本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

2007年3月アーカイブ

matsukatsu(まつかつ)です。

おまたせいたしました。
ようやく当BLOGの500名(推定)の読者の方にも、マインドマップセミナーの参加者募集をいたします。
当面では一週間後の3/31と一ヵ月後の4/28がございます。


3月31日開催の本セミナーは満員御礼で終了いたしました。
皆様ありがとうございました。


以降省略
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

仕事が夜中までかかるようになると、なぜか、BLOGを書きたくなる癖がある。

いつも終電間際でBLOGを書いていた、1〜2年前と同じモードになるのかもしれない。

今はユーミンのCD(seasons coulours)が流れている。



妻が買ってくる音楽は、BGMに向いているものが多くて、僕を癒してくれる。


今日は3件の仕事をまとめる必要があり、今1.8件ほど終わったところ。
早く寝ないと、明日も大変だからもたないぞ、と。


午前は、明日開校式の養成課程3期生の方々といつものデニーズでお話し、その前後で一件目の仕事のセミナー準備。

彼らも相当な不安の中にいる。まあ、でも経験しないとわからない領域というものがある。
そう、この過去の記事がいいかなあ?
何を心がけて大学校の半年を過ごしたらいいか?→トンネルをどう抜けるかということ(2006.10.19)


それからそれから、
次回3月31日のマインドマップセミナーはちょっと嗜好を変えて、というかひとつの試みをしようと考え、インストラクターの一人に相談。
快く応じてくれた。

そして、今もメールでマインドマップインストラクター同士でやりとりしていたところ。

本当に素晴らしいメンバーたち。


そして、別件で一緒に仕事をする仲間たちとも、養成課程58期生の仲間たちとも、ネットワークを通して、信頼関係のあるやりとりが出来ている。
「これだよ、これ!」って感じ。
こういう仕事の仕方がしたかったんだなあって。


そう、そんな「つながり感」を、ユーミンの懐かしい曲を聴きながら感じたので、ついBLOGを書きたくなってしまった、ということに今、書きながら気づきました。

うん、それだけ。

それだけでした。

あっ、でも、昨日の記事(フォトリーディング、マインドマップ、意思決定、LLP/LLCの内容)は、実はかなりいい内容だと思いますよ。
よかったら見てみてくださいね。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

この二週間は毎日マインドマップ関係で僕がメリットだと感じるものを書き続けたいなあと思っています。

でも、日常すべての思考がマインドマップなんだから、どれかを取り出すのは結構困難。

生活をしながら、マインドマップのメリットを探すという二つの視点を持つ必要がある。

昨日はそういう視点で生活してみた。

そしたら、、、


下記写真は、フォトリーディングをした内容をマインドマップで記載しながら、意思決定をした、良いサンプルかと思う。

フォトリーディングのマインドマップで意思決定

僕の今後の計画として、法人化というのがあり、
それを株式会社で進めるか、LLP(この場合は法人だからLLCね)で進めるかについて、今のうちに判断材料を用意しておきたいと思い、フォトリーディングでそういった質問を自分にしたうえで、30分間マインドマップに書き上げたものです。

ものの見事に自分がほしい情報だけが、一冊の(正確には3冊見たが)本から得られました。

結論として、人的資源、知的資産を有効活用していきたい僕にはLLCしかないでしょう!とのことになりました。

そうはいっても大手会社(前いた会社ね)と契約が可能か?等総論OKでも各論では問題点も発生する可能性があるので、その辺は今後の課題。



ここでポイントは、以下の3点。
1.超短時間で意思決定
2.本質をはずしていない
3.履歴が残る

この3点を語るためには、結構いろいろなことを前提としてお伝えしなければいけなそうなので、詳細は割愛!

ただ、マインドマップの説明だけ少ししておこう。

フォトリーディング用のマインドマップにおいても、「中心イメージ」と「色」を使うことはすんごく重要!!!
これは、トニーブザン氏からじきじきに講習を受けた2006年11月からのおおおきな変化。
やってみればわかるけど、頭の活性化状態が、全く違う!!!

そして、きたなさ。 このマップはあんまりきれいじゃないでしょ? でもいいんです。
このマップの中には、僕が意思決定に必要な情報を選び出し、考え抜きながら思考した、その過程が含まれているので、それでいいんです。

前はきれいなマインドマップをこのBLOGでも紹介した。
ただ、マインドマップは本質的には自分のためにあるので、きれい、きたない(他人にとって)は関係ない。
頭の思考過程が外在化されていることに大きな意味がある。

多分、多くの人はマインドマップは情報整理ツールだと思っているでしょ?
僕もそうでしたけど、実のところ、それはほんの、ほんの一部の活用法に過ぎませんよ!

