほう。

気持ちが若かろうとなんだろうと、体の活性度はやはり年齢に比例するところはあるわけで、
ご年配の方、あるいは、僕より若い大学生(僕とほぼ同様の症状で入院してきた)をみていると、
若さ 健康 について考えざるを得ない。


長くなっちゃったので続きは次の投稿「入院中の読書と、例のごとく、フォトリーディング、マインドマップなど」へ。








超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

淡々とiMindMap。

| | トラックバック(0)
まつかつ@病院です。

二日くらい前から、淡々と入院生活をするようになりました。

もうはしゃぐのはおしまい(笑)。


この生活にも慣れて、ある意味「日常」になったってことだね。
(それも怖いことだが(笑))

そして、昨晩の投稿「やべ、これが入院の試練か???」を終えた後、
書いたとおりiMindMapで今の状況をパソコン上に落としてみました。

簡単な絵だけど、1時間かけて考えた末の結果です。

s-panic080717-2.jpg
上記のiMindMap画像をクリックすると拡大します。


それによって、多分初めて、入院の痛手、自分の振舞い方、を受け入れられたのだと思います。

腹が据わりました。


表面上は相変わらずのバカ男、かもしれません。

でも昨日のiMindMap化により、この入院を、より深く、
自分のものとすることができた、と後で振り返れる、そんな出来事でした。


書きたいことは山ほどあるけど、今日ももういいや。


・iMindMapを最近多用する理由と、iMindMapが適した環境についての考察

・iMindMapで自分の思考をどこまで表現できるか?
 手描きとの相違など

Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

・今日読んだ本:なぜ購入したのか?~その本におけるフォトリーディング(?)までの一連の体験。


3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術 3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術 マーク富岡


きっとそれぞれ書き出したらとまらなくなるくらいの
気づきや考察があるのだけどね。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
s-img310.jpg

まつかつ@病院です。
写真は車椅子から見た景色。
無事手術終了の左足は今日晴れて「抜糸」も完了!

でも、

途方に明け暮れる消灯時間の直後です。


一日のさまざまな切り口でBLOG投稿できるだけのネタは、ある。
特に今日は。

でも、今日一日をどう判断するかと言えば、一日が最後まで終わったときになろう。


今は混乱の最中。。。



まさに人生の縮図。いいこともあれば悪いこともある。
もっと言えば、「いいこと」、「わるいこと」なんて、どの時点で
判断するかによって、まったく変わってくるでしょ?
(今はそう思いたい。)

そして、そもそもいいこと、悪いことなんて、ないんだ、という風に考えていくものなんだろうけど。。。


混乱、、、


それは、その渦中は決して心地よいものではない。
これからどうなっていくか 不安 で ならない、
自分にこの状態を切り抜けられるのだろうか?
自分はそれだけの能力はあるんだろうか?
覚悟はできているんだろうか?
自分、信じてる???


確かに混乱の数(量×質)分だけ、自分は成長させてもらっているのだとは思う。
その過去が今のよりどころとなっていっているのだとも思う。

でもね、混乱は、正直つらいよね。。。



ふと思った。

この混乱の中心には何がある???


自分がいる。
逆に言うと 自分しか いない。


自分はどれだけのもの?


ちっぽけ、だよね。 うん、ちっぽけ。
人生を生きれば生きるほど、本来痛感していくものだと思う。
自分、そうじゃなかったけど、、、 →反省。。。


「自分」 なんて ちっぽけなもの 手放しちまいなよ!!!


そう。 「手放す」。


手放すには「勇気」がいるよね。
「覚悟」がいるよね。

手放したら必ず「変化」していっちゃうよね。


でも、「変化」が必要だから 頭は混乱しているんだよね???
今の枠組みでは対応できないから混乱しているわけだ。


じゃあ、「手放そう。」 「忘れよう。」

きっとどうにかなるさ!!!


命さえとられなきゃ、どうにかなるさ、きっと、きっと (笑)。



こんなときは混乱時に描くマインドマップ、ひさびさにやってみるかな。
頭の中のもの、全部引っ張り出して、後はさっさと寝るようにしてみよう。
あるいは楽しい小説なんか読んじゃおうかな。


昨日までのように出来事を逐一書くこともできたんだろうけど、
今、この瞬間の思いを表現するとしたら、こうなってしまいましたとさ。


、、、きっと、人生に厚みが出ることでしょう(笑)。


さまざまなみなさんにお詫びのご連絡を差し上げることになると思います。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
s-img309.jpg



まつかつ@病院、夕暮れです。

病室外の窓から見える風景。。。

小さな世界にいれば、その世界の枠を 最大としたうえでの大きな感情の起伏があり、

大きな世界では、それに同調した、感情、出来事の起伏が、ある。





今の世界、そして、今まで生きてきた世界、

どれくらいの大きさ???



その枠の大きさぶんの、思考、行動、感情なんだろうなぁ。自分の限界、っていうのは。。。



蛇足だけど、小さくても深さがあれば素晴らしいわけで、それが、職人さんが、世界を語れるということ、なんでしょう。



要は 「密度」 なんでしょうね。「量」×「質」の。





いけね、蛇足を書いたら、文章のゲシュタルトが変わっちまった。でもいいや、タイトル、変えないでおく。

-----------------sent from W-ZERO3


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング



病室外にある公衆電話からいろんな人に電話しました。


という風にテスト投稿してみたのは、ケータイから画像添付できるかどうか?

だったのでした。

画質は荒い(今回のぶれはもともとですが)ですが、

この方がいいね。

そして、今回の改良(?)は、デジカメのSDカードで取った画像を
僕のPHS(WILLCOM W-ZERO3 ES)のSDカードスロットに入れて、
MTmailという、ケータイからMovable Type(僕のBLOG投稿システム)に
モブログを投稿できるシステムで画像添付してみた、ということなんです。
(なんのこっちゃ?という感じですね(笑))


これからだいぶ表現力が高まりますよ、入院中でも。


僕の中でもBLOGに画像が入っていないのは
「色気」がなくて、とってもつまんない。

人生はイメージ豊か、カラフルな世界なのに、
そんなに文字ばかりに頼って表現しなくてもいいじゃん!と
今は自然に思う。

ホンの数年前まではそんなこと思いもしなかったけど。。。

マインドマップは、単なるノート術を超えて、僕の頭のOSを
大人の論理脳+子供のころの豊かさ があるものに変えてくれた。

どこからどんなきっかけで、何がどう変わるか、なんて
わからないものです。



今日一日の振り返りです。
入院してからはじめての大部屋での一日。


かなり充実して仕事ができました???

そのうち、パソコンと書類をベッド中にちらかして、
いつもと変わらないような時間も持つことになるでしょう。

一方、今しかできないことは忘れないようにやっていきます。
なんだかんだいったって、仕事の生産性、この条件で、いいわけないんだし。

普段できないこと、積極的に(だらけることも、時間を忘れることも含め)やっていきます。



さていろいろありすぎるので、キーワードレベルで。


・WindowsのIME(日本語変換ソフト)、修復しました。
 この2ヶ月くらい壊れたままで我慢していたんだけど、
 ぐぐったら、なんだよ、簡単に直せるじゃん!!!
 (そして、今参考にしたURLをコピペしたら気づいたんだけど、僕が以前いた会社のサイトでした。
 それも、僕がデザイン、情報構築等をやっていたサイトのうちのひとつ、そのものでした。
 あの仲間たちは元気かなあ??そしてサンクスでした。
 ・・・・とととそのうちに会社のトップページに行って、今後の方針発表まで見ちゃいました(笑)。
 僕には痛々しくみえてしょうがない。。。 
  もともと能力がある人が集まっているはずなのに、これじゃあ、だめだよ。。。
 こっちは自由に身軽に動けるから、元の職場にいたときの50~100倍の密度の時間を過ごしている感覚あり。)

 で、IMEをなおせば、「MM」と入れてエンターキーを押せば「マインドマップ」と出るわけですよ。
 また、「まつまい」と入れれば、まつかつのマインドマップ講座に関するURLがたくさん出るんですよ。たとえば「http://www.matsukatsu.com/mindmap/mousikomi.html」とね。
 しこたま登録してあるから。

そうだなあ、この生産性の違いは少なくても35%はあるね。
絶対時間だけじゃなくて、「快適性」「創造性の邪魔を除く」といった質も含めると、もっと違うんだろうなあ。
そして、この2ヶ月、そういう辞書を作りこむ機会損失をしていたので、
だいぶ、もったいない時間でした、結果的には。

まあ、反省しつつも、無駄は大事、いつ、どんなときでも。。



ホメオパシー

昨日のJさんとの会話でもキーになった代替医療のひとつなんだけど、知ってます?


