本サイト「matsukatsu.com」はリニューアルして移転いたしました。
新しいサイトはこちらです → 新matsukatsu.com
welcome to matsukatsu.com   BLOG   マインドマップ   フォトリーディング)   本棚   リンク集

松岡 克政: 2007年5月アーカイブ

当ページをごらんいただきありがとうございます。
5月27日開催の本セミナーは終了いたしました。
皆様ありがとうございました。

次回開催日は三鷹にて7月8日(日)に決定いたしました。ただし、開催時間は13時半〜20時半(予定)とさせていただきます。

  → マインドマップ基礎講座の最新情報
  → 受講者の声

また、「ブザンワールドワイドジャパン主催のマインドマップ基礎講座と、当BLOGで掲載している同講座との相違は?」というご質問にもお答えしています。

以降省略


※ マインドマップィ、及びMind MapィはThe Buzan Organization Ltd.の登録商標です。日本における正規の団体および公式ページは、「ブザン・ワールドワイド・ジャパン」になります。当セミナーは、ブザン・ワールドワイド・ジャパンの認可を受けた上で運営しています。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

本投稿では私のマインドマップセミナー参加者の声を掲載いたします(掲載許可いただいたものに限定しています)。
4月14日、28日開催分の受講者の声を追加いたしました。(2007.05.20)

なお、最新のマインドマップセミナー情報は当ページに掲載しています。

・匿名希望様
ありがとうございました。楽しいひと時が過ごせただけでなく、「色」のパワーを心底実感しました。
何といっても、仕事以外での活用可能性が広がったのが良かったです。

・岡部様
以前にも、松岡先生のマインドマップセミナーにお伺いいたしまして、今回二度目の受講となりますが
相変わらず素晴らしい内容でした。今後、マインドマップを生活の一部に取り入れて、脳力を高めていきたいと考えています。本当にありがとうございました。

・MM大好け様
今日は本当にありがとうございました。本では伝わってこなかった所を講座という形で理解することができました。自分のマインドマップを今までと違うものにしていきたいと思います。

・匿名希望様
とても楽しく勉強させていただきました。ありがとう!!

・匿名希望様
実践してみて、楽しい発想法でした。「宇宙の旅」のように、全く知らないことでも何かアイデアがでるものだということがわかりました。充実した内容でした、ありがとうございました。

・A、I様
本日は、ありがとうございました。マインドマップの基礎を学べたことは僕にとって大きいものでした。(わかっているつもりで全然わかっていませんでした。)マインドマップを生かして今後、いい報告ができるように努力していきたいと思います。ありがとうございました。

・Y、E様
ありがとうございました。今までより書くのが楽しくなりました。これからもどんどん活用していきます。

・Hideyuki様
セミナーの第二段を開催して欲しいです。

・匿名希望様
インストラクターとしてとても魅力的でした。過去の様々な取り組みを聞いて、マインドマップの講師としてふさわしい方だと思いました。ありがとうございました。

・オットセイ様
上級者編ができたらまたお願いしたい。(記憶術に興味があります。)人生、仕事、趣味、あらゆる分野で活用してみたいと思います。人間の脳力を向上させる有効なツールであると思いました。

・小倉美紀様
マインドマップへの情熱が伝わってきました。あとは、もう少し言葉(表現と)にうまくのせていただけるとさらによくなると思います。ありがとうございました。

・H様
マインドマップは何でもできると思いました。ありがとうございました。


・匿名希望様
とてもパワフルかつ、丁寧なお話で、とても有意義なお話でした。もっと時間があればいいと感じました。本当にありがとうございました。これからマインドマップを活用していくに当たって、またご指導おねがいします。

・秦嘉晃様
本当に楽しくて、仕事に追われていることを忘れてます。さっそく活用します。本当にありがとうございました。

・福本いずみ様
まつかつさん、楽しかったです。ご苦労様でした。また、受けたいと思いました。

・匿名希望様
一日お疲れ様でした。あっという間の一日でした。できましたら、Web上でも今後お付き合い願います。

・高越宏和様
今後ともよろしくお願いします。

・U様
誠意と熱のあるセミナーをありがとうございます。もっと体感してマインドマップを使えるように頑張ります。草原のイメージ共感しました。全ての人の心に草原が広がりますように。