そんなことを僕らトニーブザン公認マインドマップ研修インストラクターは伝えていきたいと考えてもいます。


さて、話は戻って、
フォトリーディングで本当に本が早く読めるの?って思っている人、多いと思うけど、僕はこのようにして目的に応じていくつも成果を出している。

僕だけじゃあない。
実証している人がいるという事実がある。

あとは試してみるか?信じてみるか?ということだろう。


僕自身は、人間の能力ってもっとすごいんじゃないかと思って、ずっとそういうツールや考え方を探し、試しながら生きてきた。

参禅したのも、ヒッポファミリークラブ(多言語の自然習得活動)も、7つの習慣も、西野流呼吸法も、レイキも、フォトリーディングも、高速大量回転法も、ワタナベ式記憶術も、マインドマップも、、、、その他多数。

やってみるとどれも常識にとらわれないユニークなアプローチをしていて、確かに素晴らしいものが多かった。

そういう取り組みをしていく中で、当然アウトプットの質は高まっていくし、自分のテーマが明確になっていく。

そんな多くの学びから、少しでも皆様の役に立つことはお伝えできればと思い始めている。

ということで、僕も3月31日(四谷)、4月14日(大阪)、4月28日(四谷)とマインドマップ6時間セミナーをやっていくので、興味がある方は是非ご参加いただければと思っています。


いやあ、こんなに書くなら、毎日投稿は無理だな(笑)。
前言撤回!

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

あら、こんな時間まで起きてて、何してるのかしら?

たいていこういうときは何かテンパッているときなんですね。

実は3月31日にひそかにマインドマップセミナーを開催するのですが、その場に、なんと、なんと、僕のフォトリーディングの師匠がいらっしゃることに決まったのです!!!

電話でその話を受けた後の自分ったら、おかしくて。


「やばい、すんげえ気合いれてやらなきゃ!」の気持ちばかり空回りして、なんか全然気持ちばかりで前に進まない状態で、1、2時間。。。
かたわらで「プププッ」って笑っているもう一人の自分が見えたよ。


フォトリーディングの僕の師匠は、山口佐貴子さん
本当にすごいと思える(数少ない)お人で、僕は彼女のような人をほかに知らない。とても不思議で強烈な魅力を持っていらっしゃる方だ。

彼女のセミナーは二回受けて二回ともすばらしく、それを手本にやろうとしていただけに、身が引き締まる思いっっっ。

まだ積極的な集客はしない時期だという、ある程度の目安がインストラクター間にあるため、宣伝ページもしっかり作っていなかったのだが、そろそろやらねばですね。
今のページは受講者の方のメリットが書いていないので、全くの初心者の方には伝わらない内容のままです。
これから改良していく予定です。)


仕事面では、一枚のマインドマップによって、思いもよらず経営コンサルティングの仕事をいただくといったメ事件モも起きた。
その他、マインドマップインストラクター同士のコラボレーションも面白いことになりそう。

また、人との話を振り返るときのマインドマップの威力ったらない。ものすごく多くの気づきが、1〜2時間の話から得られる。

どんどんカラフルに、机にペンを広げながら考える生活。

マインドマップ作成風景
マインドマップ作成風景2
マインドマップ作成風景3
その他、たっくさんの出来事が起きながら、日々は過ぎていく。


ここまで来て思うこと。
「もうサラリーマンには戻れません」。

だって、日々、自分の研究(?)に没頭できるんだもん。
やりたくないことには「No」と言えるんだもん。


そして、プレッシャーをばねに、一段、また一段、自分を、より高みに進めていきます。

どこまで行くのか?どこへ向かうのか?

ひとつ、多分誰もが絶対想像できないような方向性を見つけた。
僕の中では筋が通っている。

一年後に実現できているか?
わからないけど、、、

僕が乗っている波はどこへ向かっていくのか、僕にはわからない。 そしてきっと波も知らないはずだ(笑)。
でも、きっと、どこかにはたどり着けるだろう(笑)。

いいじゃんいいじゃん、生きていければ、人様に迷惑をかけなければ。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

プレッシャー

| | コメント(4) | トラックバック(10)
matsukatsu(まつかつ)です。

非常に珍しく、タイトルを決めてから書きはじめる。
制限時間は5分。


プレッシャー


適度であれば自分の糧となる。
過度であればダメージを与える可能性もある。


プレッシャー、
実は会社員時代は結構プレッシャーを抱えて毎日
過ごしていた気がする。

特に自分が考えていることの解答が得られないときは、
土日であっても、頭の隅にそのことがあり、
日々プレッシャーと共に生きていた気がする。

いいのか悪いのか、かなりいつもプレッシャーとともにいた。

大変だったけど、多分、良いことだったのだろう。
今はたいていの問題解決は脳を信頼すればできるようになってきているから。



そして、今は違う内容ではあるが、当然プレッシャーがある。

一番大きいのは、今後の人生において、長期間に渡って
自分の価値を提供し続けられるだろうか?ということ。
もっと平たく言うと、「中長期の収入見込み、ある??」ってこと(笑)

これは結構しんどいもんだねえ。

なるほど会社員時代はこのプレッシャーがない分、純粋に仕事のアウトプットに対して、自分自身への高いハードルとしてプレッシャーを与えていたことがわかる。


そしても今は、会社員時代とは異なるハードル、それも人生をかけたハードルを越えるためにプレッシャーと戦う。


そして、当然のことながら、プレッシャーが大きいほど、ハードルが高いほど、脳は活性化し、
今まで考え付かなかったような解答を導き出す(だろう、多分(笑))


結構、人生、面白いぜ!

