本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

【日記】:独立以降(2006年10月〜): 2007年8月アーカイブ

matsukatsu(まつかつ)です。

googleにはいつもやられるよね。
今日はこれ
http://mail.google.com/mvideo

わくわくさせるじゃん。
単なるIT技術でどうこうじゃあなくて、僕らの感情に自然に訴えかけてくるものを見せてくれる。

まあ、これだけ大きくなると、賛否両論でるのは当然として、
独立するに当たっての僕の目標でもあった、google(どんな目標かは はぐらかせてください)。

これからもわくわくさせて、そして、新たな世界を切りひらいてくださいな。


本当にばたばたしながらPCの前にいるので、なんか今日はこんな投稿のみ。

いやいや、本当は中小企業診断士先輩のKさんとの「知的漫談」マインドマップを投稿したいんだけど、それは可能なら、あとで

夜中なのに、なぜか ばりばり ノリノリ で作業中です。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
ケータイからまつかつです。
今日も帰宅途上の駅のプラットフォームから。

また、こんな文章を書くとkurogenkokuさんに指摘されそうだけど(笑)。。。




・・・思い出したら笑ってしまった。

数年前に、フッと思っていたことが、まさかこんなカタチで。。。。。 !!
多分、文章化しているはずだから、後で見てみよう。


それから、駅のホーム。
同じはずの景色がこうも違うと、自分が見ているものは何なのだろうかと思えてくる。
それは今がいいとか昔が悪いとか、といった、そういものでなくて、
すごくシンプルに自分の感情を客観的にみている自分の、色をつけていない、そういう感情。




でもさあ、こんな状態だと何が忙しくて何が忙しくないか、もう判別出来なくなる。

ねっ、horiさん。(電話サンクス!)   違うか?


数年後の自分に対して残しておきたい独り言でした。
-----------------
sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
ケータイからまつかつです。
やることがたくさんあるので、移動中の電車内から投稿です。

今日は打ち合わせ3件。
終わった後喫茶店でそれらの振り返りと調整業務。
診断士の先生方に「コンサルは時間がないから、一件一件、その場でしっかりやり終えること」と言われたけど、それはよくわかる。
引きずっていたら自分が持たなくなる。

それはそうと、やりながら、自分の強みを探していく面は、やはり、ある。

僕の場合、なぜか、気持ちよいほどスムーズに進むプロジェクトは、ある意味、ない(笑)。
言い方を変えると「先が予測できるような仕事は、ない」(笑)。

まあ、予測できるような仕事は、僕より上手にできるヒトがいるだろう。
僕の場合、常に混沌に身をさらすことを趣味(?)としてきたので、そういう風に仕事も向かう面があるのかな?

でもさあ、きれいに解答がでるようなことって本来少ないんじゃあない?
いろんなこと考えて、迷ってゆれて、その中から答えを見いだすときに、今までになかったブレークスルーが産まれるのでは?

僕自身が、ゆれること、混沌が好きだし、そこに重要性を感じているから、プロジェクトの相手にもそれを出すようにしてもらっている(一部は僕より完全に混沌が強い方たちもいるが!)し、そういうことを求められる方々がお仕事の話をしてきてくださる。

好きだからやってきたことが自分の強みとなりつつ、さらにその先にある、予測できない世界へと進んでいく。

もう、そういう生き方、スタイルになっちゃったんだろうなあ。


この先に何がある???