・チビ飲む子様
一日があっという間に終わってしまった。


・金松さん
今まで独学でマインドマップをやっていたので、活用しながらも常に「これでいいのか?」という疑問が頭の中にありました。
今回基本を学び、体験出来た事で、今後の成長スピードが大きく変わるだろうと実感しました。独学の時よりかなりスムーズに脳を使えるようになったと思います。
本当にありがとうございました。

・岡田さん
お疲れ様でした。すごく良かったです。
まつかつ様の真面目さが伝わってきました。
今後はコンサルの仕事に生かします。より深い体得も目指します。

・中野さん
最も印象に残ったのは実践に使えそうだという感覚です。
今後、ブレスト、アイデアメモなどでのマインドマップの活用ができそうです。

・匿名希望さん
松岡さんのマインドマップの多用例に熱意があって参考になりました。

・木村さん
中心図の重要性と絵の力が印象に残りました。
マインドマップを知っているつもりでしたが、本来の効果を十分には発揮できていませんでした。非常に学ぶことがあり、今後更に活用していきたいと思います。

・柴田さん
「中心テーマ」と「色」と「イラスト」で思考が変わったと感じられたことが印象に残ったことです。また、考えを止めないこと、色を多用すること、脳に気持ちよい状態を作ることなどが活用できそうなことです。

・後藤さん
大変熱意にあふれ、ていねいなレクチャーをありがとうございました。
色の活用の効果が実際にPracticeしてみて印象的だった。
今年の9月にトニーブザン氏のレクチャーをシンガポールで受講したいと考えています。

・星野さん
絵と色の効果と右脳と左脳のキャッチボールのメリットの説明が印象に残りました。
やっぱり手書きに効果がありますね。
日本の教育などへの展開を是非がんばってください。期待させていただきます。

・関口さん
頭の中を見える化することで豊かな発想が生まれることが印象に残りました。
今後はアイデアの整理や課題の本質を明確にすることなどで活用できそうです。
脳の積極的な活用が新たな可能性を生むことが理解できて、自分自身をさらに開発していこうという気持ちが生まれた。
松岡先生の人そのものに対する興味も深まりました。

・重久さん
ありがとうございました。
人の話を聞き、なんとなくマインドマップを活用していましたが、さらにうまく使えそうです。
人の能力は無限大であり、自分の能力を最大限に発揮させてあげたい、そんなやさしい気持ちになれる内容でした。

・高橋さん
脳の中身を投射する際に言語にしてしまうのは変換していることと同じ。
イメージがいかに重要であるかということを改めて気づかされた。
本を読んでいて知っていたつもりになっていたことを、
本物のインストラクターに説明してもらうことで非常に刺激的なセミナーでした。
絵を描くことの躊躇があったのですが、ふっきれました。
ありがとうございます!!

・岡田さん
描く、書く、しゃべるなど、表現することに対して、素直になることができた。
マインドマップは仕事でも、人生(家族や夢)について考えるときでも考えを整理するのに活用できる。自分の脳と対話する、心の声を聞くことができそう。
集中力を使って脳に汗をかきました。良い刺激になりました。
楽しかったです。本当にありがとうございました。

・安生さん
潜在意識の話にまで深く発展するとは思っていなかったのでマインドマップを使えば使うほど次々に新たな気づきが得られそう。
今まで気づいては消え去っていたアイデアを少しでもすくいとり、未来の自分に残してあげたいと思いました。
自分の潜在能力を信じてあげて掘り下げることの素晴らしさや可能性が見えたことが今日一番の収穫でした。

・uchyさん
実際に自分の手で書いたことがなかったのですが、その機会が持てたことと、予想以上に筆が進んだことが印象に残っています。
以前はPC作成のものばかり見ていたので、その差に驚きました。やはり手書きの方がふさわしいと思います。

・秋山さん
色やイメージがどんどん自分の中から出てきて、それをマップにできたことに驚いた。そして他の人のマップと比較して、足りない点、出来ていた点が比べやすかった。
まずは一枚自己紹介マップをもう一度書いてみます。