ホメオパシーウィキペディア(Wikipedia)


これは僕にとってはじめてのものではなかったんだよね。
以前から不思議な縁で知っていた。

そもそも、ホリスティックという概念に強く共感を覚えていて、
さらに体については「自己治癒力」を信じているほう。

これとここで再会したのは不思議な縁かもしれない。

そして、ホメオパシーも含めた医療を「代替医療」というようなんだけど、
そのリスト(代替医療一覧 ウィキペディア(Wikipedia)より)
を見てみたら、結構いっぱいあるんだね。
知っているもの、やってきたものもあったけどね。


その他。

・家族との電話
 (子供たち、かわいーよー)

・入院の日々のマインドマップの変化
 (だんだん単なるメモ以上のものに)

・オフィスに関する事件。今後どうなる???
 (詳細はこうご期待! って笑ってられないって。)


今日はもうこの辺でギブアップ。

書きたい気づきがありすぎるんだけども。。。



そうそう、東京でのマインドマップ講座、
それからフォトリーディング講座もどんどん計画し始めました。

8月2日の新宿開催のマインドマップ講座は人数がまだ、5名!
少ないと密度濃いから絶対お勧めですよ!!!

それとフォトリーディング大阪講座の振り替え時期も検討中です。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

まつかつ@病院です。

今、小説『夜のピクニック』、読み終わりました。

夜のピクニック 夜のピクニック 恩田 陸


高校時代、そして「あるこう会」というサークルに属していた大学時代、いろんなことが思い出されて、、、 いい時間でした。



こんなに小説を読んで、そこで感じいって(病院で読んだもの、全冊 涙でてるし)、何を見いだすのだろう。。。





というところにとんでもないニュースが!!!僕のオフィスが、、、、、

《続く》 (笑)-----------------sent from W-ZERO3



フォトリーダーとしての小説の読み方の解説、下部に記載しています。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
まつかつ@病院です。

いやあ、今日もいろいろあった。

経過は順調です。
だいぶ身動きが楽になってきました。
傷口の縫い目(足首左右にたっぷりのまちでふくらんでますよぉ)も
見ちゃったけど、きっと順調です。


今日は午前、一緒の病室で6日間ご一緒した三輪さんが退院されて、さみしいなあと思っていて、
でも、個室状態だから仕事がたっぷりできるぞぉ、と思っていた昼下がり、
大阪から、Jさんが来てくださいました。
Jさんといえば、僕のマインドマップサイトの実例集にも登場いただいている方です。
もうひとつ言えばBLOG記事:「強烈なお話。」のお相手の方です。

今日、約束していたのを忘れていました(笑)。

で、Jさんとは そうだなあ 宇宙語の会話
(普通の人とは話さないような、抽象度が高かったり一般には??と思うような内容)を
3時間、たっぷりお話しさせていただきました。

今までで合計、そうだなあ10時間もお話していないはずなんだけど、
でも、かなり深いところで理解しあえるような不思議な関係です。

本当に貴重なお話と 心の滋養 、でしたね。

多分書き出したらいくらでも書けるし、でも宇宙語なので、
ちょっと不可解になってしまうだろうから(笑)、「記録」はやめ、
今日一日であったほかのことも絡めていきましょう。


まず、お昼に看護助手の方から相談を受けました。
伏線が一昨日にあったのだけれど、それはおいておき、
やはり、マインドマップを使って、現状把握と、今後どうしたらよいかを
書いていってあげました(笑)。

で、彼女は僕の部屋でいろいろ話たいものだから、
体を拭くふりをしたりしながら、かれこれ20分以上お話したのでした。

(kuroさんがBLOGに紹介してくれたような「会話」だけでなくて、「悩み相談」までも
マインドマップ導入が、始まっちゃったぞい。

まだちょっと早すぎるような気がしていたんだけども(笑))

またあさって再度の打ち合わせ(笑)があります。



いろんな人と仲良くなっていく。。。

最初は鬼だと思っていた看護婦さんは、実は優しい人で
(でも、それを感じたのは手術日の激痛の時だったから、そう天使に見えるものです、
 などと言ったら、また怒られるんだろうなあ)、

院長先生にも最初は苦言を言われたけど、今では苦笑しながら、
僕のことも少し理解してくれてきているような気配はするし、

お掃除のおばさんはもちろん(僕は掃除のおばさんとはいつも仲良くなってしまう)、、、

こんな感じで行くと退院時は結構さみしくなっちゃうんだろうなあ。。。



などということは、小さなことで、大きな変化について。
今日の午後から大部屋に移ったんです。
8人部屋。

僕の大荷物がどうなるか?とおもいきや、
結構うまく収まりました。
(Jさんに手伝ってもらいました、多謝!)

移動図書館と化しているスーツケースには40冊以上の本が。。。

でも大丈夫。


そして、Jさんとの会話で、僕の今回の事故の意味と、
そこでの焦点を当てるものが、より明確に見えてきたのでした。


もう消灯しないといけないでしょう、大部屋一年生なので。


ぜんぜん書ききれないや。
でもひとつ言える事。
「限りなく贅沢な時間をすごさせてもらっています!!」



あああ、どうも不評だったiMindMapの図を小さく読めるようにしましたので、
再度ご確認くださいませ。

s-matsukatsu_hospital_iMindMap080702~.jpg
上記のiMindMap画像をクリックすると拡大します(1024×1024ピクセル)。
大きすぎて申し訳ないくらいです。面倒なので許してください

普通の画面で見えるように調整しました。(08.07.14)



超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

まつかつ@病院です。

さっきペパチェのBLOGを荒らしに行ってきました。いろんなネットワークが張り巡らされているから、わかっちゃうんだゾ(笑)。



そう、昨晩18時過ぎから約2時間、ペパチェちゃんが、僕にいじられにわざわざ病院まで来てくれたのです。

聞けば、今最高の上司とがっちり組んで仕事に全力投球、「女は封印っすよ、フッ」と言うほどの没頭ぶりで(ごめーーんペパチェ)、週末も仕事をしているというのに、、、、それなのに、、、わざわざアクセスの悪いこんなところまでいじられに来るあたり、可愛いんだよなあ(笑)



で、お話したのは、、、やっぱり共通項と相違点、そして最短のゴール到達への取り組み方、ざっとこの辺になるのでしょう。



僕も彼も研修ということをやっている部分がある。コンサルタントでもある。自分いじめが好きなヤツでもある(笑)。そう、言い方を変えれば人生のチャレンジャーでもある。

そしてなにより、自分の人生を楽しみきるという「覚悟」を決めた人間でもある。

なので、話題はディープなところにも行くのである。



今回ポイントはペパチェの研修対象が「経営コンサルタント(の卵)」である点でした。そして、もう一つ。僕がマインドマップ&フォトリーディングインストラクターとして見てきている世界、そしてそれが目指そうとしている世界が、実は結構な先進性と汎用性を持っているがため、双方の話が相手にインスピレーションを与えるものになったのでしょう。