ケータイからなので、特に乱文失礼。



PS マインドマップ基礎講座終了後、何人かの方からメールをいただけるようになってきた。
   みなさん、大きく自分の脳の変化に気づきわくわくしておられる。
   本当に講師冥利につきる。感謝です。
-----------------
sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

段取りはかなり重要。

| | トラックバック(0)
matsukatsu(まつかつ)です。

午前中かけて、様々な仕事の段取りをしている。

いくつもの打ち合せをパズルのように、空き時間に入れながら、
それぞれの関係性をみて思考をふくらませたり、関連する取組をしたり。

段取りはかなり重要。

そして、今の僕の場合、自分で決めていく仕事、
それもかなり生ものを扱っているだけに、変動要素が多い。

そこをハンドリングできるのは、個人主体でやっている強みだし、基本的に依頼を受けてやっている仕事なので、やりがいはある。



でも、小言だけど、「秘書」っているじゃあないですか。
ああいう風にスケジュール等も管理してくれたりすると、直接業務に集中できるよね、確かに。

そういうのいいなあ、と思いつつ、でも、僕の場合は、こういう段取り含め混沌としている状況を整理し、前進すること自体が、僕のやり方だし、そこから何かを見出したいので、これはこれでよし!

・・・などと強がってみる(苦笑)。


束の間のぼやきと息抜き、終了。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

2、3分で終えます。

今日は午前中、中小企業大学校へ。
今までの「学生」は異なり、今回は「アドバイザー」として。

これまでは外から眺めるだけだった指導員の部屋に入り、仕事をさせていただいた。

そして、養成課程時代に何度か書いた通学路も、今日は車で通った。景色が違うし意識も違う。
でも、あの必死さは絶対に忘れてはいけないと思う。


それからそれから、今は新3期生の4回目の実習、大詰め。
実習にインストラクターの中で、僕が1年前お世話になった二名の先生、T先生、N先生とお話をさせていただく。


アドバイザー業務では、昨年3月までお世話になったM氏とやりとり。
最近の僕の他のコンサルティング業務と同様のスタイルで、お話を聞いて、マインドマップ形式で、さまざまな可能性を二人で見ていく。

まあまあの落とし所になったと思う。


お昼は、Mさんと一緒に59期卒業生のKさんとお食事。
つい、マインドマップで問題解決できるよ、というお話になってしまう。(かなり具体事例でのお話ですよ、中小論ではなく)

Mさんからは「情報処理能力が格段に高まりましたね」という感想をいただく。 ←これが書きたかった(笑)。

自分では3月までとの違いはよくはわからないけど、でも、結構実践を積んできているし、今一緒に仕事をしている方たちが、本当にレベルが高いため(前職時代とは比べることができないくらい!)、それで僕も必然的にレベルアップしてきているのかもしれない。

環境が変われば、自分も変わっていくんだなあ、と。


その後夜はマインドマップの仲間と、最近流行りの「2.0」。
この仲間たち、半端じゃないんだよなあ。
こういう取組がしたかった、という理想形のひとつが目の前で行われている。


だども、仕事があふれそう。

注意しながら、朝は早く起きませう。

ということでおやすみなさい。
強烈な書きなぐり。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

お盆休みもおわりましたね。

こちらもいよいよ来週からアクセルを踏むので、ひさびさにBLOGを書きました。

って、コメントのことです。
今日はためていたお返事をまとめて4件分書きました。

マインドマップ基礎講座、デビューです!
やるべきこととやりたいことと。。。
東京マラソン2008 と 「種まき」という比喩


あんまり深いこと考えずに、会話するように書いているから、意味不明かもしれないけど、みなさんのコメントに返信をする時にはたくさんの気づきが起きるので、本当に感謝、なんです。


今まで書いたコメントが759投稿(この中には1投稿で10件以上のコメントがある記事もあり)です。
全投稿が894件なので、結構な記事にコメントをいただいていることになります。

そしてそのつど、自分が書いた記事を読み返し、考えることができるのは、とてもいいことです。

BLOGを通して、人との対話はもとより自分との対話をさせていただいています。

そして今まで気付かなかったことに気づき、次にすすんでいくとです。

たまに「コメント返信って時間かかるでしょ?」って聞かれるけど、僕の場合は、コメント返信にかかる時間よりも、そこで得られるものの方が大きいみたいで、その辺は気にならないようです。


では、明日から月曜日からも元気にいきましょう!

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

やるべきこととやりたいことと。。。


おかげさまで、やりたいことを積み重ねつつある今の僕ではあるが、
それでもいつのまにか目の前のやるべきことに圧倒されそうな時がある。(今がまさにそうだ!)


