本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

【日記】:独立以降(2006年10月〜): 2007年2月アーカイブ

matsukatsu(まつかつ)です。

終電ぎりぎりでBLOGを書いていた1年前みたいな感じで投稿します。

今日は出社ではなく自宅での作業だった。

とはいえ、お気に入りの美容室 APACHEへ行き、楽しい話をしたり、経営のことを話したり(ここの代表、M氏とは中小企業診断士勉強中からのお付き合い。当BLOGにもたびたび彼の話題は書かれている)、

その道中で、日曜日のマインドマップセミナー準備のための各種ツールや材料を買いに行ったり、ブックオフに行けば、やはり厚い本を5冊くらい買っちゃうし、帰宅して、初めてOffice-DEPOTへ発注したり、娘の保育園のお迎えに行ったり、

夜になって、ようやく先日の企業診断報告書を書き始めたり、などなど。

子供とも接する時間が多くなってうれしい反面、彼らの学校生活の話を聞いたり、宿題のお手伝い(マインドマップを使うことあり)をしたりしていると、あっという間に時間が経ってしまう。


で、なんで今日書いているかというと、美容院APACHEのスタッフと、「なぜ頭を洗ってもらうと気持ちがいいか?」を話していて、「そうだ、BLOGに書くから写真撮ってよ!」とお願いした手前、何も書かないわけにはいかないと思って、明日も仕事があるのに、書いているというわけ。


頭を洗ってもらっているのはこんな感じ。



なぜ気持ちいいか?

1.そりゃあ、人にやってもらうのは気持ちいいじゃん! 
  耳掻きだってそうだろう。

でも、人にやってもらう耳掻きよりも気持ちがいいと思う。
なぜだろう。


2.頭を空っぽにできるから

これは説明が必要で、普段我々は無意識的に頭を回転させている。
頭を空っぽにするにはどうしたらいいか?

それは実は簡単。 「からだ」を使えばいいのである。
「あたま」と「からだ」、シンプルだね。
ちなみにこれは、20代の時はまった西野流呼吸法の師、西野氏の理論。結構今でも納得できる。

で、話を元に戻して、僕的には頭=脳みそ の一番近くの「からだ(≒体感覚)」を感じているから、だから、気持ちがいい。
つまり、「からだ」の感覚を、「あたま」が頭=脳みそを使わず感じている、捉えているから。

意味わかる? 俺はわかんないね、支離滅裂。

まあいいや、次いこう!


3.癒しの空間、非日常

美容院ってそういう場所だよね。
よく眠くなるじゃん、美容院行くと。
あそこは別世界なんだよね。
だから、まず美容院に行った時点で、日常の様々な問題を忘れて、その場所、空間に身をゆだねて頭、を空っぽにしているんだよね。


4.そこにあたまのマッサージがはいる!

マッサージだから気持ちいいわけだよ。


って感じで話をしたり、写真にあるようにスタッフ2名からドライヤー攻撃をされたり、楽しい時間を過ごしたわけ。




そして、いつどんなときでも、「なぜ?」「どうして?」とか
「楽しいこと」に意識は向く。


そんなことだから、自宅での作業(職場に行かない日)は、いつもと違う刺激が入り、自分の頭が活性化し、様々な貯金がされ、リフレッシュされるのである。


えっ、頭洗われながら、いろいろ考えていたら、「頭」使ってんじゃん!! って?

そうなんだよねえ(笑)。
でも、そういった分析っていうのは、一瞬でカタマリとして頭に振ってくる。
それを後で解きほぐすわけじゃん。

あたかもそれは、中心にある細胞核と、そこから全方位に広がる具体的事象、、、

あっ、マインドマップ!!!(笑)
(注:別にこれが書きたくてこの投稿をしたわけではありません)

最近どうも頭がマインドマップ化(?)していてしょうがない。
でも、その比喩的な観点で自分の頭の動きを考察すると、非常に頭が活性化しているのがよくわかるし、様々な事象がいとも簡単に説明できるような気がする。脳神経細胞(シナプス)というのは非常に強力なメタファーだと思います。

たわいもない、脈絡もない、変な文章でした。(いつものことか!)

