本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

【日記】:独立以降(2006年10月〜): 2007年1月アーカイブ

matsukatsu(まつかつ)です。

ふー、ようやく皆様のコメントに返事を書けました。
ひさびさの雑談モードです。

いやあ、BLOGに書きたいこと、山ほどあるんだけど、でも、書けない事も多くなってきているのも事実。


そして、土日もなく働いていた日々から、ようやくつかの間の休みをとれた。少しだけ軌道修正をした日々でもあった。

いや、少しではない。
大きな軌道修正をした。

実は・・・・・ ゴニョゴニョ。
自分のドメインを考え、一つ「切捨て」を行った。
より自分の方向性を明確にするために。ワークフリーに近づいていくために。

もしこの決断が当たったら、きっと後で「勇気あったなあ」と思うことだろう。

なんだかわかんないよね。 いいんです。自分用のメモとして。


そして、独立数ヶ月で、本当に本当にたくさんの方とお会いする中で、自分のドメインは徹底的に揺さぶり続けている。
これでもか!これでもか! というくらいに。

人生のシナリオなんて描けない。
ただ、方向性を自ら指し示したうえで、その方向を目指し、一歩一歩進んでいくことしかできないのだろう。

その先に、自分でも想像できなかったシナリオがある。
ここ数年、そういう人生を送りはじめて、人生が退屈でなくなった。人生の意味が見えてくるかもしれない気がしてきた。


まだまだまだまだ、進み続けていこうと思う。

なんでこんなこと書いてるんだろう、オレは???
タイトルはたいてい文章を書き終えてから考えます。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
ひさびさの投稿、ケータイからまつかつです。

移動中にケータイから書くしかない状態。
今週は、大げさじゃなく毎日宝物発見のオンパレード。

予想を超えて1月はノンストップ。

やったことは、、、
・マインドマップインストラクター仲間のオブザーブを二つ(1.5日)、
・企画業務で丸一日、
・人材育成関連の業務で関西出張、
 大変すばらしい取り組みの中小企業と接することで僕の中で何かが動き出す。
・デザインと経営のセミナー受講や、隙間時間にいろいろな人とお会いするなど

・インターネットカフェ調査でと称し、夜を明かす(笑)


うーん、毎日書いてたら、たくさんの気づきの断片がかいま見れたのに残念。

そして、今までの生活では考えられないほど、たくさんの人たちにお会いする。
今週は19人くらいインパクトのある方たちと会いました。
今まで絶対に出会えなくて、でも、会いたいと思っていた方たちと会えているから、本当に不思議でならない。

また、移動時間が結構あるので時間の有効活用も大切。
診断士の勉強時代に培った習慣や取り組みが役立っています。

一番よかったのが新幹線の中でのDVD鑑賞。「   」を見ました。



この時間が今の僕を象徴していると感じた。


初めて会う方からはよく心配される。「ご家族があって大変ですね」と。

やはり、多くはないけどお仕事をいただけていることには改めて深く感謝をする次第。
本当に結果はついて来るのか?
どの方向へ、どのように進むのか?

参考にさせていただく生き方は多数あるけど、ある意味、手本はない。
そういう人生を選択してみた。


進みながら考えていくことを、楽しみながら価値を提供していくことを、人と接しながら自分のドメインを明確にしていくことを、今しばらくは続けてみようと思う。

だいたい開業後二ヶ月経った現状を軽く振り返ってみました。
まあ、BLOGに書けることなんて思っていることの0.1%くらいかなあとは思うけれども。
-----------------
sent from W-ZERO3
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

ひとり つぶやき

| | トラックバック(0)
matsukatsu(まつかつ)です。

この1月は結構大変な月になるのはわかっていたが、実際にもかなり目いっぱい。

ただ、やった方がいい時期っていうのがある。
少し意識的に自分に負荷をかけて、やってみる。
実はどれもが綱渡りに近くて、結構ドキドキなんだけどね、本当のところは。

ただ、恐怖を脇に置いて、進んでみることが大事な時期もある。
意外とできてしまうこともあるものだし、ね。

2月までいっちょ駆け抜けてみっか。
2007年計画を実現するためにも、とても大事なスタートの2ヶ月になろう。

そんなことをBLOGでつぶやいてみる夜中でしたとさ。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

いやあ、今日は濃かった。

どうしても書いておきたいので、下記4点します。


1.青色申告会へ

12月から地元の青色申告会で開業から青色申告の仕方まで大変お世話になっている。で、今日は、開業届けを出してきた。
ほぼ二ヶ月前にさかのぼって。。。
で、「屋号」なんだけど、結論としては「なし」。作らなかった。

本当は、僕のやりたい方向性にばっちりあった名称があって、ドメインも用意してあるんだけど、でも今回は「なし」に。

そもそも屋号って絶対必要だと思っていたけど、いろいろ聞いてみるとそんなことないみたい。

いずれ、法人化する場合、今回用意した名称を使うことになろう。
それまでに、その名称にふさわしい取り組みができるように励むことにする。


2.とある会社へのWebアドバイス

あんまり書けないよね。でもOKさん、ありがとう。楽しかったよ!