そして、こここそが、僕の、もしかしたら唯一の武器。(ここ が 何か は 今はあえて書かない)

であれば、僕はもっともっと人生を拡張していくことが、僕の必然なのかもしれない。



、、、おっと、拡張させていくのに、物理的に動き回ることだけが必要なんじゃぁありません。拡張も、外側 と 内側 に、 未知 と 既知 とに全包囲にやっていくものだから。



、、、あああ、でも、今は、どうがんばっても、5体満足のときの 6割 までしかやれないやね。そう、6割なんですよ、どうがんばっても。。。





、、、いや、そう言う比較の観点はもったいない。4割削れた分が、別の宝の発見に結びつくんです。



あわてず、落ち着いて、今をしっかり受け止めて。。。



ということで、今回のペパチェとの会話のクライマックスの話はできないまま、今も終了になっちまいました、とサ。

おしまい。


追記

ペパチェさんの記念撮影。
「俺の本ももうじき出版されて、面が割れるから、写真、いいっすよ、フッ」と、BLOG掲載を許可してくれました。 (だよね?)
手に持っているのは、今回いただいたとても素敵な本を3冊です。
ペパチェ、センスいいよ、なかなかだね!

s-SANY0636.jpg


-----------------sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

まつかつ@病院です。

kurogenkokuさんとお別れした後、ヒッポの仲間、ノリダーが来た。といっても、たまたまノリダーのお母さんが同じ病院に入院していて、前回偶然会ったからなのだが。

ノリダー? それはもちろん本名ではなく、ヒッポ専用のあだ名です。

そしてノリダーとマリリン(奥様)は僕がヒッポでお世話になっていた地域の中核メンバーだった人。

前回、入院翌日(?)にも会ったことだけを書いたけど、ヒッポのメンバーと会うと、空っていなかった時間が圧縮され、昨日まで会っていた仲間のように会話が出来る。

これは普通に考えると不思議だけど、ヒッポでやってきた、「本当のことば」=コミュニケーションの原点、を考えると全く不思議ではない。

ヒッポでは僕らは、まるで赤ちゃんのようにことばを習得することを やる。



で、 で、だけど、

なかなか本筋にたどり着けない。

次に書きたい記事がスタンバっているのに。。。(笑)



で、今日ノリダーと話したのは、ヒッポとマインドマップの共通項について。

前回はヒッポとフォトリーディングとの共通項について、図示しながら3人で語り合っています。

その内容は、ヒッポとフォトリーディングの原理について。ヒッポで話せるようになることと、フォトリーディングで高速情報処理ができるようになることが、実は脳の構造を、とある模式図で描くことでわかりやすく説明できる!!!

そんなことをお話したのでした。ああ、ついでにいうと(というか、もっと大事なことに)、そのヒッポでどんどん言葉が話せていくプロセスを、マインドマップで伝えたら、ものすごいことになるよ、というところまで話したのでした。

ヒッポのもったいないところは、あの素晴らしいプレゼンテーションの時間と空間(特にイヤロン:イヤーロングプログラム 高校生による一年間の留学体験など)が、一瞬の打ち上げ花火のようでもあって、再現性が ない(と断言していいか???)ところ。



そこにマインドマップを持ってくれば、当人が、周囲の人間がどんどんブランチを追加していくことで、一つのホームステイで、たぶん模造紙一枚くらい(いや、それ以上だね)のマインドマップが仕上がることは容易に想像できる。

そして、それはヒッポの有形無形の財産になっていく。



我が愛すべきヒッポファミリークラブの活動の魅力を知らない人に伝えていくには、もっと「蓄積」をしていくことが必要!そしてその一例はこんなものである!などといったことを話したのが、前回でした(笑)。



今回の話、、ヒッポとマインドマップの共通項について は今は力つきて書けないけど、一言でいうと、「その危険性とビジネスモデルの共通項」です。

面白そうでしょ?



たぶんこんなことを考え(られ)るのは世界中で一人しかいません。そして、今はあんまり求められていないことかも知れない、ニッチだからね。

でもいいんです。

独自の切り口で世界を観る視点を強化していくこと。その切り口は、もっと「らくー」になにかをやる視点、取り組みを通して強化される。

これが僕の一生涯かけてやっていきたいことの基礎にある視点ですから。





ああ、たのし。人と一緒に何かを見つけていくこと、作り出していくこと、、、僕のライフワーク、ですね。



次は、あの優秀な経営コンサルタント、ペパチェ君登場!さっきまで2時間程度一緒にお話をしていました。今日中に書けるかな???



ああ、そうです。事後報告ですみませんが、大阪と福岡のマインドマップ講座に関しては7月8月とキャンセルさせていただきました。(お申し込み頂いた方、大変すみませんでした。 松葉杖ではきつい距離なので、ご理解いただければと思います。)

一方、東京講座は8月にもう一回程度開催するよう計画中です。

たとえ松葉杖でも、相当元気だと思います(笑)。また、入院期間中に描いたマインドマップも全部公開いたします。黒一色で、痛みの中で、何をどう描いたのか???興味ある方にはたまらないですね ←誰が興味あんねん???



では、もうじき消灯です。。。











-----------------sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

まつかつ@病院です。

なんと、kurogenkokuさん登場です。

秩父からはるばる、と思っていたら、都内での研究会で飲み過ぎ(想定内(笑))、ホテル宿泊となった帰りにきてくださいました。(でも、どちらにせよ、遠路はるばるありがとうございました!)

話題は、そう、秩父&中小企業診断士ネタです。kurogenkokuさんが最近やっている経営相談、経営革新、秩父の素晴らしい仲間たちの話など、1時間くらいがあっと言う間に経ってしまいました。

(みなさん、ホントがんばってますね!引き続きエールを送ります、病室から(笑))

そしてマインドマップ基礎講座を終えたみなさんがデニーズで作り上げたMTBレース場企画もどんどん加速している現状を聞き、とてもうれしくなりました。





こういう動きを聞いていてつくづく思うんだけど、kurogenkokuさんて成果を「作り出せる」人だなあと。

この 作り出す というのは、それだけの、相当な基礎力(体力、知力、魅力)を身につける努力をしていて初めて出来ること、だと思うので、おいそれと普通の人がまねできる領域のことではありません。

そして彼と接すると「中小企業診断士、かくあるべし!」 という姿、それも自然体でのありようが目の前に現れているものだから、背筋がしゃんと伸びます。刺激を受けます。一緒にやりたいことが浮かびます。

そう、いい仲間がたくさんいる!!本当に有り難いことです。





いやぁ、いい時間だった。





小説読んでる場合じゃありません。(僕にとって、たまには、とーってもいいものだけど)

やっぱ生の人と接して、そこに産まれる「何か」と関われること、それに勝るものはありません。



ということで、早く回復して動き回れるように、プチリハビリです。

オイッチニ、サンシ、ニイニッサンシ!