そんなとき、少し後ろに引いて、その中でも「本当にやるべきこと」を見出し、いつの間にか自分で思い込んでしまっている「やるべきこと」を捨てていく、そういった時間を少しでも取らないと、どんどん惰性で流されていくことになりかねない。

自分のかじ取りは自分でやる。


車で例えるなら、「ハンドル、しっかり握ってろよ、自分!」という当たり前のことが、こと人生においては見失いがち、忘れがち、になる。

「自分」という車がいつしか半自動操縦になってしまいそうになっている(というか周囲の流れに疑うことなくついていってしまいがちな)この世の中に対して、時々でもいいから、疑いながら、気にしながらいれるかどうかは、ある意味、自分との戦いかもしれない。

でも、実はそれは、自分を本当に大事にすればいいだけ、なのかも、しれない。

そんなシンプルなことを見失いがちに、なる、よね。

シンプルなことほど難しい、ということを痛感しています。


なーんてことをさわやかな早朝に考えるのはメもったいないモ。
より生産的なことをしませう、お盆三日目。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

小休止?

| | トラックバック(0)
matsukatsu(まつかつ)です。

いかんいかん、数日BLOGの更新ができずにいました。
元気でやっています。

何回かケータイから投稿をしようとしたんだけど、書きだすともっと書きたくなったりして、なかなか思い切りがつかず、という間に、3日間も経ってしまいました。

エイヤッ、と思いきりやることは大事、ですね。
そして、惰性でなく、少し立ち止まってみる、ことも大事ですね。

ということで、お盆期間中じゃあないですか、
今までの2007年の2/3の期間を振り返り、残りの1/3のイメージをしたりしてみたいと思います。

走り続けること、充電すること、両方セットで一つ、ですね。


本当は書きたいこと、山ほどあるんだけど、中途半端はいけないので、今日はこれにて。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

結局昨日は貫徹してやりまして、朝方と昼に軽い仮眠。
今の時間まで飯以外はほとんどPCの前で作業。

やっているのは、僕の専門領域のひとつである、情報デザイン(IA)。


あまりほめられたものではないんだけど(苦笑)、でも、この熱意、根気はなんなんだろうね?

やはり
・自分で選んだ仕事であること。
・クライアントのニーズに応えたいという思い。
 それも、相手が気付かない「ビジネスインパクト」に気づき、それを与える、伝えることで。
・自分の脳みそのインプット⇔アウトプットの芸術性の追求 ←ただの独りよがりのことです(笑)。

などの理由があるだろう。

徹夜なんてあんまりほめられたもんじゃあないんだけど、ね。

今日は少しちゃんと寝て、明日最後のブラッシュアップに入ります。

簡単ですが。


多分、こんな記事も数年後に見たら「あの時は若かったなあ、青かったなあ」って笑ってると思うんだよね。
そういうことも含めて、今の自分の断片を迷いなくためらいなく、書いたりしています、今日この頃。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

夜中のつぶやき

| | トラックバック(0)
matsukatsu(まつかつ)です。

何か書きたくてしょうがないんだよねえ。

今2時。
まだまだやることあります。


*** この間、仕事に没頭 ***


と、思ったらもうじき4時。

相変わらず油絵を塗るように、全体像を作りながら、遅々として進まない感じ。

でも、きっちりと土台を作れば、あとは流れ作業、ドミノ倒しみたいなもの。


・・・ただねえ、間に合うかなあ。。。
ちょっと心配になってきた。



それから、夜中に仕事してて眠くならないようにするポイント。

 呼吸 を意識すること。

たいてい、根を詰めていくと、息も詰まってくる。
そうすると、ただでさえ寝ていたい時間に酸素まで不足したら、いつの間にか、うたた寝、ということになりかねない。

あとは追い込まれた感(苦笑)。
これは僕の場合は多いかも。

いつになったらしっかり前倒しでできるようになるんだろう?
いや、でも、無理無理。
時間あれば、得意の「道草(みちくさ)」。
直接関係ないことに時間を使ってしまう。