・五十嵐さん
7つのルールがきちんと説明されたことがよかった(意外にこれが少なかったと思うので)。「基礎」として必要なことは過不足なく提供され、学べたと思います。
改めて強力なツールであることを認識できました。

・中島さん
演習が進むにつれて自分が思っていた以上に発想が出て、マインドマップが描けるようになっていた事が印象的。
発想や連想が系統立てて残せるので、問題点の整理だけでなく、解決にまで活かせるのではないかと感じている。
とても熱心に分かりやすく教えていただきました。
なごやかな雰囲気で取り組めるのもよかったです。

・村上さん
非常に興味深くお話が聞けました。事前にマインドマップを書き始めていたこと、マインドマップの本を読んでいたことで、かなり腑に落ちました。
今後はカラーをもっと多用して、自分の潜在意識に働きかけていきたいと思います。
今の自分にとって最高のツールになりそうです。ありがとうございました。

・堀安さん
マインドマップは心の奥底にあるものまで引き出される可能性があることが印象的だった。
マインドマップが人生を楽しく過ごすために活用できそう。具体的には、(1)家族とのコミュニケーション、(2)自分自身のミッションの実現、(3)事業のアイデア創出に活かせる。

・北原さん
非常に分かりやすく、面白く、マインドマップを知ることが出来ました。
自分で作成し、より理解を深めて行きたいと思います。是非次の機会もお願いいたします。

・シートさん
自分の中でまだ研修(注:本セミナーのこと)についても、モヤモヤがたくさんあります。それをマインドマップで出せるようになるのはまだまだ時間が掛かると思いますが、とにかくやってみます。
自分にとって今日の研修は自生においてもすごくためになりました。ありがとうございました。

・アズさん
「絵・イメージ・連想」 ⇒ 仕事の成功率UP につながるということがわかったので、仕事に対して「楽しみ」を見出すことができました。

・岡部さん
脳の仕組みからお話いただいたため、マインドマップの重要性が伝わりました。左脳と右脳の両方を使う意識を日頃からもって生活したいと思います。

・匿名希望さん
本で読み、理解していたつもりでしたが、実際にお話を伺い、改めてマインドマップの力を認識することができました。
記述していく方法がわかり、すっきりしました。

・Hさん
熱意が良く伝わってきました。マインドマップで成果がだせるという自信がもてました。
マインドマップを使った成功事例が本当に効果的だと納得できた。

・安生さん
ありがとうございました。
何でマインドマップが有効なのかを改めて思い出しました。右を刺激、左も高まる。

・明石さん
実例が大変生々しく面白かったです。(すでに使い込んでいる印象がありました。)

・高橋さん
ありがとうございました。これまで本質を知らずに使っていたので、目的が明確になりました。



マインドマップセミナーの最新情報案内については、下記ページをご参照ください。

→ マインドマップセミナーの最新情報案内

※ マインドマップィ、及びMind MapィはThe Buzan Organization Ltd.の登録商標です。日本における正規の団体および公式ページは、「ブザン・ワールドワイド・ジャパン」になります。当セミナーは、ブザン・ワールドワイド・ジャパンの認可を受けた上で運営しています。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
小学校でのマインドマップ講座ポスター原画

matsukatsu(まつかつ)です。

ようやく決まりました!
地元の小学校でのボランティア講座で、マインドマップを教えます!

あまり詳しいことを書いてはいけないと思うのですが、初めての講座にして、一クラス分に近い子どもたちが集まってくれ、無事成立することになりました。秋までの間、全5回です。

子どもたちのうれしそうな笑顔を見れると思うと、わくわくします。

また、わが子たちも当然参加するのですが、「お父さんが教える!」ってことで、とてもうれしいみたいだし、結構彼らもマインドマップの取り組みに気合が入っています。


学校のことだから、あんまり話せないやね。

一番上にあるマインドマップは学校に張ったポスター用に描いたものです(一部わかりやすさを優先している部分があります)。
子どもたちが「やりたいっ!」って思うように、ポップに描いて見ました。
そうそう、思い出したんだけど、このマインドマップを描いているときは「となりのトトロ」の音楽をBGMにしてたっけ。
子どもの気持ちになって描いた、とっても楽しい1時間半(結構時間かかったよ、内容面の検討で)でした。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