5分経過。いじょう。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

危険信号、点滅開始!

なんか楽しいことに首をつっこんでいたら、今抱えているプロジェクトが、自分ですぐに把握できない量になってきた。
読もうと思って積んである本が半端でない量になってきた。



本当に不思議なことに、会社員時代では考えられなかったような楽しいプロジェクトの話が舞い込んでくる。

ウソかと思うくらい、数年前に書き込んだことが実現の方向へ向かって動き始めている。

でも、目の前のこと、ひとつひとつ、しっかりやっていかねばだね。


お互いが成長して、楽しくてワクワクする仕事、そして世の中に少しでも貢献できる取り組み、そんなことを本気で考えている人達同士がどんどん集まってきています。

それはそれはエキサイティングな人生。
(でも一寸先は、、、 みえないよーーー(苦笑))


mixi日記を始めてから(といっても一回しか書いていないが)、このBLOGの位置づけが、より明確に見えてきたような気がしている。

このBLOGでは、やはり、僕の生き様、軌跡を記していきたい。
どんな仕事をしたって、有名だって無名だって、みんな一生懸命、もがきながら悩みながら生きている。

そんな当たり前のことを、matsukatsu(まつかつ)という一人の男が考えて、行動しながら成長していく様を記していきたい。

だから、「経営コンサルタント?」、どうでもいいよ。「トニーブザン公認マインドマップ研修インストラクター?」、だからなんだ!

俺は俺。

自分が書きたいと思ったことを書くようにしたいと思う今日この頃
(注:ころころ気持ちが変わったりするからね)

多分、事業用のサイトを作ろうとしているから住み分けが明確になってきたってことなんだろうと思う。

相変わらず行動してから考える人生。。。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

マラソン大会

| | トラックバック(12)
matsukatsu(まつかつ)です。

今日は息子とマラソン大会に参加した。



彼も2キロ、僕も2キロ。
彼は最近良く走っているけど、僕はこの一ヶ月は訳あって運動を封印していたので、軽く流すつもりで参加しました。

で、アップダウンが激しい山道だったので、冷静に作戦を立てる。
・皆後半でばててくるから、前半は様子を見て、1キロから追い上げに入る。
・そして、無理をしないように、それと測定できるようにハートレートモニター(心拍計)をたまにチェックする。
・くだりで飛ばすと体力を消耗するから下りはセーブしてのぼりで追い上げる。等々

今回の目標は、「明日からの仕事に支障が出ないようにする(笑)」でした。

で、いざやってみたら、作戦は読みどおり。
1キロまでは真ん中にいて、後半はじわじわと追い上げ、最後の数十メートルでギアを3段くらい上げてラストスパート。

思いがけず一ケタ台。そしてタイムは息子よりも30秒以上速かった(当たり前か?)
そして、終了後もすぐに止まらず、心拍数が最大の6割になるまで軽く走り続け、そしてゆっくり止まる。


いや、本当にゆっくり無理せず走るつもりでいたので、思いがけない感じだったんだけど、「作戦」の大事さを痛感した経験でした。
そして何より、リアルタイムで体と頭を使うことの楽しさですね。

いい汗もかけたし、ひさびさの新鮮でエキサイティングな8分強でした。

他にもいろいろな考察やらがあるんだけど、それは省略。

あっ、でも「計測」は大事だね。
僕の場合は2年程前に最大心拍数を測ってもらったので、それを基準に6割から8割の中で運動するようにしている。
(だけど、今回はレースだったんで、最大心拍数まで使ってしまいましたが)
そんなことも押さえながらやることで、レースを本気でやっている自分と、それをチェックしている冷静な自分との、最低でも二つの見方を(そして付け加えるなら、BLOGのタイトルを考えながらいる自分と(笑))同時進行で持てるようにもなります。


最近、息子は僕と二人でいると、彼はとても素直です。
今まで何もしてやれていなかったことを間接的に感じております(苦笑)

PS 実はうかつにも転んでしまい、両手のひらに大きな傷が。。。
  明日からの仕事に支障、あります。。。。

そうそう、それと、家族にマインドマップでごんぎつねの話をしました。 さすがに子供や妻もただ事ではないことを感じ始めた模様。

それからmixi日記をつけることにした。
このBLOGとの使い分けはどうなるのかな?
進めながら考えてみようと思います。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

満月

| | トラックバック(0)



matsukatsu(まつかつ)です。

満月でした。
やはり、考えられないことが二つ、そして、もう一つ二つ。。。

普通に考えてありえないこと、その数を数えたら実はちょっと数え切れない位になってしまいました。

そんな不思議な満月の日、でした。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

ンマャチッガ

| | トラックバック(5)
matsukatsu(まつかつ)です。


ん、「ンマャチッガ」?

???

間違いじゃない?

間違いじゃない。

キーワードは「ンマャチッガ」

強烈な映像が脳裏に焼きついています。
そうです。地球はひとつなんです。

濃すぎる毎日であり、脳が強烈な化学反応を起こしています。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口