-----------------sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

7転び8起き の精神で

| | トラックバック(0)

まつかつ@病院です。

今目を覚まして、これからご飯。食っちゃ寝食っちゃ寝の生活、再開 (笑)。



ある意味、振り出しに戻ったようでもある。

というのは、ここに入院した7月2日、初めての車いす、痛みにおもうように動けず、とてももどかしい思いをしていたから。

そして、手術後、足はさらに腫れ、最初はトイレもおむつと尿管に管(相変わらず生々しくてすんません)で、24時間はもんどり打って、悲鳴を上げて痛みをこらえていたのが(そう、僕は、痛みにとてつもなく弱い男、笑ってやってください)、さっき車いすでトイレに行き、自分でトイレを選択できるようになった!! から。

そう、着実に進んでいるのです。 7転び8起き ですかね。



ようやく、痛みよりも睡眠欲求が強くなって、寝ることもできるようになった。



そして起きたらケータイ(PHS)をチェックする。様々なお見舞いメールと、今まで作成してある、マインドマップとフォトリーディングのメーリングリストからうれしい声が聞こえてくる。



そうだよなあ、これは人生の縮図である、かも。

人とつながっていて、そしてそれぞれの人は自分を変革しようと、よりよい自分になろうと、それこそ 7転び8起き しているんです。



僕自身のダメダメ人生から、人は必ずよりよく変化していくと信じている。

生き方、やり方、考え方、などの「かた」を、自分に合ったものに合わせていくことをしていけばいいんだと思う。



そう 7転び8起き の精神で、ね。失敗なんてどこにもないから、さ。



では、夕飯です。今日も 復活のためにも しずかしずかに していようと思います。



-----------------sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

24時間の悪夢 ?

| | トラックバック(0)

困ったねえ、なにをどう書いたらいいんだか。。。



  完敗  です。



痛さに打ちひしがれています。

だらだら書くのはカッコ悪すぎるし、それだけの体力は痛みとの戦いに取っておくべきでしょうから。。。

手術はおかげさまで無事に終わりました。



でもこんな痛み 「聞いてないよぉ」。。。



24時間の悪夢、とでも名付けておきましょう。想像を遙かに越えていました。





だんだん元気になるから、ね。

コメント返信できないけど、楽しみにしています。-----------------sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

おはようございます。まつかつ@病院@ケータイです。

なんとかすっきり目覚めました。さあて、今日はいっぱい書くぞぉ、の気持ち(笑)。

痛み止めがきれて、痛くなる予感、だけど楽しいことをして痛みを忘れるのだ!

、、、という意味では準備はぬかりなくやってきた、と言えるかも。



今日用の小説3冊はフォトリーディングしてそして後書きを読んで、興味を募らせて、どれをいつ読もうか当たりをつける(笑)。

病院に持参している本は約40冊(笑)。看護婦さんが本がスーツケースいっぱいに入ってるのを見たとき、たいそうびっくりしていた。

血とか内蔵とか平気な人たちなのに(笑)。



***この間に手術準備のための浣腸と(汚くてすみません)点滴をやられる***



持参したほとんどの本はすでにフォトリード(第三ステップね)を済ませてある。

小説も当然フォトリードしてから高速リーディング。(ということで5つくらい前の投稿のマインドマップによる読書感想文ってやつも当然フォトリードずみ。 ウィズさん、Ok?)

とはいっても、本当にひさしぶりの 時間 なので別に 高速 にはこだわらない。

いつも ある意味 高速 なんだからこんな時くらい 時間気にせず読んでもいいでしょ?



とはいえ、今までに病院で読んだ(情報処理した)小説以外の本は5冊くらい、(それぞれ結構分厚いよ。)とても意義深いものでした。



こういう機会だから一つ一つ、どんな風にアプローチしてどう言う部分を取り込んだのか書きたいけど、左手に刺している点滴が邪魔(笑)。





フォトリーディングのいいところは、いくつもあるけど、今この文脈で記すと、、、

・著者と自分と対話をしながらの主体的な読書

・(それによるところも大だが) 自分の過去の得た情報が今ここで再再生される感じ 感覚的に言うと「ああ、つながった!」 という感じ。



よく指摘を受けるので、ここでも主張したいけどフォトリーディングは、軽薄短小な情報処理術では、ない。

その神髄はヒューマ二ティーあふれる人間と情報との関わり、学び方を学ぶプロトコル(手順)、自分(の持っている人としての能力)を信じること、それにより、、、  ここではこれ以上はやめよう((笑)。

どんな道具、方法論でもそうだけど 「使いよう」 だよね?メスとなるかドスとなるか。

それを理解するには、やはり開発者の真意とそのツールの神髄までも知るのがいい。



そんな時間ない??



じゃあフォトリーディングしてごらん(笑)。著者に「このツールの神髄はなんですか?」って。そしたら著者はあなたに教えてくれるから。15分程度、本を通して、直接対話をすることで。

あなたも著者も(?)忙しい。

だから、また会いたくなるまで本は本棚へ!



でも興味があったら、また会いたくなるでしょ!そしたらまた会えばいいんです。15分でも30分でも。

そうやって、たくさんの著者に会いながらあなたにとっての座右の書と出会っていくんです。そして、その座右の書は、ふと思い立ったときに、あなたにいろんな事を教えてくれます。

そんな本との関係を造るのにフォトリーディングは役立つんです。

だって100冊から5人選ぶのと1000冊から5人選ぶの、どっちも選択できるならどっちを選ぶ?

そのときあなたは著者の生い立ちから昔話、聞く必要はない。ダイレクトに、あなたが一番知りたいことだけを著者から直接聞くんです!

その結果の伴侶 5人(人数に他意はありません)。



どう?

こういうこともフォトリーディングを通してお伝えしたいことのひとつ。スキルから順番に、そしてその先へ。。。



***体勢の悪さ 〜点滴の手を持ち上げていること〜 に疲れ、読書へ***



小説の世界に引き込まれています。浅田次郎 地下鉄に乗って

やべ、また泣いちゃうのかな(笑)。

ここまで、いろいろあったので約2時間かかっちゃいました(笑)

-----------------sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

まつかつ@病院です。

タイトルの通り、ケータイ(PHS)からの投稿が復活しました!

ああ、PHS持ってて本当に良かった。病院で使えるなんて。

でもネットがなかったら、どんなにつらい時間だったろうか?(相変わらず病院でもテレビは一切みていないけど)

21時から始まった絶食(おおげさな!)の直前に駆け込みクラッカー、食べました。看護婦さんにみつかっちまったけど(笑)。

とりあえずテスト投稿と言うことで。次にコメントテストもしてみます。-----------------sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
s-matsukatsu_hospital_iMindMap080702~.jpg
上記のiMindMap画像をクリックすると拡大します(1024×1024ピクセル)。
大きすぎて申し訳ないくらいです。面倒なので許してください

普通の画面で見えるように調整しました。(08.07.14)


病院からまつかつです(笑)。

ひとつ前に書いたとおり、iMindMapで描いた今回の入院生活に関するマインドマップを投稿します。

ちょっと雑なところもあるけど、まあいいでしょう。
これで入院中の流れについて、わかるでしょ?
僕が病院側に提供してほしかったのは「入院中」のブランチにあるような情報。
マニュアル化しておけばいいだけじゃん、 まあいいけど。。。


iMindMapはやはり大げさでなく、「考えることができる(多分はじめての)パソコンソフトウエア」。
だってパワーポイント、エクセルとかって、どっかで考えたことを清書するような感じになることが多いじゃん。(もちろんそうではない方法もありますが)。

今回も書いていたらどんどん広がっていきました。

今回のミソは左真ん中から上方、でしょう。
自分でも気づきがありました。

そう、「長期的な果実」が得られるのです、この体験から。

そして、それはどういうものかは「今はわからない」
それでいいのだと思います。

だから、僕は通常、プロジェクトでは最初に「ゴール」というブランチ(枝)を描きますが、
今回はそういうことはしない。

また、セントラルイメージにしても、通常はなんらか描きますよね。
たとえば、理想状態の抽象イメージとか、クライアントの笑顔とか、あるいは商品イメージとか、、、

そういうの、書いてもいいけど、こういった「自然発生的、予期せぬ」プロジェクトの場合には、セントラルイメージは「ブランク(空白)」にしておくのもいい。

そして、退院してからそこに真ん中のイメージを描く。
あるいは5年後に描く、
あるいはもっと先、20年後に描く。

ああ、そういうことを言えば、僕ら一人一人の人生というものは、自分自身の「セントラルイメージ」を作り出していく作業、ともいえるかもしれません。

iMindMapはデフォルトだとセントラルイメージがあまりにも弱弱しいのが玉にキズですね。

s-matsukatsu_hospital_iMindMap080702~.jpg
上記のiMindMap画像をクリックすると拡大します(1024×1024ピクセル)。
大きすぎて申し訳ないくらいです。面倒なので許してください

普通の画面で見えるように調整しました。(08.07.14)
 


どんどんクリエイティブな思考が湧き出てきます(僕的、なだけかも(笑))。

やっぱり、インプットとアウトプットのバランスをうまくコントロール(?)できれば、われわれのマインドというのは無限の泉なのでしょう。


もう一件投稿しちゃおうかな? どうしようかな?