ご質問をいただきましたので下記いたします。

ブザンワールドワイドジャパン主催のマインドマップ基礎講座と、当BLOGで掲載している同講座との相違は何ですか?」

といった内容なのです。

結論としては、こうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当BLOG記載の「マインドマップ(R)基礎講座」は
ブザン・ワールドワイド・ジャパンが主催する「マインドマップ(R)基礎講座」と同等の内容であり、ブザン・ワールドワイド・ジャパン公認の講座です。
インストラクターにて講座の標準化を行い、同等品質の講座を同じ金額で提供していくことになっています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も、基本的に2種類の講座が開かれ続けます。
2種類の講座の相違もありますが、それ以上にインストラクター個人のパーソナリティや得意分野によって、「味付け」が変わるのは言うまでもありません。

ですから、皆様には、是非ご自身に合うと思われるインストラクターを選択され、本物のマインドマップに触れていただきたいと、心から思います。

また、今後のサポート等においても、基本的に同等の扱いになる予定ですので、その辺はご心配無用とお考えください。
私自身も過去の受講者130名に対してもしっかりサポートしていくつもりでおります。


→ ブザンワールドワイドジャパン主催のマインドマップ基礎講座
→ 私matsukatsu(まつかつ)のマインドマップ基礎講座


また、ブザンワールドワイドジャパン主催のマインドマップ基礎講座については、初回である5月17日の講座に私も運営スタッフとして参加してきました。

ちょっと言葉では説明しにくいようなエネルギーの場になっていました。形容しにくいのですが、すごかったです。


どんな形にせよ、我々マインドマップインストラクターは、皆様に、本物のマインドマップに触れていただきたいと心から思っていますし、そこから、何がしかのメッセージを感じていただきたい、そう強く願っています。
「オレの講座に来い!」のような小さなエゴでの取り組みでは、全くないんです。
我々インストラクターは、もっと大きなテーマを追い求めています。


最後に付録として(?)私が記念すべきブザンワールドワイドジャパン主催のマインドマップ基礎講座初回時に描いたマインドマップを記します。

マインドマップ基礎講座時のマインドマップ

マインドマップは決してきれいに描くことそのものが本質ではありませんが、ただ、きれいに描くということは脳が活性化している状態であり、頭の働きが今までと異なっているのは間違いありません。

それから子供に見せるとよくわかります。
子供はきれいなマインドマップだと目の色を変えてみてくれるんですよ!

このマインドマップ、私にとっても大事なマップのひとつとなりました。

では、どちらの講座にせよ、本物のマインドマップに皆様が触れられますように!!!

→ 私matsukatsu(まつかつ)のマインドマップ基礎講座
→ ブザンワールドワイドジャパン主催のマインドマップ基礎講座

※ マインドマップィ、及びMind MapィはThe Buzan Organization Ltd.の登録商標です。日本における正規の団体および公式ページは、「ブザン・ワールドワイド・ジャパン」になります。当セミナーは、ブザン・ワールドワイド・ジャパンの認可を受けた上で運営しています。
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
ケータイからまつかつです。

今ちょっと前まで、ほんとーに度肝を抜かれるようなすごいコンサルタントの方と、一対一でお話させていただくという、夢のような時間を過ごさせていただいきました。
(帰りの電車が同じだったのでーす(^_^))

今日の、150人を集めたセミナーの講師だったその方(YS法の作者でもあるY先生。77歳。)に、マインドマップの欠点を、独自の視点で、鋭く指摘していただきました。そして、トニーブザン氏に対しても興味を持っていただけたので、トニーブザン氏がマインドマップを開発していった経緯なども私の知る範囲でお話させていただきました。

全く年齢を感じさせない頭の柔らかさと鋭さとで、さらに、僕自身の話にも切り込んでいただきました。

ワークフリーという僕が実験、実践している概念は、「もっともっとバージョンアップできる」ということや、「ちょっと静的だねえ」などと、全く僕自身が気づきもしなかったことや、伝えていなかった大事な点にも鋭く切り込んでいただきました。