ただ、その時間、あとで役立つことが多かったりするので、結構大切にしている。


うーん、もう気分転換終わり、かな。

夜が明けたらまた書きたくなる、かな?
つぶやき、というか独り言、でした。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今晩は明後日の打ち合せのための資料づくりで、朝までやるかあ、って感じです。

独立したての頃よりは、だいぶ無理をしなくなった。

でも、やはり、クライアントが一番スムーズに今後の作業ができるように考えると、やはり資料作成時間が必要なときは必要。

また、資料作成は時間がかかるのだけれど、相手が複数人いるとか、さまざまな要件を考えて、必要時にはしっかりやる。

こういったことは、前の会社時代に徹底的に鍛えられたもの。
「なんでこんな夜中まで毎日やんなきゃいけないんだよぉぉ」と思いながらやっていた作業も、今思えば、大変ありがたい経験。



その資料作成と合わせ、matsukatsu.comの原稿がどんどん出来上がって、メールが来る。
そっちを考えていると楽しくなっちゃうが、今日は我慢して、ストイックに打ち合わせ資料づくり。

後で、気晴らしに作業風景の写真でも載せるかな。

それからそれから。。。



そうだなあ、なんかつぶやきたい気分でいっぱいだ(笑)。


夜明けどきなどに、筆が乗ってたくさん書いている、かも、しれない。


いやいやひとつ。
今日お会いした素晴らしいコンサルタントの方がおっしゃっていたが、コンカレント(同時並行的、でいい?)に仕事を進めるって、僕もある意味ではそういう方法をやってきている。

そういう思考でそういう取組をしている先に見えてくる「何か」を考察していたい、というのが、その原動力、かなぁ。

いや、そもそも、すべては僕の脳が取り組んでいること。
全部がつながっているんだから、相乗効果が発揮されるようにやるのは当り前ではないか、、、

などと書き出すときりがないから、とりあえずこの辺で(笑)。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

眠い。

| | トラックバック(0)
matsukatsu(まつかつ)です。

眠いっす。

うー、今日は夜にかけてマインドマップ関連の書類を作成していました。

眠い眠い眠い。

そろそろおやすみなさい。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

中小企業診断士一次試験受験の皆様、本当にお疲れ様でした。
もし、気が抜けて二次試験対策ができないという方で、今から二次試験までどんな時間が流れていくかを知りたい方は、私のでよければ、リンク先をご参照ください。
2005年8月の日記2005年9月の日記2005年10月の日記



さて、本題。
土日の週末、家族としっかり過ごした。
家のDIY、掃除、花火、CDレンタル、アイス、プール、BBQ、、、

まあ、今まで週末らしい週末を過ごせていなかったので、このくらいは当たり前なのだが、

気づいたのは、一緒にいればいいということではなくて、
一緒にいるときに、気持の矢印がどこへ向いているかが、大事だということ。

そして、それは子どもたちのリアクションを見ていると、よおくわかる。

最近、子供たちは僕にいろいろと話をしてくれるようになった。


今まで、自分の行いを、例えば下記のように正当化してきたけど、
2005.12.06の記事

ここで僕は、中小企業診断士勉強の目的のひとつが「家族と豊かなときを過ごすため」だということに気づきました。

もうひとつ幼稚園の園長先生との会話。彼はもう60代くらいなのですが、若かりし頃の話を私にしてくださりました。家族にも相当迷惑をかけた、という話を聴いて私は質問しました。
「もう一度その頃に戻れるとしたら違う過ごし方をしますか?」
園長先生は言いました。
「いや、あの時は一生懸命だった。後悔していないし、もう一度やるとしても、あの時と同様、がむしゃらにやることと思う」と。