超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
SANY0620.JPG

病院からまつかつです(笑)。

いよいよ明日の午後1時半から手術です。
そして今晩9時からは絶食。
明日の朝から点滴で栄養補給。

なので、まず夕飯後にお菓子まで腹いっぱい食べました(笑)。
そして、残り数時間、となると俄然創作意欲がわいてくる。

後で、今回の事象をiMindMapで描いてみました。
iMindMapは書き出すと時間がどんどん経ってしまうのが困りもののところ。

でも、なかなかのスマッシュヒットになったので、次の投稿(iMindMapによる入院生活プロジェクト(?)全体像)をお楽しみに。


手術は2時間まで。
簡単ではないためリスクはある。
ただ、内臓とか頭とかではないので、よかった。

痛みに弱い僕としては、内臓の手術とかだったら、今頃青ざめているはず。

あとは野となれ山となれ、です。


明日はiPodの音楽と
以下の楽しい小説でも読もう。
(そして手術の恐怖を忘れよう(笑))

浅田次郎:『地下鉄に乗って』
地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫) 地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫)

浅田 次郎 恩田隆:『夜のピクニック』
夜のピクニック 夜のピクニック 恩田 陸

村山由佳:『おいしいコーヒーの入れ方10 夢のあとさき』
おいしいコーヒーのいれ方 (10) 夢のあとさき (集英社文庫) おいしいコーヒーのいれ方 (10) 夢のあとさき (集英社文庫) 村山 由佳

村山由佳の略して「おいコー」は本10巻で第一章が終わる。
軽く読めるけど、とってもいいよ。
診断士試験勉強はじめのころ、夢中になって6巻くらいまでまとめ買い、一気読みしたのが懐かしい。
 
ちなみに村山由佳以外は妻のセレクト。
自分以外の視点が入るのはとてもよいことだね。


ああ、妻といえば、今日の午後、病室に来てくれました。
実は妻も一週間前のちょうど今日、入院、軽い手術をして一週間安静が必要だったのでした。

なので、僕は最悪のタイミングで入院してしまったというわけでした。

でも、経過が順調とのことで、今日来てくれました。

予想外だったこともあるけど、とてもうれしかったです。



それから、手術中にはなんとCDをかけていいらしい。
僕がセレクトしたのは、フォトリーディング講座でもマインドマップ講座でも
スタート時にかける以下の二枚。

FOREST PIANO がいいかな。
Forest Piano Forest Piano Dan Gibson



なんかコメント欄に書いた投稿が読めない???
今BLOGを再構築しました。
読めるようになったかな?

ああ、それと僕からの投稿がコメント欄に書くようにしてしまっているので
手術前のはここに8件ほど
コメント欄の表記数を30に増やしました。
Movable Typeはこういうところも自在にカスタマイズできるのがすごいところ。
以前のロリポップBLOGではこうはいかなかった。


では、もう一件投稿します。


やっぱりこうやって投稿するほうがいいねえ。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
************************************
本記事は「病院からの雑記録帳はこちらのコメント欄にどんどん掲載(7/6~手術前まで計8件)」という投稿のコメント欄に、PHSから入力したものを、移動したものです。
時間もほぼ投稿時刻としています。
************************************

おかしいねえ、上の方の記事に、ケータイ(PHS)からBLOGのコメント欄が表示されなくなっていて、ゆえに手術前日の朝のコメント、ここに記します。

***本コメントは2008年7月 9日 8時頃の投稿です***


痛み止めを飲まなくなってから、傷口が痛みます、結構。
昨晩は寝れませんでした。

痛みとか血とか体にメスを入れることを想像するとかって、すんごーーーーく苦手。

体の根っこ、原始的な部分がめっぽう弱い典型的な頭でっかち人間なんです。

無人島じゃあ、一人で生きてけないね、この男。


さて、一週間も入院してみて、自分のおかれた境遇を考えると、まあ、なんと、、、なんて言うのかなあ、ラッキーな境遇にあるものかと思わざるを得ない。

この、ガシガシ何でもチャレンジする勢いがある時期に、こんな熟考の時間をとらせていただけるなんて。。。

傷は痛いよ。でも「痛い」とかBLOGにかけるくらいだから、たかが知れている(笑)。


確実に僕の今後の10年、20年に大きな影響を与える「天からの贈り物、ギフト」だよね。

ダメージも左足ひとつだけで、あとはピンピンしているし。


そう、メールのやりとりをしている中で、大阪のJさんから
「骨休め」ですね、と言われた。

そう、まさに 骨休め なのでしょう。


そしていつもと違う環境に身を置けば、違う刺激を脳は体は感じるわけだから、今までと違った観点で自分を周囲をみつめることができるようになる、必然的に。
自分コンサルティングだ!(笑)


院長先生から「この経験が人生に厚みを持たせてくれるでしょう」とかなり皮肉混じりに言われたのだけれど
(理由は入院スケジュールのやりとりで、僕が、まあ、簡単に言うと「身勝手」だと院長はとらえたため)

そういったことに、かなり確信が持てるようになった、寝れない夜を過ごした手術前日の朝でした。


木全さん、大いなる気づきをあたえてくださりありがとうございます!
(注:木全さんからご自身の大病の体験メールをいただいて、それを読んだあと、書いた投稿です。)

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
************************************
本記事は「病院からの雑記録帳はこちらのコメント欄にどんどん掲載(7/6~手術前まで計8件)」という投稿のコメント欄に、PHSから入力したものを、移動したものです。
時間もほぼ投稿時刻としています。
************************************


ようやく、大きな仕事をひとつ終えました。
やばいことにこんな時間です。

明日は9時から絶食して、あさって午後の手術に備えます。
そのため、今日が最終チャンスで、どうにか連絡は間に合いました。

今日はオフィスのパートナーでもあり、デザイン仲間でもある木全さんがお見舞いに来てくれました。

で、いつもどおりの打ち合わせになったんだけど、
「それ、楽しい!!」

あっという間に時間が経ち、良いエネルギー交換もできました。

「仲間」がいるって、本当にありがたいことですね。


そして、今日は風呂にも入れて、そこでも感じたんだけど、僕は左足だけ不自由な状態なわけで、それって、本当にラッキー!

みなさんにご迷惑をおかけしていますが、その分を補って余りあるくらい、ひそやかにパワーアップして復活していくのでは、とも感じています。

一方、手術後は相当腫れるらしく、痛みに弱いまつかつ選手、どこまで耐えられるでしょうか???


おやすみなさいませ。

完全に自宅と同じ状態、ほぼ個室の病室より。

まつかつ@病院


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
************************************
本記事は「病院からの雑記録帳はこちらのコメント欄にどんどん掲載(7/6~手術前まで計8件)」という投稿のコメント欄に、PHSから入力したものを、移動したものです。
時間もほぼ投稿時刻としています。
************************************

えーっと、一番上の記事、コメント投稿ができなくなっていて、でも書きたいことはたくさんあって、なので、ここにとりあえず書きます。
後で入れ替えするつもり。

***入れ替えしました7/8 16時***


みなさんのパソコンからはちゃんと見えているのだろうか?


基本的に元気でやっています。

ちょっと自分を客観視してみると気づくのは、「視野の縮小」、です。

この 視野 っていうのは正確に言うと、「活動範囲と感情と、僕のフィールド」のことです(なんのこっちゃ)。


病院にいると 小さなドラマ に 大きく感情を動かされます。

ここでいう「視野」というものの総体(密度?)が 広さ×深さ で表せるならば、広さが縮小される代わりに、深さが増大している、という理屈は、どう???