とってもうれしかったです。

というのは二点有って、

1)相手の気づかない(かつ非常にインパクトのある)ことを指摘する、これすなわちコンサルティングの本質、を、自分が「される側」として体験できた。
そして、それは、やはり、経営者にとっては最高のプレゼントである、ということを逆の立場になって体感できた。

2)ワークフリー という、自分のフレームワークを揺さぶってもらえた。
 そうすることにより、僕の頭は、僕の無上の喜びである(?)「混沌」へと向かい始めたのです。(ちなみにY先生は「今度会ったときに答えを教えてあげるから」とのことでした。さらに言うと、僕の生き方には「600位アドバイス出来ることがある」とのことでもありました。)

夢中になって書き続けました。
もうすぐ自宅です。

知的興奮冷めやらぬままに、投稿しちゃいます。

PS 他にもスタンバっている投稿があるのですが。。。

-----------------
sent from W-ZERO3

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

kurogenkokuさん

| | コメント(2) | トラックバック(0)
matsukatsu(まつかつ)です。

今日のタイトルは、kurogenkokuさん です。
僕としては大変思い切ったタイトルです。

なので、近々にお会いしたことをきっかけに、kurogenkokuさんにまつわることを思うままに書いてみようかなと。


kurogenkokuさんのことは中小企業診断士受験ポータルの502教室の方なら知らない人は絶対いないでしょう。
(あっ、ちなみに言うと、僕のBLOGは502教室にリンクさせてもらっていますが、502経由の方のことはほとんど意識せずに好き勝手書いているので、あしからず。
僕からは中小企業診断士の先輩や同輩として学ぼうなどとは、もっと言うと、このBLOGを見ようなどとは思ってはなりませんゾ!)


さて、話をもとに戻して、、
僕がkurogenkokuさんと初めてお会いしたのは、2005年の中小企業診断士一次試験直後の502飲み会でした。
kurogenkokuさんの方から、僕に挨拶をしていただいたのですが、すごい気さくな方だなあという印象を持ったのを、今も覚えています。


そのkurogenkokuさんと日曜日にお会いして、マインドマップを中小企業の関連者に広める、に当たっての様々な相談をさせていただきました。

その過程で、商工会議所と商工会と、その他諸々の背景から現状までをお伺いし、生でなければわからない貴重なお話を聞かせていただきました。

そして、kurogenkokuさんの今おかれた立場と役割、存在意義(大げさか?いや、そんなことはない)なども私なりに理解しました。

本当に有意義な4時間でした。


いやあ、会ってお話して、改めて思ったんだけど、kurogenkokuさん(やhoriさんら)と出会えたことは僕にとって本当に貴重な貴重な財産です。

中小企業診断士の勉強をしていて、502教室というものがあって良かった、と、本当に思えます。

彼らのことを考えると僕は背筋がピーンと張ります。
約束したら、どんな大変なことであっても守ってしまうような、そんな、高めあいながらも信頼しあう、そんな仲間たちです。

The 中小企業診断士 というにふさわしいお二方と私とを一緒に並べてしまってはいけないのですが、でも、僕も、僕なりの方法で、kurogenkokuさん(やhoriさん)と同類のエネルギーを持って歩んでいきたいと思っています。

ちょっと変な文章かな。許せ、kuroちゃん。。


超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

ひさびさの「アクセス解析、Web運営」への投稿です。

2000年から2005年くらいまでは、夢中になってアクセスログ解析をWeb業務に取り入れようとしていたっけな。
(過去形にしちゃダメなんです。最近この手の仕事をやる必要も出てきたので)


Google Analytics(無料だけど高性能なアクセス解析ツール)をひさびさに見てたら、ベータ版なんだけど、インターフェースが変わっていた。

直感的に、いい!