かなり開き直ってバカをやっている自分。。。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今日も遅くまで作業。

最近遅くまで作業をしているときは決まってマインドマップのこと。相変わらず追い込まれないとやらないのは変わっていない(笑)。
今日の作業はコンサルタントの方向けに3月に実施するセミナーの企画立案。

それはそれでいいのだけれど、最近、沸き起こった感情をBLOGに書こうと思い、やめることが多い。

今までと同じように思いを解き放つように書きたい自分と、いやいや、立場ってもんがあるからわきまえなさい、という別の自分と。

そうこうしているうちに、大切な「思い」は消えていく。。。

それは非常にもったいないこと。
そして、大切な機会を逃しているんだと思う。
息をしっかり吐くように、思いに「かたち」を与える。
そうすれば、次により深く息を吸えるんだと思う。

[最近、特に「呼吸」のメタファーが多くなってきたね]


周囲から見られている自分、分別のある自分、そんなものはくそ食らえ!(きたない言葉、失礼)

余計なものをそぎ落として、シンプルでありたい。無邪気でありたい。そう、いつまでも子供のように。。。


・・・こんなこと、投稿しちゃって、いいのかなああああ?(笑)。


いいのいいの、バカ丸出しでも、恥ずかしくないんだよね。
もう、通り一遍の恥ずかしさは体験しているから。

一生恥をさらして生きていくんだとも思うから。


あーーー、せいせいした。

やっぱり自分で自分を壊していかないとね。
今の時代、変化しないことほど危険なことはない、かもしれない。


いや、ウソ。
僕の場合、変化したいから変化していく。
変化が自分の成長に必要だと思うから変化していく。

そして変化する中で変わらないものを見る視点、それが大事。

作家村山由佳が言っていた「変わらずに変わり続けるものを書き続けたい」と言う言葉を思い出した。

いつまでも終わらないから、この辺で今日は終わらせてしまおう。

ここまで書いたところで、今日のタイトルをなんとなーく決める。
「変わらずに変わり続けるもの」と。

なんかさあ、マインドマップを描かなくても、こうやってキーボードに向かっていると、潜在意識に近いところとアクセスして、思いが言葉になっていくんだよねえ。面白いなあ。

PS 今日はお別れの日でもありました。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今日はとあるホームページで私が紹介される予定。

該当ホームページから来られた方、ようこそ!!!
その方々にとっては私の顔がばればれなのですが、今までの10万アクセスの多くの方は私の顔をしらない(はずな)のです。

ですので、こちらから、該当ホームページにはリンクを張りません。
内容もこっぱずかしいし(笑)。

あの内容は、面白かったでしょ???僕も楽しく読みました。

でも素材(私のこと)がよかったわけではなくて、スタッフがとても素晴らしかったため、僕が思ってもいなかった面を引き出していただけたというのが正直なところ。
二回連載だったんだけど、すごいのは、僕まで二回目を読みたくてしょうがなかったというくらいの面白い記事になっているところです(自分ごとではないみたいな感じです)。


さて、その他、何を書こう。
昨日は製造販売業の個別診断をやらせていただいた。
守秘義務があるので、当然詳しく書けないが、非常にためになったし、役立てていただけたようで、うれしかった。
やはり僕は、現場での直接やりとりで相談に答えることが好きだし、得意だとも思っている。


そして今日はこれからマインドマップの研修に、とある会社に行ってきます。そこの会社はとっても面白いことをしています。
中小企業診断士勉強仲間のhoriさんの会社でした。
でも、ああネタ仕込みでこんな時間になってしまっただよ。

そして、2月25日(日)には四谷でマインドマップセミナーを開催します。ただ、あまりおおっぴらには募集をかけないつもりなので、もしご興味のある方がいたら、プロフィール最下部に記載されているメールアドレスから、ご一報くださればと思います。

では、初来訪者の方は、もしご興味があれば、ページ右上部のカテゴリーから興味ある記事をご覧くださいませ。

そうそう、フォトリーディングに関しては、もう当たり前のように日々の暮らしに溶け込んでいます。
ただ、マインドマップにまとめる形の読み込みはあまりしていませんが。

フォトリーディングに興味がおありの方は、本当にだまされたと思って○○○さんの講座に申し込まれたらいいと思いますよ。

では、あまり内容のない投稿ですが。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。
予定変更で、自宅で家のことをやっている週末のとある時間です。




そりゃあ、迷うよなあ。
いつまでもこんなBLOGを書いていていいのか?