そこで、また別のポイントは、その総体のエネルギー量。

僕が思うに「広さ」、~つまり自分の知らない世界~ にふれあえばふれあうほど、そこに「!」や「?」の感情が生まれ、エネルギー量が増大していくような気がしています。


もう一つの大事な要素は「感受性」でしょう。
これがエネルギー量を、視野を増大、拡大させていくものでしょう。


みなさんは自分の視野を拡大する取り組み、されていますか?
ご自身の視野が生み出すエネルギー量、あるいは自分自身の感受性を意識されていますか?


そして、それらを増大、拡大させ、自分にとって豊かな人生を送るために何をしたらよいか、その方法論はお持ちですか?

ああ、なんでこんなこと書いてんだよ、今まさに指が生成した、自分でも考えたことがなかった内容を(笑)。


でも、こういう考察(その内容の質はおいといて(笑))ができるのは、ほら、上の公式で言うところの、「深さ」のところ。


よく、こんなつじつま合わせが出来るものだ(爆笑)。


書きたいことと違うこと書いちゃっていました。。。

これから午前中の有意義な時間です。
こんなことしてるから時間いくらあっても足んないんだよね。。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
病院からまつかつです(笑)。

今は早朝。
病院の一階から外を眺めています。
外の空気を吸いたいのに自動ドア、内側からはあきませーん。


昨日はジェットコースター?

なかなかいろんかことがありますね。
楽しんでばかりもいられない。
打ちひしがれてばかりもいられない。

人生の縮図、ですね???


さて、実はケータイからBLOGへの投稿がうまくいきません。
ケータイからは管理者でログインできないのです。

なので少し乱暴ですが、本投稿のコメント欄に日記(?)をつづっていくかもしれません。

こうやってパソコンで作業をしている時間、足を心臓よりもさげていることになりますので、
結構時間との戦いだったりします。

後30分しか生きていれないとしたらネットで何をする?

そう、ごめんなさい。
たくさんのメールの返信はここではできず、
家族と自分のことに集中させてくださいませ。


なーんて、そういうときこそ、いろいろ発信してたりするかも、だよね(笑)。


でも、自分と家族の今後がかかっているので、ご了承くださいませ。


朝は貴重な時間です。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
************************************
本記事は「病院からの雑記録帳はこちらのコメント欄にどんどん掲載(7/6~手術前まで計8件)」という投稿のコメント欄に、PHSから入力したものを、移動したものです。
時間もほぼ投稿時刻としています。
************************************

今昼食後。
食っちゃ寝、食っちゃ寝、という環境、左足だけなのが幸いして、まあまあ元気です。

ただちょっとしたことでも、感情は動きやすい様子。

昨日からの戦い(?)は3勝4敗、そんな感じ。


昨晩、隣にき救急車でかつぎ込まれたおじいさん、今奥さんに説教されています。

「あなた、こういう時くらい、反省しなきゃぁだめよ。一人で何も出来ない状態なんだから。。。」
「こっちの方が参っちゃいますよ、寝てないで飛び回ってるんだから」
「もう何回目かしら、もう慣れましたけど。。。」

元気なおじいちゃん、昨晩酔っぱらって倒れたらしいです。

とうとうとお話される奥様の話が、身に滲みます、僕にも。。。


そしてちょうど倍生きると彼の年齢。そのときに同じような事を妻に言われているんじゃないかと、、、


反省し、改善を試みることを誓いながらも、今から謝っておくこともさせてください、
まつかつ選手の奥様、お子さま、身内の皆様。


えっと、もっと書きたいことあるんだけど、午前中、もったいなくも寝ちまったので、午後はじっくり考えごとと読書とをすることにして、一端投稿!


皆様からのお見舞い、励ましメールに元気をいただいています、本当にありがとうございますっ。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

七夕の朝の一報

| | トラックバック(0)
************************************
本記事は「病院からの雑記録帳はこちらのコメント欄にどんどん掲載(7/6~手術前まで計8件)」という投稿のコメント欄に、PHSから入力したものを、移動したものです。
時間もほぼ投稿時刻としています。
************************************


おはようございます。

今日は七夕だったってご存じでしたか?

どんな願い事をしようかな?

今なら「最短タイムで退院して、早く家に戻ること」でしょう。

一日ずれると一週間退院が延びるというスケジュールだということが情報調査(笑)の結果、判明しましたので。


一方、痛みと体勢(足を心臓より高くしておくこと)さえ工夫できれば、時間は無尽蔵(といっても良いでしょう、今までの僕の生活を考えると)にあるので、本当の充電期間になりそうです!

いずれやりたいことリストアップしてみようと思います。


今日は月曜日、今週も良い一週間でありますように。

一週間の予定は立てましたか?
この5分、10分が168時間分の生産性を著しくあげることになります。

ああ、今日は『TQ ~心の安らぎを発見する時間管理の探求~』を読むことにしましょう。

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究 TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究 ハイラム・W. スミス


とりあえず朝の一報です。



超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

一人目のお客さま

| | トラックバック(0)
************************************
本記事は「病院からの雑記録帳はこちらのコメント欄にどんどん掲載(7/6~手術前まで計8件)」という投稿のコメント欄に、PHSから入力したものを、移動したものです。
時間もほぼ投稿時刻としています。
************************************


思いがけずうれしくもにぎやかな時間が過ぎています。

14時台は、なんとhoriさんが遠路はるばる来てくれました。
ちょー元気のいい たいせい君(2歳)を連れて。

自身の入院体験4回からの貴重なアドバイスをもらったよ。

こういうアドバイスって、僕はすごい価値を感じる。
『見通し力』とでもいうのかな?経験した人でなければわからない重要なポイントがわかると、それをもとにした入院期間の組立が出来るわけです。

もらったアドバイスは「雑誌が読みたくなるぞ」とか「テレビみちゃうとあかんよー」とか。

(horiさんゴメン、意図的にくだらないのを実例としてあげてしまいました(笑))

いや、なにより、来てくれたことによる、なにか「安心感」というのかな、ちょっと一言では言い表せない気持ちの落ち着きのようなものが得られました。

本当にサンキュー、horiさん。


っとっとと、忘れちゃいけない たたいせい君2歳。

いっやーーー、なんて元気なんだろう!そして父ちゃんそっくり。

どこからあんなエネルギーが沸いてくるのかホントに不思議だよね。そして、見ていて「飽きない」。
まあ父ちゃん、母さんは大変なんだろうなあとは思うけど。

子供の頃って、天と地とつながっていて、エネルギーを常に循環させながらいるんだろうなあと思った。

そして、それを大人であってもやっていこうというのが「気功」的なもの、かな。
この入院中、僕も一つ試しているものがあります。
後で書くかも。

今日一人目のお客さんでした。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

チャレンジする人生?

| | トラックバック(0)
************************************
本記事は「病院からの雑記録帳はこちらのコメント欄にどんどん掲載(7/6~手術前まで計8件)」という投稿のコメント欄に、PHSから入力したものを、移動したものです。
時間もほぼ投稿時刻としています。
************************************


昼食が終わった。

病院にいると、食べる 寝る の繰り返し。

その中で、ベストな時間の使い方、回復のために今出来ることをやろうとすると。。。

ひとつは「環境構築」だと思う。

この4日間(もう5日目!)散々自分の環境を良くするための工夫を続けている。

さっきようやく、ベッドの足側を持ち上げられることが判明。
頭も少し持ち上げるとマインドマップを描いたり、読書ができる よい 体勢がみえてきた。

それらは、実はほとんど自分から探り当てた。
看護師さん、なんかつっけんどんな人ばっかりなんだもん、この病院(苦笑)。

しからば、動かぬ体をよじって自分でやるしかない。

チャレンジする人生は受け身ではダメなのである(って、誰が「チャレンジする人生」を生きているんじゃい?)(笑)


さらにいくつかの「ベストな時間の使い方、回復のために今出来ること」の、取り組んできた要素があるんだけど、それは次回に。

PS Daiさん、そういうことで 頭と手 だけでなく 体 と、さらに 口 も使ってます。

「全脳思考」、ナンチッテー(笑)


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

病院での戦い?

| | トラックバック(0)
************************************
本記事は「病院からの雑記録帳はこちらのコメント欄にどんどん掲載(7/6~手術前まで計8件)」という投稿のコメント欄に、PHSから入力したものを、移動したものです。
時間もほぼ投稿時刻としています。
************************************


さっき看護師と言い合いしました。
病院の論理もあるけど、こっちの論理もあるんだわい!