アクセス解析は、本当に必要なデータを取り出すのが面倒で、億劫になりがちなんだけど、このインターフェースならだいぶ垣根が低くなると思った。


ただ、私のアクセスログ解析の師匠(2000年〜)、石井さん@いなか.comに言わせれば、まだまだ全然なんですけどね。

石井さんとは先日大阪でお話させていただきましたが、本当にこちらが唖然としてしまうほどの独自の壮大なビジョンを持っていらっしゃいます。

いつか石井さんが構想しているような解析が出来るようになれば、世の中のWebと経営はもっと楽に、もっと有効に機能するようになるんだろうなあ。

天才たちとお話しできるのは本当に楽しくわくわくします。

昔懐かしい石井さんの(本の)紹介記事はこちら

では!
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
matsukatsu(まつかつ)です。

今までの本BLOGへの投稿記事は2004年11月の開始時期から累計で856件(2007年5月11日現在)もあり、初めて来た方にとってはとても見る気もしないと思う。

じゃあ、こいつは何を考え、どう行動してきたんだ?
端的にBLOGの記事で説明してみろ!

と言われたらどうするか? ←言われないって(笑)


そりゃあ、ダイジェスト記事集を作るのが一番でしょう!

とのことで、ここに書いていきたいと思います。


ただ、ただ、結構手間なんだよねえ。
書くだけ書いて、書きっぱなしなので。


一応BLOGの全記事はプリントしてあって、そこからピックアップすればいいんだけど、そして、それは、今僕の宿題になっているんだけど(自分のサイトmatsukatsu.comをプロに依頼して構築中のため)、とりあえず、最初の一歩を始めますね。


たまたま見つけた(←オイオイ)昔の記事で、激動の2006年を振り返った内容がみつかったので、それを下記します。

後は気が向いたら、2005年を振り返って、そして、もう少し丁寧に全体を見返してみたいと思います。
ちなみに2007年は昨年に負けず劣らず激動になることが約束されており(笑)、その最中に振り返りというのはできないものです。



でも、BLOGというのは本当に面白くて、毎日の記事はそれこそ「点」に過ぎないけど、それが集まれば、気づくと「面」を構成していて、そこには「ベクトル(方向性と強さの表示)」が見えてくる。

そういう意味では最近なぜか遠慮して(誰に何を遠慮してるんだ???)BLOG投稿が少ないのは、もったいない限りです、自分としては。反省。。。


さて、前置きが長くなりました。(いつものことだ(笑))


2007年1月1日の記事「一年を軽く振り返ってみる」より

2005年12月末:しばしお別れ502教室!
2006年2月:今の会社を「卒業」します。
2006年3月末:新宿駅とのお別れの予感
2006年4月中旬:長い気がした一日

そして、4月末から始まる中小企業大学校養成課程のこととして、
2006年3月初旬:第58期中小企業診断士養成課程の受講者発表

4月末にフォトリーディングの講習に行って、
その後、怒涛のような養成課程での6ヶ月間

例えば、7月のこんな記事などはどうだ?
診断報告書作成と試験勉強の相違と、この経験の貴重な点

そして、全てをすっとばして、
修了式10月20日:6ヵ月間の贅沢な、夢のような時間の終わりです。


それからそれから、ついに独立を決心した、
11月8日:ついに決断。 独立します!

11月後半から、マインドマップインストラクター研修の日々


とりあえず最初の一歩はこんな感じで!

次の本コーナー「過去の記事ダイジェスト版」投稿は、、、
一年後くらいかなあと予測しておきます(笑)。

超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
ケータイからまつかつです。

ひさびさの終電帰宅です。



面白いことに、会社員時代にも見ていたはずの新宿の風景(たとえばこれ「新宿駅とのお別れの予感」2006.03.24 Friday)がまったく違うものに見えます。

「自分自身を生きる」。 それにより、すべてがこんなにも違うものだなんて。。。


こういった状況や気持ちを、昔の自分にどう伝えられるだろうか? という視点を持つようにしているけど、でも、これを説明するのは無理だわ。

例えるなら「ルビンの壷」だね。
片側から見ている人に、同時にもう片側の視点を持たせてあげることは出来ない。
(促すことは出来るやね)

ただ、当人が今の視点を一度捨てる勇気を持ち、そして、全く違うモノの見方にトライし、自分でそれを見つけだすこと、それが、 一過的ではなく、本質的に変質するために必要なことな気がする。


いや、そういうことを書きたかったわけではなく、ピントもずれてるし(笑 いつものパターン)、
言いたかったのは、「熱いぜ、オレの人生!」ってこと。
自意識過剰とか、それはあるかもしれないけど(笑)、でもね、そんなんじゃあない。

使命 っていうのかな?