元を正せば、中小企業診断士の勉強を始めた際の自分用備忘録みたいなものだったわけで、
502教室にリンクしている勉強仲間のBLOGを読み、励まされ、励ましあううちに、かなり裸に近い形の気持ちを書くようになっていた。

毎日書くことだけは自分に課していたので(勉強を習慣化するため)、そのとき思いついたをそのまま書くようになっていた。
だって、終電で帰る間際に書くと、書く内容なんて吟味している時間なんてないでしょ?

書く内容は勉強だけにとどまらず、うれしかったこと、驚いたこと、仕事で感じたこと、人との出会い、、、、

結構、人って表現しだすといくらでも書きたいことが出てくるんだって思えるようになった。

そして、書いてみると、後での「気づき」が山のように押し寄せてくることもしばしば。

そうか、「出せば出すほど入ってくるんだ」そう感じた日々だった。

そう、それは、あたかも「呼吸」のよう。
たくさん吸うためにはしっかり吐き出すことが必要だもんね。


そんなこんなで、中小企業診断士養成課程の非常にハードな6ヶ月間においても、おんなじような勢いで毎日書き続けたわけで、

自分の中では、中小企業診断士受験時代とおんなじ気持ちであり、かつ、読者は勉強仲間だけだと思っていた。。。。


ところが、ところが、インターネットの中ですよ、このBLOGの所在は!

世界中の誰もが読めることなど全く考えることもなく、書き続けていました。


養成課程の関係者(講師や中小企業大学校の方)が読んでいることに気づかされたのが、なんと、養成課程の卒業間近。
2006.10.06のこの記事です。

最後の実習の先生(今も大変お世話になっている方だ)が、
実習の途中で、我々へのミニレクチャーをしようと、やおら立ち上がり、

今日は午後からバランススコアカード(BSC)の実践をメンバー6名でやった。
それに先立ち、指導教官からの10分ほどのレクチャーがあり、その後4時間くらいかけて、戦略マップを作成してみる。
2006年9月25日の記事より


「えーっと、まつかつさんのBLOGによると、私が10分しか説明してないということになってしまっているので、もう少し補足いたします!!」



「ガーーーーーン!!」





班長としてファシリテーションをしていた私に襲った衝撃を、皆様、ご想像できますでしょうか??


私はその場にヘナヘナと座り込み、しばらくは力が抜けて、なにもできなかったんですね。


まさか自分のBLOGを、養成課程の仲間以外が読んでいるとは、、、
それも、自分の班のインストラクターの講師が。。。


今考えると、「お前アホか!」って感じなんでしょうが、書き始め当初の文脈が文脈です。
僕には本当に考えられない事態でした。


そこからは、BLOG執筆をする際に養成課程関係者の事も意識しながら書かざるを得なくなったわけで、若干そういう記事も書かれています。



まあ、そんなこんなで、アホな内容を書き続けてきたのだけど、今度は「関係者」というのが、養成課程だけじゃなくて、どんどん広がってきている。
具体的には、仕事の取引先(一部の名刺ではこのドメインを書いたものを渡している)、各種セミナー等でお会いする方々、MIXIで出会う方々、そして、今の僕にとって最高にエキサイティングなマインドマップインストラクターの方々までも。

最近このBLOGを読み始めた方の中には「なんでこんなMIXIで書くような内容を世界中に公開しているの?」って思われる方が過半数だと思うのですが、上記のような文脈でここにいたる、というわけなのでした。