かなり強い相手だったけど、結局こちらの言い分、理解してもらいました。

人生は戦いだ!

といっても、普段は僕は温和、なはず(だよね?)。

譲れないところは主張する、ただそれだけ。
こっちだって人生、生活かかってんだから、ね。

そうそう、今回の口論、納得させるに至った理由というのは、それまでに考えていたことをまとめた4枚のマインドマップとスケジュール表。
今回は提示はしていないけど、僕の主張が全方向の視点を持っていることと筋が通っていたためだと考えています。

ふぅ、少し休むか。。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
病院からまつかつです(笑)。

今は病院の入り口から、車椅子で外を眺めながら(蒸し暑いねえ)、
ひざにのっけたPCのキーボードをたたいています。


さっき先生から言われました。

「足、持ち上げといてなあ、頼むよぉ」


そうか、まだ、なぜこんなことになったのか書いてなかったよね。

まず言うと、完全に僕の不注意です。
そして、こういった「痛い目」に会うことは、いつか必ず起きることだった、
ともいえます。


えーっと、7月2日夕方18時55分ですね、だいたい。
娘の習い事で幼稚園(以前通っていたところで今も小学生でも学んでいる)にいました。

習い事が終わったら、子供たちは元気よく幼稚園の遊具で遊んでいるんです。
その中に ぐるぐる回転するジャングルジムみたいな球形のものがあるじゃないですか。
そう、子供たちがぶら下がったり、中にはいったりして回転させているやつ。

あれでみんなが遊んでいたから、

「よ~い、みんな乗れー、おじちゃんが勢いよくまわしてあげるぞー!!!」って言って
回しはじめました。

先週もやってあげたんですよ。

そして、僕にとって、子供と遊ぶことは研究対象(?)のひとつ。


で、今回は外を回していてから、立ち止まって改めて回そうと思ったんですね。

そのときに、外側にぶらさがっていた男の子が目の前に飛び込んできて、

結構な勢いだったんで、

しっかり受け止めて、ふっとばされたんです。


そしたら運悪く吹き飛ばされた先に、近くにあったブランコの柵の根元の部分があって
そこに グワーン と足を打ちつけてしまった、というしだい。
僕自身もみんなの乗った台を回転させるために力強く動いていて、その勢いも含めてすっ飛んでいったのでした。

もちろん男の子は無事でした。 ホッ


そのときに僕の足は柵の付け根と男の子の反動で
両方から打ち付けられて、それから当たった位置も悪かったんでしょうね、
両側とそれから後ろ側の3箇所を骨折してしまったというしだい。


その後、結構いたくてシビレていて、動けずにいました。

しばらくしてから足を見たら、、、

まるで きのこ じゃん!
 

そう、僕の足に首はぷくーっと、そうだなあ、足首プラス円周3センチくらいの厚みで、
高さは7~8センチくらいのふくらみができていたのです。
s-SANY0578.jpg  s-SANY0575.jpg  s-SANY0571.jpg
クリックすると画像が大きく表示されます。
でも、見たくないよね。こんな気持ち悪いの。

それより何より、痛くて大変なのに、「撮るなよ!」(笑)。

その後、駐車場まで30メートル、まったく動けないので、息子に肩を借りて、途中までいきました。



なんで、おれこんなこと書いてるんだろう。

外は暑いし、もっとやりたいことあるのに。。。


続きはこの後の投稿で。

この後も面白いよ~。

だって、
「子供たちに伝えた遺言」
病院までのドラマ、
「先生にマインドマップで伝える」
そして、先生との対話(面白い先生です)、緊急入院、と続くんだから。


これ書いてたら、以前二回シリーズで書いた
「中小企業診断士試験 二次不合格時の 神との対話」 の投稿を
思い出しちゃった。

1. 「覚悟は出来てきたかな? →神との対話へ-1結局覚悟は出来ず →神との対話へ-2

あれは今考えても ナイス な投稿でした。    ←こいつ、バカ!!!
でも、結構お勧めなので、もしよろしかったら読んでみてください。
対話形式なので1分ほどで読み終えると思います。

自虐ネタ、実は結構すきなのかな、この男。


まあ、自分のことを笑えれば、人生お気楽なものでしょう。


そろそろ戻らないと足に血流がたまって、手術が遅れてしまうかもしれません。

続きはいつになるかわかりません。
もっと書きたいこと、沸いてくるだろうし。。。


そして、こんなこと書いていると妻から「ムッカツク!」と後で
こっぴどくしかられるのです。

「調子に乗りすぎているからこうなるのよ、ザマアミロ~~~」って
言われてますから。

冷たい??  NO,NO,NO。

それだけ言われるだけの環境下で僕はこんな怪我をしてしまったのでした。
きっと聞いたら「あちゃー、そりゃぁ奥さんそう思うのも無理ないわ~」って思うはず、多くの人が。


あああ、俺、なにやってんだろう。。。

PS 大阪のマインドマップ講座の皆様、状況がわかって来次第、連絡する予定です。
   もしかしたらBLOGで、になってしまうかもしれませんが、
   しっかり対応させていただきますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

   それから7月フォトリーディング講座の皆様、重ね重ねすみませんでした。。。

PS2 コメント、うれしいです。
    全部に返信できませんが、PHSから見ることができます。
    (PHSは微弱電波なのでだいじょうぶ ? )
    さみしんぼなので、コメントまたはPHSまでのメール、大歓迎です。
    すべてには返信できないかもしれませんが、元気が出ます!!!




超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
病院からまつかつです。

なんとコメント、メール、たくさんのみなさんからいただきました。
(どこで見ているのって??? ナイショ(笑))

ありがとうございます。。。

痛み止めを飲み始めたので、本も読めたりしています(笑)。
痛いときは身動きとれなくなりますが、それも手術までの間です。

その先は知りません。
ああ、ただ、PTBっていうサイボーグみたいなギプスみたいのをつけることになるようです。

ptb.jpg

そして、なんにせよ、足首は後遺症が残りやすいので、何よりも自分の体と対話して、しっかり回復への道をたどっていこうと思っています。

つい、好きなことやりすぎちゃいそうになるので。
実は今回も本とか資料とかしこたま持ってきていて。。。


お礼とそれからお詫びの投稿です。。。
たくさんの方にご迷惑おかけすることになっていますので。。。


いつもと違う時間というのは
いつもと違う気づき、発見、学びは約束されているようなものですよね。

いつまでこんなことを言っていられるか?
多分弱音もはくと思われるので、そのときは叱咤激励、よろしくお願いします。

ベッドの上より まつかつ


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
病院からまつかつです(笑)。

様々な人に迷惑をかけているのに不謹慎な、といわれそうだけど書きます。

昨晩から今まで、断片的ながらも読み続けていた、僕の好きな小説家、
村山由佳さんの『すべての雲は銀の・・・』を読み終えました。

すべての雲は銀の... Silver Lining すべての雲は銀の... Silver Lining 村山 由佳


小説の感想というのは、読んでいる状況も影響を及ぼすと思う。

ちょうどクライマックスの巻末あたりで、僕の部屋に新しい入院患者が入ってきた。
そうすると、ざわざわするから本当は少ししてから読むべきだったんだけど、もう引き込まれてとまらない。。。

iPodを(病院に来てから初めて)取り出して、アンジェラアキを選んで、回りのノイズが聞こえないようにして、読みきった。


涙がほろほろ落ちてきました。


僕は人のドラマ、実はあんまり触れる機会がない。テレビみないし、小説も普段は読まないし。

そもそも、ほかの人のことなんか心配していられない、自分のことで精一杯だというゆとりのなさでもあるし、自分の人生ほど面白いものほどない、という思いでもある。

その分、人のドラマに入り込むと、とことん入り込む、感情移入してしまう(笑)。

今回の主人公、それは祐介という大学生だけでなく、長野信州で過ごす物語の登場人物すべてたちのドラマ、深く深ーくしみこんでくる。


この読後感、、、 どう例えたらいいんだろう???