そういうのがあるかわからないけど、そういう自分の意識を超えたところにあるもの、
それがオレを突き動かしてるとしか説明できない、そんな自分になっているようです。



セルフイメージをどれだけ高められるか、一つの大きなポイントはそこ。

そして、そのために、自分自身をどれだけ「信頼」出来るか?
そこが、どこまで自分(の可能性)を解き放つことが出来るかの要だろう。

なんかさ、こういったことを書きたくなる気持ちなんです、おもしろいね。


PS
今日でハイ・シンクタンク(ジーニアスコードというセミナーの内容)の実施15日です。
イメージ力、高まってきましたよ。 継続は力なり!
超実践的!独自マインドマップ・アドバイザー講座のページ、ぜひ御覧下さい!

まつかつメールマガジン ←最新イベント情報等、ご連絡します!
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング

松岡 克政(まつかつ)
プロフィール
松岡 克政(まつかつ)のマインドマップ
松岡 克政(まつかつ)のフォトリーディング
松岡 克政(まつかつ)のブログ
まつかつメールマガジン

コメント、感謝です。
むしろこちらの方が伸び伸び書いていて面白いかも(笑)

マツカツ的読書のススメ

インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
インナーワーク―あなたが、仕事が、そして会社が変わる。君は仕事をエンジョイできるか!
W.ティモシー ガルウェイ, W.Timothy Gallwey, 後藤 新弥
読みにくい。しかし、自然な欲求と自分の可能性を解き放つ方法を今までと異なった視点から描いた類まれな本である。
また、ここ数年の僕の行動に大きく影響を与えている本でもある。
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
トニー・ブザン
この本を忘れてはいけません、私の新しい役割としても。
基本は全て書かれている。
ただ、公認インストラクター研修を受ける前なら、適当に読み飛ばしたような箇所に、実はマインドマップの鍵があったりするなど、読むだけでマインドマップの全てを理解するのは、僕には難しかった。
体験をしたことでこの本の真価がよくわかったという感じ。
この本に書いてあるマップをお手本として眺めるのは非常に良いことだしおすすめもします。
「良いお手本」これは何かを習うときにはとても大事なことでしょう。
僕も「良いお手本」を書けるように精進していきます。(2006年11月記)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック)
遠竹智寿子、月刊アスキー編集部
編集者の予測を裏切り(笑)、売れ続けているこの本、マインドマップの「今」を把握するうえでは欠かせない内容ですね。
注目すべきは、本の構成。前半と後半がページの色で区別されています。これは本の側面を見てもらえればわかります。
前半が「本物のパワフルなマインドマップ」になります。
もちろん、他のPCを使った「マップ」も「放射思考」という範疇では、非常にパワフルなツールであることは疑いようもありません。
ぜひ一度は手にとってみてください。
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション

やはりお勧め。
というのは、マインドマネージャー(MindManager)のヘビーユーザーでもあり、手書きでも当然ヘビーユーザーでもある僕が実践的に使ってみても、「有用」だと感じるから。
上記二つのちょうど中間的な位置づけ。
・手書きが苦手だと思っている方
・再編集が必要なマインドマップを作る必要があるとき
・マインドマップアレルギー(笑)の方への説明に使用する
などのどれかに当てはまれば、まず使用すべし!
「パソコンで思考を描く」は、ウソではありません! 
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー・ブザン頭の自己変革―未来を築く7つのツール
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
トニー・ブザン氏の最新著作(2006年11月現在)。
マインドマップは彼の取り組みのほんの一部に過ぎなかった!
全部で7つのツールの紹介と活用法を通じて、人間の無限の可能性を感じさせてくれる、とてつもない本です。
一行一行が深くて、そしてヒューマニティにあふれています。
マインドマップをより理解するためにどうぞ!
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー ブザン, Tony Buzan, 佐藤 哲, 田中 美樹
30年以上前に出版されたこの本はマインドマップの出発点でもあります。
今読んでも全然古くなく、それどころか30年前にここまでの考察をした上で本にまとめていたことには驚かざるを得ません。
トニー・ブザン氏が「世界の脳と学習の権威」と言われているのを、改めてこの本から(も)感じました。
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
トニー・ブザン, 神田 昌典
トニー・ブザン氏の一連の著作では最もシンプルで親しみやすい内容です。マインドマップに興味を持たれたら一度手にとってみてください。たくさんの勉強に活用するマインドマップ事例も掲載されています。
また、見逃しがちですが、翻訳も相当いいセンスですね。
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
あなたのアタマから嫌でもアイディアが飛び出してくる!
トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
上記のトニーブザン氏の本を読んだら次に呼んで欲しい本。
アイデアをだすアタマにするためのヒント満載。
あなたもいままでの10倍速く本が読める
あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ, 神田 昌典
僕が次にお伝えするフィールド。
この世界も非常に深い!
これからだんだんと情報発信していきますのでよろしくです。
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
ポール・R. シーリィ, Paul R. Scheele, 今泉 敦子
これは深い、深いよ。
直感的にすごい本だと思っています。これから実践していきますね。
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法
トム・ケリー, Tom Kelley, ジョナサン・リットマン, Jonathan Littman, 鈴木 主税, 秀岡 尚子
デザイナーの持っているスゴイ力についてこれほどわかりやすく書かれている本はないのでは?
僕もこういった取り組みをしたいと思っています。
アクセスログ解析の教科書
アクセスログ解析の教科書
(有) いなかどっとコム, 石井 研二
僕の師匠、日本一のアクセスログ解析男!の本。常に進化している領域なので今は古典的名著か?
僕の名前も掲載していただいています。
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
戦略サファリ―戦略マネジメント・ガイドブック (Best solution)
ヘンリー ミンツバーグ, ジョセフ ランペル, ブルース アルストランド, Henry Mintzberg, Joseph Lampel, Bruce Ahlstrand, 斎藤 嘉則, 奥沢 朋美, 木村 充, 山口 あけも
様々な意見があるかもしれませんが、僕はこういう『多種多様な戦略を俯瞰』した本に価値を見出します。
『戦略』を考えるコンサルタントなら一度は目を通すべし!戦略っていろんな種類があるんだから。
戦略思考コンプリートブック
戦略思考コンプリートブック
河瀬 誠
戦略思考を身に着けるために、とても親切にわかりやすく書かれている。
各種フレームワークの特徴や使い方、注意事項などが書かれているのも貴重で参考になる。
セナ (RiversidePress)
セナ (RiversidePress)
桜井 淑敏, 谷口 江里也
20代の僕に大きな影響を与えた「セナという生き方」が、当時のホンダF1総監督の桜井氏とすばらしい詩人谷口江理也氏の対談で描ききられています。前半はF1の話がメインなので少しかったるいですが、後半は非常に深く示唆に富む内容でたまらなくいいです。
最後の谷口氏による詩『ローレッタ』も素晴らしい、の一言!
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
ことばを歌え!こどもたち―多言語の世界を開く
榊原 陽
多言語の自然習得活動、ヒッポファミリークラブで僕が得た体験は今も大きな影響を与えている。「ことばを自然科学する」というアプローチにより拓ける世界、20代後半の僕に完全に今までと違う視野を与えてくれました。
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
僕の今の行動の原点にもなっている本。
著者のパウロ・コエーリョ氏は詩人であり、シンプルで力強いストーリーの中に「人間」の「本当の可能性」、「強さ」を感じずにはいられない。
何度も読み返しています。
菜 (1)
菜 (1)
わたせ せいぞう
当然(?)全巻そろえています。
菜と耕平というこの夫婦と僕らは似ているね、と勝手に二人で話しています。
鎌倉を舞台にしたとても心温まるうつくしいストーリー、ここにあるのは僕らの理想の生活です。
(あーあ、恥ずかしげもなく書いちまった。。。)
track feed matsukatsu BLOG
MATSUKATSU.comマインドマップフォトリーディングBLOGプライバシーポリシー総合お問い合わせ窓口