やっぱり自分が今まで培ってきた経験があると、非常に具体的なところまで踏み込んだアドバイスができて、こちらも気持ちいい。

Web運営でお悩みのところ、きっと僕は的確なアドバイスができますよ。 売り込みみたいなことはしないと決めているし、広く一般に展開して行こうとは全く考えていないんだけど、Web運営支援、アドバイスに関しては、相当自信があるみたいだしやりたいみたい、この男。
でも、お勧めしますよ、ホントに。


3.shibajinさんに僕の核を見つけてもらう。

中小企業診断士ブロガーのお一人であり、今年4月から法政大学の養成課程に行かれるshibajinさんとお会いした。
具体的なことは書けないんだけど、でも、僕の「自分管理ツール」としてのマインドマネージャー(mindmanager)の使い方を見せたら、ひじょーーーにためになるアドバイスをくださった。

なるほど、これはマインドマップを離れても、僕の方法論であり、強みになる部分だ!

さすがは編集者! うならされる。


4.マインドマップインストラクター仲間との飲み会

20名くらいは集まっただろう、我が素敵な仲間。
皆で持ち寄ったマインドマップを交換しあったり、セミナーの進捗状況をお話したり、それぞれのビジネスの話をしたり、この仲間といると、時間があっという間に過ぎてしまう。
最低お一人あたり30分は欲しい感じ。 そうすると、20人いれば、10時間! そう、一日中話しても間違いなくネタが尽きない仲間たち。
これからみんなでどんなモノを作り上げていくか、ものすごく楽しみ!



ただし、ただーし、今日だけでも結構パンパン。
昨日もかなり危ういところまでやったし、明日は明日でまた別のプロジェクト。

ちょっと自分をセーブしないと、これ以上はパンクしてしまう。

自分の頭の中が等比級数的に膨らみ始めるときに、注意深くブレーキを踏むこと。 それが大事。

そしてブレーキを踏んで、インプットの量をセーブする。
すると、インプットされた情報が秩序だって頭の中に納まる。
そういう感覚をできるだけ察知できるようでありたい。

なるべくアンテナを広く張り、できる限り多くのことに興味を持ちつつ、でも自分のコアコンピタンスに集中する。 ←矛盾している???

自分経営って難しいね。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

ひさしぶりの投稿のよう。

2007年の計画に書いたこともあり、毎日の計画と振り返りと、一週間の計画と振り返りをやるようにしている。

これがいつもできていれば、相当パワフルな一年間が過ごせることは間違いない。

で、いつもつけている一週間計画表(これは日々のタスク管理であるフランクリンプランナーを補うものとして、独立して管理しているもの:後で写真添付)に1月最初の週の振り返りをした。

うん、いいんじゃない、順調な滑り出し!

って、書いてみたしそう思っているけど、ちょっと自分を振り返ると、このBLOGを書き出したころからだんだんと、だけど、前向きな思考しかできなくなってきている。

前向きな思考がすばらしい! などと言うつもりは毛頭ない。

ただ、今の自分はそういう思考になっていて、後ろ向きな思考はもったいなさすぎてできなくなっているのかなあ、と、そういう風に思っている。

なんととりとめもない。。。
書く必要もなかったかな。。。

まあ、いいや、2007年、最初の出だしは快調! ってことで!!

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今回の年末年始は家族を実家に帰し(いや、実家に帰られてしまったという説もあるが)、自分のやることに集中させてもらった10日間だった。

明日家族が帰ってくるので、終わってみればあっという間だったが、非常に貴重な10日間だったと思う。

書き出せばきりがないほど、今までできなかったことの類をやれている。

・Web構築プロジェクト
・ヤフオク処分
・コンサル実務宿題
・書籍読み読み
・マインドマップセミナーの充実
・年賀状をきっかけとした「ヒト」の整理
・養成課程での作業の振り返り
・主夫たちの集い
・祖父母宅訪問
・実家での正月
・自分の身の回りの整理(棚卸)
・各種環境構築
・2007年計画立案
・一人での生活の自己管理実験(?)