「小説っていいですねえ~」 なんていう言葉が出てきそうな、小説だからこそのよさがある。



おっと、ここで僕は書評などしようとは思っていない。

今の僕の気持ちをここに記しておきたいだけ。


本当は思うままにキーボードをたたいていようと思ったんだけど、不思議なことに今僕の頭の中にあるのはマインドマップのセントラルイメージ。

読んだ人ならわかると思うけど、イメージは「大きな雲」


ちょっと書いてみるかな。



 ~ 夢中になって、30分 ~
   
   さらに15分

s-SANY0593.jpg
クリックすると画像が大きく表示されます。
   

自分でも驚いたけど、僕が感じたことの根っこの部分まで表現できたと思う。

初めて書いたマインドマップによる読書感想文、という感じ。

きれいに描けていないのは勘弁してください。なにせ、病院のベッドの上なんですから(笑)

  
そしてこの本、いつかまた読み返すと思うんだけど、そのとき、このマインドマップを見返したら、、、

自分の変化がよぉくわかると思う。


もっと言おう。

変化している部分と、変化せず残っている部分

そう、その両方。

   
村山由佳さんの言葉を借りれば

「変わりながら変わらずにあるもの」


それを見続けていくのも人生のたのしさ だよね???

すべての雲は銀の... Silver Lining すべての雲は銀の... Silver Lining 村山 由佳

よいですよ、村山由佳さんの本。



超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
届くかなあ?
ケータイまつかつです。

今どこかって?

病院のベッドの上。

s-SANY0598.jpg

骨折しました。足首3カ所。
手術します。

でも、はれがひどいので(足首がきのこみたいにぷっくり膨らんでる)
収まり次第だそうです。

おまけに左足の太さ、右の倍以上あるでしょ?
(写真と合わせ追記 08.07.20)


今後の取り組みについてはまだわかりません。
ただ、来週末のフォトリーディングセミナーは
これ以上ご迷惑おかけできないので、
代理の方にお願いすることになりそうです。
楽しみにしてくださっていた方、本当に申し訳ありません。
でも、フォトリーディングインストラクターはどの方もすばらしいです。
また別の楽しみがあることと思います。



今は、
まな板の上の鯉です。
うーん、ちょっと不正確。
自分で何でもやる必要があるけど
身動きとれません。

トイレに行くのにも、しびれる足を車いすに運ぶのに一苦労。
10分かかるからね。

たった2日でここまで弱るものかと 驚いています。


でも、一方、この時間の学びも相当貴重なものになりそう。

・病院運営等の考察(経営コンサルタントとして)、
・ユニバーサルデザイン(車いすの世界、初体験)
・自分の体との対話
・弱っているときから回復するまでの心の持ちよう
・日々の変遷のマインドマップによる記録
・たっぷり読書、そうフォトリーディング


もっとあるでよ。

ちょっと不思議なものでBLOGモードになったら
気持ちが前に動いてきたぞ(笑)。

今後、どんな風に更新するかわからないけど、
僕的にはこういう時期もとても貴重です。
なので、たくさん書いているかも、そうでないかも。。。


それから、メール、コメントは滞りそうです。
多くの人に連絡する必要があるから
「BLOGをみてください」ということになるかも。

(病院なのでケータイはNGなのです。
車いすで外までいかないといかんのでしんどいのです)

とりあえずの第一報です。
書きたいこと、いーーーっぱおあるでよ。

-----------------
sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

本件、今までに数ヶ月に渡って準備してきた「デザイン経営研究会」ですが、
記念すべき第1回の創立総会を7月16日(水)19時から
ホフ・クリエイト新宿(大久保駅近く)で開催します。

私の中小企業診断士&デザイン愛好仲間である山口さんのBLOGに詳細が掲載されています。

ああ、研究会のビジョンだけはここに記しておきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デザイン経営研究会は、デザインに関する研究や
会員相互の情報発信によるコンサルタント研鑽の場とし、
デザインを中小企業経営に活かすためのノウハウの蓄積、
ネットワークづくりによって、中小企業の発展に貢献する
コンサルタント集団を目指す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公的なデザインの研究会って今までなかった(はずな)ので、
そこがひとつのミソです。

これから何がおきるかわからないんだけど、
僕の夢もここに乗っかります。

IDEOみたいなデザインを核としたシンクタンク集団を(日本で)作りたいんです。
デザインってものすごい可能性を持っている、
そして関わる人がみんな楽しめる、
そんな夢に向かっての第一歩になります。

私も僭越ながら幹事をやらせていただきます。
(例のごとく、頭(とマインドマップ)ばかりで動きは少ないですが(笑))

実は彼とは何回か打ち合わせをしており、当BLOGに掲載したかったけど、時間がなくてできていないような状態でした。


さあ、取り急ぎのニュースでした。

プロジェクトは走る走る。
たっくさんのプロジェクトが僕の周囲に寄せては返しながら
漂っています。

そのいずれもが僕の、周囲の人の、もっとその先の未来につながる触手のようなものです。

手を さまざまな方向に伸ばして、つなげて、生きていきましょう。

そう、マインドマップのように
(結局オチはここかい! という突っ込みはなしにして(笑))



超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

なかなかいろんなことがあるよね。

昨日は緊急で家ですごしました。
もし会社員だったらこういうとき、対応しきれなかったかもしれないので、
(いや逆かも(笑))
よかったというべきか。

、、、おっと、心配はご無用です。


静かに立ち止まって考えるときも必要です。
すべての事柄には理由があるから。

今日も予定を変更して自宅周辺にいます。


昨日は夕方オフィスに出かけて、8月30,31日に開催する
フォトリーディングセミナーの会場決めに行ってきました。

写真掲載したいところ。
きれいよぉ~。

地上13階で、新宿の高層ビルが見えます。
夜は夜景もきれいでしょう。

昼食も工夫しようと思っています。

ちなみにこの講座も今までの講座と内容はまったく一緒です。
ただ、僕が趣向をこらせる範囲がいくつかある、ということなのです。


その後オフィスに戻って作業をしていたら
案の定遅くなり10時半終了。

自宅も快適なんだけど、オフィスの方が集中度が高まります。
使い分けだね。


それからそれから、僕も掲載されているマインドマップの雑誌が届きました。

ペンとノートで発想を広げる ペンとノートで発想を広げる"お絵描き"ノート術マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック) 遠竹 智寿子,月刊アスキー編集部
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここまで開示しちゃっていいのかい?というくらい濃い情報が載っています。
まだマインドマップを描いたことがなくて勘がよい方はこの本一冊でOK。
書籍を読んだけどわからなかった、という方はその疑問を解消するために活用できる。
マインドマップ基礎講座に参加された方、すでに使っているという方は、復習に最高の本。

本当にここまで書いちゃって、、、  という感じ。

私のマインドマップも2枚、それから顔写真とペン、ツールも掲載させていただいています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



という感じでBLOGのサイドバー(右側)にも掲載しようかな。

それからそれから、、、

ああ、時間切れ。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口