で、僕が書きたかったのは、本当はこのことではなくて、

いつまでもこんな内容を書き続けるのはどうか、と思っているよ。
これからどうしようか考えてみよう。

ってことだったんですが、それはお預け。

また、気分が変わったら書くことにします。



いっつも、そう。

まず行動してしまうから、当初の目論見どおりに事は進まない。

でも、でもね、「当初の目論見」っていうけど、その先にある、本当のゴールに向かっているか、の方が大事なこともあると思うわけで、
そういう意味では、直感に従って動き、考え、書く、方が、自分の本当のゴールに近いこともあるのではないか、とも思っている。

しして、自分のとっての「本当のゴール」は、まだ見えていない(笑)。 ←おいおい!


ちなみにこういう記事は長すぎて見直すのが面倒なので、あまり校正もせずに投稿しちゃうことが多いです。

だからいけないんだよなあ。

こいつがコンサルタントなんて思えるかい?

僕ならこんな奴に仕事を頼みたくないね。


いずれ、仕事専用のまじめなサイトは立ち上げる予定です。
そこではもっと「きりっ」とした一面をお見せできると思いますが、ここでは、走りながら考える、自分の軌跡を、自分の思いに従い書いていくのかなあ、、、

そんなこともよくわかりません。
まあ、このBLOGがいつか急に終了になることもないとも限りませんね。

このくらいで満足かい? >自分。


OK、終了!


PS 養成課程3期生の方々が決定しましたね。合格者の方、おめでとうございます。今の仕事などの片づけで大変な時期でしょうが、とても楽しく濃密な時間までもう少しですね。

そして養成課程2期生の方々、いよいよ後半、ゴールが見えてきましたか? ここからが伸び時です。今、目の前が真っ暗闇の方もあせることはありません。だんだんとうっすら視界がひらけてきますから。
膨大な、今までとは異なる情報を詰め込んだ「自分の頭の秩序」を信じてさえいれば!
そう、大丈夫。 もう少しで、そういう頭になりますから!!!
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

そう、今日は久々の「覚悟を決めた」徹夜です。

何って、確定申告ですよ。確定申告。
昨年11月に開業し、青色申告届けもだしているので、今会計ソフトにもろもろを入力しているところ。
明日、地元の青色申告会にお世話になって、すべてを終結させる予定。
二月はなぜだか超多忙で、前日までなかなか時間が取れなかったですよ。



開業費っていうのもあるので、たった二ヶ月とは言え、結構大変。
ウソ、今のは正確じゃない。
不精していたので、今その埋め合わせをしている。

でも、でも、最初の一年は、中小企業診断士的に勉強になるものは積極的に自分でやろうと決めていますので、この労力は惜しみません。財務も難しいシミュレーションじゃなくて、慣れて覚えたほうが早いんじゃないかい?

今後は、一度体験すれば十分なものは、後に省力化、委任をしていきます。


そして収支は、、、

当然大赤字。
さらに貯金のストックがいつまで持つか、収入と支出が競争しています(笑)。2007年の春あたりが勝負どころでしょうか?? ←ひとごとのよう???


きっと明け方にでもまたBLOG更新してしまうんでないかい?
なんか寂しくなって。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

本投稿は、502教室からアクセスの、中小企業診断士関係の方へターゲットを絞ったものです(そういう観点で書くの、初めてかもしれませんね)

iいつもは余計なことが多いので、すぐに本題に入ります。

これです!

企業を診断する際に、ITに関しても「バシッ!」と言えたらかっこいいと思いませんか?
でも、苦手だからあまり踏み込めないと思っている方はいらっしゃいませんか??

そんなあなたにぴったりのセミナーであり、ツールの提供の機会でもあります。

もし、診断翌日に、説得力あるチャートで「おたくのIT状況はこんな感じですよ」って伝えられたら、クライアントの眼差しが変わること間違いなし!!!