そこで僕なりに思ったのです。

本気で一生懸命やることだ!それはいつか必ず伝わるし、まず自分がイキイキと過ごせなくて家族を幸せにできるか、などなど。


それはそれ。
あとは状況が変われば、気持も振る舞いも変えていく必要がある。

こんなことに気づくのが遅いのも本当に笑っちゃうお話だが、なかなか自分のことは自分ではわからないもの。


今、再読している『トニー・ブザン頭の自己変革—未来を築く7つのツール』でも「変化」について様々な切り口から我々に問うている。

これは実はすっげえ学びの深い本なんで、いずれ詳細を記そうと思っている。


それからそれから、金曜日に大変なメールが届きまして、
大変な決断をいたしました。

このことに関しては、数ヶ月後にお伝えできると思います。
なんだかこわいくらいだわ。

ということで、家族のことを書こうと思ったけど、(マインドマップの)本のこと、近況報告、など、やはりひとつのカテゴリーに収めることは、できないや。

で、今日の話をまとめるタイトルは、、、 強引に「変化」ということでまとめてみた。

こういうこと自体が思考のトレーニングになっているのは言うまでもない(笑)。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

このBLOGを見てくれている方には、「診断士受験502教室」での、中小企業診断士 一次試験受験者の方々もいらっしゃいます。

明日はいよいよ、一次試験の当日です。

もう準備を終えて、心を落ち着けている時間でしょうか?
それとも最後の確認をしている最中でしょうか?



僕のように、全然診断士として振舞えていない者が、そのことについて、とやかく言うのは、はばかれる気がしているのですが、

それでも、やっぱり受験者の方々に、僕の観点で、エールを送りたいと思います。



明日からの二日間、すんごい凝縮した時間を過ごすことになるでしょう。(すんげえ、心臓がバクバクしたりして。)
そして、その凝縮時間は、人生で、かなり素敵な瞬間だと、僕は思います。

今までそんな時間、あまりなかったのではないでしょうか?
少なくとも僕にはなかった。心から喜んで勉強するなどということは。。。

楽な道を選んでもいいはずなのに、あえて自ら選んだ苦しい道を歩む、あなたの熱意を、こころから応援しています。




・・・ごめんなさーいいいい、無責任野郎の分際で。。。

でも、一生懸命になれる人間はかっこいいと思います。
あなたの努力が報われることを心から願っています。。。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今日は、、、自宅オフィスで仕事でした。

資料が相当たまってきて、(気持ち的に)身動きがとれなくなっていたので、 エイヤッ! と大きくシャッフルして、荷物を大分類して移動しました。

その最中、声をだしながら考えを整理し、取り組んでいたので、娘が不思議がっていました。


そんで、大きな片付けを終えたら、今度は今やっているプロジェクトの資料の整理。

僕はメモ書きから含めほとんどの資料を取っておき、提案資料を作る際は、それらの資料も再度確認するようにしている。

モレ、ヌケをなくしたいためと、それから、「文脈」をとても大事にしているからだ。


そういうことをやっていると、資料の量が半端じゃなくなってくるし、普段はきれいに整理できたりしないもの。

なので、ある時期が来たら、再度分類のし直しをすることになる。

今日の再分類は写真のような感じ。

作業中 混沌を分類

中小企業診断士の試験勉強時は壁3面に模造紙(6枚!)を張って、そこにいろいろなことを書いていたので、それよりは はるかに マシ(笑)。

でも、混沌(とその先にある、思いがけなくも創造的なアウトプット)が好きなので、こういうことをしていると、なんか楽しいんだなあ。


あああ、今日も本のことが書けなかった。。。

また今度!

そうそう、昼間は『ザ・マインドマップ』の第一部のマインドマップ化(下書き、だね、この状態は)をしました。

ザ・マインドマップのマインドマップ(一部)

しばらくぶりにじっくり読んだけど、こりゃあ、すげえ本だわ、やっぱり。
今まで発見できなかった部分がどんどんくっきりと見えてくる。

これも実践の成果、ということでしょうか?
うん、そうだということにさせてくださいませ。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口