いや、今思うのは、家族で暮らしていると、家事全般を妻にやってもらっているのだけど、これが実にありがたいことだということに気づく。
あれもこれもやってほしい、などと、ないものねだりをしてしまっていたけど、実はそれは大間違いだったことに気づいた。

ちなみに僕の妻はほとんど僕のBLOGは見ない。
好き勝手やりすぎたおかげで、「あなたの心配までしてられない。子供たちだけで精一杯なんだから」とのことである。

読んでもらえないけど、でも、今、強く感じているのだから、ここで感謝を述べさせてもらった次第。「いつもありがとね」 ←照れてる。


さて、この10日間の行動を振り返ってみると、「すべてがつながっている。」
間違いなくすべてはひとつの(方向性と長さを持った)ベクトルへと進んでいる。

それが何なのかは、まだ、僕の健在意識には現れていないけど、確実に、そしてゆっくりと秩序だちつつある。

今日はこれからコンサル先のヒアリング資料の修正と、それから山のように買ってきた&借りてきた本の読み込みをする。

本に関しては、去年は多分300冊くらいは情報処理したと思うが、今年はさらにパワーアップ。密度と読む本の質と方向性。
1月にフォトリーディングの再受講も行くしね。


なんにせよ、

一人の時間。
とても幸せで、でも結構寂しく、とてつもなく贅沢な、不思議な時間でした。

自分を見つめる。自分と対話する。自分自身に聞いてみる。思うままに動いてみる。

そうすることで「セルフ2」(インナーワークにある概念)の声は大きくなっていく。。。

「ワークフリー」から「ライフワーク」へと移行しつつある貴重な時期なのかもしれない(って俺にしかわからない文章だね)。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

502教室からのリンクをnetplusさんにお願いして、再度貼っていただきました。

ひっそりとしていようとも思ったんですが、やはり502教室のトップページにこれからたびたび登場するので、一応簡単な自己紹介は書いておこうと思い、キーボードをたたいています。

matsukatsu(まつかつ)って誰だ?
にお答えします。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今実家でパソコン3台広げて作業中。
紅白歌合戦が横で流れていて、よくラジオで聞いていたあの歌は、こんなヒトが歌ってるんだあ、とひっさびさの歌番組が新鮮でした。

テレビから除夜の鐘も聞こえてきたし、
この一年、激動の時間だったから、
ちょっと振り返ってみようかなあ、なんて思ってみる。


でも、終わってない作業があるから、やあめた。

と、思ったけど、あと10分じゃ作業間に合わないから、やっぱ書く。


・・・と思ったら、年が明けた(笑)。


いやあ、BLOGに目を通したんだけど、本当に色々あった。

丁寧にリンクをはると素敵なんだけど、

2005年12月末:しばしお別れ502教室!
2006年2月:今の会社を「卒業」します。
2006年3月末:新宿駅とのお別れの予感
2006年4月中旬:長い気がした一日

そして、4月末から始まる中小企業大学校養成課程のこととして、
2006年3月初旬:第58期中小企業診断士養成課程の受講者発表

ここで(書くのに)息切れ

4月末にフォトリーディングの講習に行って、
その後、怒涛のような養成課程での6ヶ月間

例えば、7月のこんな記事などはどうだ?
診断報告書作成と試験勉強の相違と、この経験の貴重な点

そして、全てをすっとばして、
修了式10月20日:6ヵ月間の贅沢な、夢のような時間の終わりです。


それからそれから、ついに独立を決心した、
11月8日:ついに決断。 独立します!

11月後半から、マインドマップインストラクター研修の日々


でも、読み返してみると、会社を辞めるまでの日々の混沌ったらないよね。
辞めるということへの覚悟はしていたみたいだし、始めるより終わるほうがエネルギーが必要だったという事実。

そして、本当にたくさんの人との間で、今の僕があることがよくわかる。


この投稿、ちょっと息切れした感もあるけど、でも一年を振り返るのに、春までの時間の重さが、実は相当なものだということに今気づいた。

やっぱり不確定要素の中での動きほど、難しく、そして、それゆえ、様々な思いが含まれているため、後まで記憶に強烈に残るのだろう。

養成課程での死に物狂いでの6ヶ月は、ある意味、6ヵ月後というゴールが明確にあったため、「楽」だった、とも言えるのだろう。

迷った分だけ、成長する。
がんばった分だけ、成長する、かもしれない。

そして、成長すればするほど、生きるのが楽しくなる、という仮説のもと、僕は生きているようである ←???


たわごとはおいて置いて、、、

「皆様、今年もよいお年でありますように!」
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口