ということで2月16日に開催予定のセミナーのご紹介でした。
(注:主催者から今日お話を聞いたうえで書いていますが、詳細内容までは聞けていませんので、ご興味がある方は、該当ホームページを見て、ご自身で判断してお申し込みください。)

私も是非参加したいのですが、どうしても動かせない用事が入っているので、大変残念です。


是非ホームページをご覧くださいませ。
http://www.carriageway.jp/semi/IT_soutenken.html


PS1
入力フォーム末尾に「まつかつの紹介」とお書きくださいませ。私にマージンは一切はいりませんが、主催者側が、何で知ったかを知りたがっているため、ご協力いただけると幸いです。

PS2
こんな売り込みみたいな記事を書けるのは、自分のことじゃあないからだなあ。
自分のことは、あんまり売り込もうと思わないもんなあ。。。

では、よろしくです!
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
ひさびさのmatsukatsu(まつかつ)です。

今日はひさびさの自宅仕事日。

いや、ウソ。
先週後半から外に出ず自分の仕事をすることが多くなっている。
そして、この間の出来事もハンパじゃなかった。

まったく初めての世界に足を踏み入れたり(Nさん多謝です!)、マインドマップセミナーも自分のを2回、インストラクター仲間のも1回、いろいろな気づきがあった。
そういえば、いただいている仕事でも「気づき」はキーワードのひとつになっている。


ここまで書いてきて、タイトル変更して「気づき」のことを書こうかと思ったけど、それについて、気づきが得られている状況じゃないので、やめにしよう(笑)。

今日書きたかったことは、子供の授業参観に出て感じたこと。

二人の小学生の子供たちの授業にそれぞれ参加してきた。



今まで、小学校にはほとんど接点がなかった。子供たちがお世話になっているにも関わらず、だ。
仕事をしていれば、平日の子供の授業参観なんて、出られるはずないと思っていた。

でも、、、今出られている。
そして、一緒に帰宅し、おやつまで一緒に食べる時間がとれる(まだわずかだけど。)

やってしまえば、別になんてことはない。なんでやらなかったんだろうと思ってしまうようなことだ。
でも、今までの自分はそんなことがやれるとは思ってもいなかった。

中小企業大学校に行くこともそうだった。
OKさんが僕に話してくれなければ・・・

こういうのも「メンタルブロック」というのだろう。
あたかも鳥がかごの一部が開いているにも関わらず、外へ羽ばたいていこうとしないような、そんな「メンタル」の「ブロック」が僕らにはあるのだろう。

なぜメンタルブロックがあるのかなあ。
こわいんだろうな。

きっと変化することは怖いんだと思う。

・・・今の僕は、、、
変化することはなぜか怖くない。 いや、それは正確じゃなくて、立ち止まることが怖い、 いや、それも正確じゃなくて、
立ち止まっていられない、もっと思い切って言うと、「立ち止まるのがもったいない」という気持ち。「人生、動いてみると楽しいじゃん!」って感じ。

今のが一方。

その一方の気持ち。

立ち止まることが許されない状況に自分を追いやってしまったので、もう足元を見ることは許されない。あたかも僕の周囲がものすごいスピードで流れている状態。
その流れに身を任せないと、周囲の何かとぶつかってしまう。流れに乗らないと周囲で起きている出来事が読み取れない。
だから、「立ち止まることが許されていない」状態なんだろう、と思う。

「怖い」とか思ったら、足元や後ろを振り返ってみたら、自分に負けてしまうんだろう。

それが直感的にわかっているから、「楽しむ」ことだけに力点を置いて、生きている、とも言える。

ちっぽけな人間だから、また、人間は環境に依存する動物だから、だから、僕はこういう風に生きているんだと思う、今は。


ちょっと当初書きたいと思っていたことと違うんだけど(書きたかったのは「先生は毎回の授業でプレゼンテーションを一本つくっていてすごいなあ」ということ)、頭が考えていることを勝手に指がキーボードに入力していった、そんな感じ。

だから支離滅裂、かもしれない。ロジカルではない。
コンサルタントの文章ではない。

でも、まあ、いいじゃん、ヒトは誰でも表現者、なんだからサ。
駄文、失礼いたしました。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口